昔の最悪なときを基準にしてない?

もうあんなつらかったこと

苦しかったこと

 

二度と再び そんな思いはしたくない

 

と、ハッキリ言いながら・・・・

 

 

人間というのは不思議な生き物です。

 

また同じようなことを繰り返そうと 自らする

また同じようなことを選ぼうと 自らする

 

無意識で

「最悪な時」に自分の基準をチューニングしてしまうのだ。

 

そして、あれ?私って

 

こうじゃなかったっけ?

 

こうだったはず・・・

を繰り返し 

 

せっかく調整した波動をまた引っ張りだして過去をなぞり戻ろうとする。

 

体においてもそう。

 

も〜 やだ〜笑

 

 

あの時に比べたらまだマシ と

 

あの時(最高ツラかった過去)を基準点とするので

 

そこをいつも意識してしまい

 

意識すると

近づく。。。

 

 

量子場調整のなかで

 

過去のいろんなクセを

今を生きることを難しく ツラくしている反応を

 

もう必要ないと

そのパターンを手放していったら

 

その後必要なもの!は

 

過去が片付いていったら 「光のさす未来」

 

どうぞ未来の⭐️を掲げるところまで

顔をあげて わくわくして歩けるその方向が決まってくるまで

 

自分を導くことをやめないであげてほしい。

 

 

過去の重いものをリリースする時を部屋に例えると

 

入り口 そんなにゴミがあるようでなくても 

その奥に行くとでてくるわでてくるわ・・・

 

処理できない感情のゴミや 使えないものばかり積もり よどみ停滞している

そういう場合は 入り口付近からしか掃除できない。

 

そこからやっとその奥の 大きな歪みや恐怖や不安のパターンを

見つけては捨ててゆく

見つけては捨ててゆく

 

わ〜片付いてきた〜という頃には 空間ができ、身も心も軽くなってきている。

 

そこに新しいわくわくする家具を

少しずつそろえ そのわくわくとともに新しい幸せパターンを作ってゆく

 

幸せや豊かになることは、自分への「許可」がいるのだ。

 

 

許可してないと

あ〜あそこには こんな大きな黒い臭いゴミがあったのに

ここドよ〜んとしてても 寒くてもいいか。

 

あの最悪なときよりいいか。まだマシ。

(まだ・・・という言葉がでるのは MAXまで行くことを想定している)

 

 

そうしてまた自分を幸せや 軽やかさから遠ざける。

 

もちろん一気にはいかなくても

 

最悪のときと比べて・・・・と

この基準 やめようよ。

 

 

 

でも好きならどうぞ

 

過去はツラいけど慣れたとこでもあるから 楽なんだ。

 

でもこれは過去を否定的に受け止めているという証拠でもある。

(犠牲的 罪悪感 被害者 依存)

 

 

過去を肯定的に

どんなことを学習したか わかればそこは卒業したいはず。

 

卒業は 今からの新しい世界にだから、全く不安がないわけではないけど

広がりがあって高揚する気持ちと

自分への信頼が伴ってゆく

 

量子的 ギフトもたくさんおこってくる。

 

 

あのさ

自分にはコレくらいしかできないとか

大して役にも立たないとか

 

そんな 

自分をばかにするの やめてあげて〜

なんで そんな自分をいじめるかなあ?

 

ひとりドS 

ひとりドM

 

まあ すきにさんざんやってくりぇ

 

さんざんやらないと、

違う自分を知りたい って

変わりたいって

思わないもんね。

 

 

だから見守ってますよ。

 

誰かだけが早く進化するんじゃなくて

だいたい足並みそろって進化してるようですから むだに焦らないで。

 

 

mahalo