ギックリ腰になるのは・・・

ギックリ腰になるのは

 

柔らかさを失っている時

 

それは「柔軟な心」を失っている状態・・・

 

それも結構長く

 

******************

 

何かのちょっとした拍子に、ギクッ!!! うううう 動けない

 

魔女の一撃と言われるギックリ腰

 

その一撃手前で、「あ・・・・ギックリなりそう・・・やべ」と

静かにしズンと重い腰をかばいながら日常をやり過ごすをずっとやってる人もいる

 

 

物理的には 背面全般、臀筋、外側、大腿部、ふくらはぎなど

カッタイ部分が慢性的にあると思う

 

だから  マッサージやストレッチなんかもいいけど 一時的。

 

 

だって、カッタイ心が原因だから

 

 

心と体は リンクしてます。

 

これって マジだから! 心の状態がイコール体の状態です!

 

これって、本当に理解している人が少ないのです。

 

知ってはいるけど腹に落ちてはいない状態。自分の身に何か起きないとわからないものです。

 

 

部分的に分けてみる医療形態や 分析や細分化の思考がゆきすぎた結果

大元の 感情やココロが置き去りなのだ。

 

だから、その証拠にギックリなら 

無理をしないでと言うが、ストレッチしてくださいとか、歩き方、座り方指導とか

物理的に外側をどうこうばっかりになる。 それも大切と言うこともあるけど

 

 

心がカチカチな状態だから、体がカチカチなの!

 

本来、筋肉ってリラックスして柔らかいものだよ〜

 

力を入れた時、硬くなる。

その時初めて力が伝わって スッと素早い動作ができる

 

 

だから、日頃から筋肉硬いって人は、

間違いなく日頃から緊張があって無駄に力が入ってるってこと。

 

 

いや別に緊張とかしてないスよ。と、平気で言うギックリさんは

その緊張を麻痺させて(慢性化)頭で感じないようにしてる状態(余計悪いわ)

 

 

じゃないと、ギックリなんかになりませんから。

 

 

体をひねってリモコンをとったから・・・と あたかもそれが原因のように言うのですが

 

ズーーーーーっと硬かった腰周りだったはずです

ズーーーーーっと硬い概念で心が硬くなってたはずです。

 

ひねって手を伸ばす動きは ただの引き金だった。

本来 しなやかな肉体であればそのような動きはなんともないはず。

 

 

ギックリって 筋肉がツッたということです。

腰回りは重なり合った、大きく広い筋肉も多いので力が強い。

 

足の指がつるのとは衝撃が大きく違いますが ようは同じようなものです。

 

 

どうぞ、自分に聞いてみて下さい

そのギックリは、自分に何を知らせているのか・・・?

 

 

ギックリに限らず、みなさん自分の症状や病気にも聞いてみて下さい

 

ちゃんと聞けば ちゃんとわかりますよ。なんせ自分なんでね。

 

 

でも、もう困るーこんなの。早く元に戻らないかな

やることいっぱいあるのに、忙しいのに!!!と自分の体に文句を言いイライラ

 

そうやってVOICEに耳を傾けないでいるなら

繰り返します。

 

ギックリは繰り返すもの、癖になるものとか言いますけどね

 

それは、あなたの頑なな概念が変わってないから

心が変わってないから、体に繰り返されるということです。

 

 

腰に優しく手を当て聞いてみて下さい。

 

「休みたい」って言ってませんか?

 

「やりたくない」って本音が出てきませんか?

 

すかさず、頭がそんなこと言ってられないし!とかぶせてくるけど

無視して 本音をのぞいてみる。

 

気が乗らないとか、なんで私がせないかん?とか、

金のため、負けられん、逃げたい、怖い とか

 

 

 

ほとんどの場合、男性性が優位になりすぎている場合が多いです。

なので交感神経も過多

 

 

女性でも、競争ばかりしていると柔軟な心をなくしてたり

損得ばかりで余裕がないとピリピリして心が砂漠になってたり

仕事するには男にならなければ!とか

 

自分の本質とズレている状態。

 

要は 本当に自分が望む姿から遠のいている だからストップ!ストップ!

と、強制終了が来たということです。

 

 

女性は見た目じゃわからない人もいます

見た目は笑顔を装って一応スカート履いてても体のコアがガチガチなんです。

 

男すぎなんです。愛から遠のいているんです。

 

優しい幸せな自分でいられる状態を自分に作ってあげてください。

 

誰かを抱きしめて抱きしめられてください。

 

本当は泣きたいけどこらえている強がり女子は多いのです。

こらえず 泣いてください。

 

 

男性もそうです

男すぎると来ます。男だけど厳しさだけでなく優しさも取り入れてみてください。

 

男性は自分を犠牲にして周りの役に立たなければが強すぎると 

内側の弱さやできない自分を許せなくなります。

 

そこも少し緩和させてあげリラックスできる好きなことをすることも積極的にしてください

 

 

 

 

男子も女子も

心が張ってないと 頑張ってないとダメだと信じている人は多い

 

違う生き方なんて考えたことないかもしれない。でも

 

少し 人生を楽しんで生きては なぜダメなのですか?

 

ダメだと頭が制限をかけてくるなら そんな概念を崩壊させるということもできる

 

制限だらけで 楽しい?

 

 

ギックリは教えているのです

 

ちょっと 今からの生き方 考えて。と

 

そのためにちょっとカラダ止めてみたよ と。笑

 

 

 

mahalo