腎臓の活性化 恐怖なんて幻〜

恐怖って まぼろし〜〜〜〜〜

 

「腎臓」は「恐れ」という感情を保持しやすい。

 

量子場を観察をすると

まさに「腰が引く」そういう場がうつし出される

まるで、

腰にロープでも巻かれ誰かが後ろに引っ張るような。

 

で、自分ではどうしようもできないような・・・

 

 

その恐怖 後ろに引っ張る力「→」が強いと、

前に進もう!やろう!「←」と思ってもプラスマイナスゼロでとどまる。

 

「自分の現状がぜんぜん動かない」は、こういう波動バランスの状態

 

 

そして嫌だといいながらも、仕方ないと。

慣れ親しんだ 囚われている「くせ」に帰ってゆく。。。。

 

自分は力がないと決めつけまた恐怖の奴隷となって時間をやり過ごす・・・

 

本人はどっか自分を責めてキツいんだよね。

 

 

******************

 

量子場調整で腎臓を活性化することができる。

 

無意識の思い込みやトラウマなどの恐怖の波動をリリースすることが可能なのだ。

 

リリースした後は、「あれ・・・・???」っと

そのことを思ってもそんな怖いとは感じなくなる自分がいる。

 

もじ通り 恐怖に囚われなくなっている別次元の自分になるのだよ。楽しいでしょ⭐️

 

一瞬で✨

 

 

 

腎臓の上部に位置する副腎も ストレスが溜まってたり交感神経が過多だと

量子場的に反応があるので そこも本来の形に調整することができる。

 

腎臓も副腎もまとわりつく波動が変わることで物理的にも解放され

「気を宿す臓器」の本来の力強さにつながる。

 

もう目に見えない世界は 

見えたり感じたりと五感に落とし込むことができる時代に入っているのだ。

 

 

でも一つ とーっても大切なことがある。

 

それは、本人の中にある

恐怖に対しての「固定概念、観念」をみつけたら

 

本人も、「それあるな~ その概念もういらないな!捨てる!」

と本人の意思があってやっと 手放す量子場調整が可能となる。

 

 

あなたの神的な 大切な領域だから あなたの許可がいるのです。

 

そして

そのタイミングを尊重するも量子場師の役割の一つだとも思う。

 

 

 

*****************

 

恐怖も、

 

抵抗も、自責や自己否定、被害者意識も・・・ 

あなたの中に知らぬ間に数えきれないくらい潜んでいる

 

気がつきにくい頑なな概念、観念、思い込み

 

それらの波動が、あなたを揺らす(波だから)

 

波動は波であり、揺れであり、パルス 電気信号でもあるから

 

神経系に一瞬で伝わり

神経系への緊張が各組織、筋肉にも臓器にも血管にも影響する

 

そうして、それを全身で感じ取って

さらに思考がその概念を強くしてしまう さらに重さを感じる。

 

 

しょーもないいらない概念が長~年、繰り返し繰り返し反応し「クセ」となる。

 

癖を繰り返す中で トラウマを作ったりして 

さらに概念は 本人にとって疑いようのない真実で 

 

まさに癖と一体化し 「私っていつもこうなの・・」と堂々と固定された思考になる。

 

 

様々な病気もこの概念が作り出す

 

病気は、健康が入る隙間がなく場が重い

 

だから概念を手放さない限りは 症状や、病気を手放すことができない。食いしばりもそう。

 

その概念は どっから来たのか・・・というと

子供の頃作られたことや 親や社会ものをそのまま共鳴

(波動や空間の完全コピーのようなもの)して受け取っていることが多い。

 

 

中にはその人の、今世の学習要項になっている課題もあるわけで

概念は 全てが悪ではないが・・・

 

「癖」は「クセもの」 なのだ 笑

 

クセ者の癖は生きづらさと抵抗を生み体を固くする。

 

私の本来のものではない!と気が付きさえすれば、いらないものがほっとんど。。

 

 

でも、一度それらをトコトン経験したから、あーもうたくさん!手放したい!と、

いらないもとわかるのも事実。だから無駄はない。

 

*********************

 

チャレンジするのも、気が重いとできないし、しようとも思わないよね。

 

めんどくさい。が口癖になってたりするもん

 

でも

量子場を調整していって 恐怖から解放されて軽さがでて来たら! 

 

色々チャレンジしても うまくいきやすくなる

(あなたが抵抗しなければ・・・こんなうまくいくはずないとか)

 

 

自分の場(肉体を含む量子の場)を量子場調整で軽やかにし

うまく進みやすい軽やかな波動の中で(これ大事)

ちがうことをやってみる!

 

 

 

落ち着いて ちょっと、待ってみる。

(待てる人って少ないんです。せっかち 笑)

 

焦って何かを取り繕うようにしていた自分をやめてみる

(箱に入れられたカニのように ガサガザしない)

 

食べ物や酒でごまかしてた自分に謝り感謝してみる

 

人の目評価ばかり気にしてた自分を俯瞰してみる

 

不安やイライラを共有して安心するのをやめてみる

 

自分にケチケチしないでお金を使ってみる

 

誰かにちやほやされようとせず 自分に親密にちやほやする

 

静かにしてみる

 

もっと力を抜いて楽な生き方もあるなら経験してみる!と天にオーダーしてみる

 

恐怖、不安さんが訪ねて来ても 普通の感情として扱ってみる

(恐怖だけを100%信じなくてもいい 座ぶとんなんかあげなくていい)

 

そうしてゆくうちに

今度は新しい 肯定的なポジティブな軽やかなパターンが構築されてゆく。

 

ここには、恐怖から脱するための忍耐根性努力はない

なぜなら、周波数が違うからだ。AMとFM局みたいにね。

 

そうすると楽よ〜 余力ができる。

 

そもそも、なんで楽を許さないの?かを考えると、

 

頑張らなければ生きていけない。とか概念が出てくる。 

「人生苦しかない」と概念があるから苦にしがみついてるだけ。

 

手を放す を選んでもいいんだよね?(選択肢はあるんです)

 

じゃないと、それこそが正しい!とそれを周りにも強制してしまうでしょ。

 

例えば、子供に対しても 口では、あなたの自由にしていいよ。とか言いながら

めちゃくちゃ無意識的に縛る 圧をかける。 そして、子供は混乱する。。。

とかが起こるから

 

まずは自分の中で、意識と無意識を一致させることが大切なんだ。

 

大事にしてよ〜自分。

 

 

 

もー 恐怖なんて  背負い投げ〜〜〜〜

 

 

やりたいことがわからないという人も

恐怖をリリースすることから始めるといいですよ。

 

 

必ず みえて来ます

そして人から貰ったり奪ったりしないでも

自分の中に幸せ感が芽生えて来ます✨

 

 

mahalomahalo