量子場調整って何回くらい受けたらいいの?

何回くらい量子場調整に来るといいですか?とよく質問されます。

 

人によると思いますが

月1で10回くらい受けるとだいぶ

本来の自分に近づくのかなという感じです。

 

 

 

軽やかになることを急ぎたい人は、2週間に1回 

とか

症状がツラい方、回復期、ご年配の方は、3日〜1週間に一回

 

3ヶ月くらい空くとなんかもったいないかな〜

 

あくまで今までの施術の中での 個人の感想です。

 

 

量子場調整は

● 一回で長年のトラウマが全部とれる魔法ではないのです。

 

表面に起こっている問題ばかりにフォーカスしがちですが、

それで傷ついたことがトラウマではないし、

その問題を消して感じないようにする施術でもありません。

 

同じような状況をたびたびつくり出す「根」のようなもの、パターンが何なのか?

 

そこに到達するためには表面からの解放から始めて

だんだん深いところに光が当たるような段階がいります。

 

ただ、コレかな・・・?と観えてきたら

深部のことを全て言葉で説明しなくてもよいのが

量子場調整の楽でめっちゃスピーディなところ。

 

少し思い浮かべてもらえば波動を観察ができますし、

影響がわかれば手放す意が本人に有るのか確認した後、即、解放できます。 

 

頭(大脳)でこのパターンをやめようと奮闘してたら 何年かかるのやら・・・

今世では無理 なんてこともあるでしょう。

そう無意識のパターンは自動的に作動するからです。

 

なので無意識から書き換える量子場調整は

人生の時間とエネルギーをよりすばらしいものに使えることができます。

 

一度手放したら もうそのことに力が奪われるようなことは基本的にないです。

 

 

 

医者に丸投げして任せるように 誰かが何とかしてくれるわけではないのです。

 

もうそんなのは手放したい。幸せになりたい。こんなのツラすぎるもう充分・・・

 

そう言葉で言っても 

聞いていると そうではないのだな〜という方も中にはいらっしゃいます。

 

それはそれでOKなんですが、本人はイヤだ と釈然としない表情。

 

確かに手放したい、が、

「でもその前に・・」が必ずある それは、

 

こんなに私ががんばってるのを認めさせたい

こんなに私が辛いことをわからせたい

私がこうなったのは相手のせいだと言いたい

私は犠牲者、被害者(で、まだいたい)かわいそうでしょ かまって

 

このような場合、

ここに執着があり 本人の深い念が解放を許してないのです。

 

ただ、今がツラいから(聞いてほしいから)手放したいと言って何とかして〜と

丸投げしてきますが手放す気はまだないのです。

 

 

それとか、こんな例も

子供の頃から、本当の自分の感情に触れずに生きてきて、

今さら恐いから感じずにスッ飛ばしてほしい

 

症状がツラいから、「がんばり過ぎたのは認める」とは言うが上っ面で、

症状を早く沈めてもらって早くまたがんばらなきゃと決めている。

 

本質に触れることを避け続け 繰り返しながらごまかすことに奮闘する。

なので本人が自分に目を向け愛を注ぐことに向かわない限り

病気や症状がなかなか改善しない。

 

なんでこうなったんだろう・・・悪いことしてないのに・・・がぐるぐる回想 

 

自責(他責)が状況を悪化させていることが腹に落ちやめると循環しだす。

 

 

●一回受けたら 

その後の人生、悪いことが全く起こらなくなるわけではないのです。

 

だれでも辛いこと悲しいことは起こってほしくない。

それはわかるんだけど、

うれしいこと ハッピーでラッキーばかりしか認めないのも偏り。

 

生きていたら あらゆることを誰しも経験する

 

経験からわかりたいのも私たち人間なんだと思う。

 

そのために もう散々やったパターンを

また繰り返すというロスにエネルギーを奪われなくなったら、

 

新しいクセのない自分で新しい場で創造的になって未来に向かっていいんだよ

 

そして、そんな

自分が進んでみたい方向でも その中でいろんな学びはやってくる。

 

でもその時に 以前のような弱々しいだけでなく 

ちょっと大きな観点からフラットな目で観聴きし 軸ができ 

自分にも周りにも愛を持って生きている自分に誇らしく思えるだろう。

 

 

おびえて予防線引いて 結局アクションを起こさない自分から

おもしろそうと挑戦して いろんな感情と共に幸せに感じられる自分は

 

人生の酸いも甘いも彩りを許していて豊かなのです。

その経験をし 達成感を味わいたいのです。

 

それには 人が決めた道や ゴールではダメなんです。

自分で決めたものをやりたいのです。

 

 

**********************************

 

いろんなことには段階があるよね

 

変わりゆく 移り行くのが当たり前で 

 

その都度それについて向き合う 又は向き合わされるコトが起きる。

 

 

例えば、食べる物だって 

 

若い時と同じようなものを同じ量 食べてる人はいないと思う。

自分の体に合わせ 自然と改めてきたと思う

 

例えば、お金に対しても 

 

お小遣いもらってた自分から 働きだして 結婚して 子供ができて 家を買ったり

事業をはじめたり 年を重ねていったり 社会情勢が大きく動いたり

 

ステージが変わると その都度 

自分のお金に対する価値観や考え方を進化させなくてはいけなくなるだろう。

 

例えば、仕事に関してだって、パートナーシップだって、家族に対してだって

それに対応して段階を踏んできたのだ。

 

移り行く世

 

移り行く自分

 

 

 

移行する時は 行ったり来たりしたり 

新しいものが恐かったり 過去を引きずったり

 

 

 

そこの時間をかなり短くできるのが量子場調整だと思う。

 

 

過去に生きてるから焦る。

遅れを感じてるから一足飛びにのものばかりを要求する。

 

今を生きて味わえるようになると

段階をも楽しめている自分を発見するはず。 

 

 

 

 

10回と言わず 必要な時にどうぞおこしください。

それがベストなタイミングだと思います。

 

 

いろいろあっても 自分に正直に生きたいんですね 人って。

 

 

Take it Easy!!!

 

mahalo