Y子ちゃんの3年の軌跡

Y子ちゃんの軌跡

 

Y子ちゃんがうちに来たのは約3年前

それから ひと月に約1〜2回来られてて

長いおつきあいになってきました。

 

今では大切なお友達であり同士のよう。

 

 

最初の彼女の印象は

虚の体質で パワーがない30代細身の女子

 

背中と首のコリがひどく 見たことのない寂しそうな目をしていた。

背骨の棘突起があちこちに方向に向き

胃の辺りが硬着 巻き肩で猫背。

よくない姿勢で胸腰椎移行部辺りがいすに当たるのか 

その辺りが黒ずんでるほど。

 

 

このころ3年前は量子場調整師になる前で 

ロミロミとゼニスオメガヒーリングをやっていたときでした。

 

それでも、どの整体に行くよりほぐれたと喜んでました。

 

施術終わって家に帰ると 小さな息子が駆け寄ってきて

ハートにKissしてと突然言ってきたりして

子供って なにかママが変わったのわかるんだね〜と

Y子ちゃんと話した記憶がついこの前みたい。 

 

 

 

彼女のことを書いてみようと思ったのは

 

彼女はなかなか上手にロミロミと量子場調整を人生に取り入れ

自分の進化に活かし とてもスピーディに変容している美しさがあるからです。

 

だからといって 彼女の人生イヤなことが全く起こらないとか 

そんなことではないの。

 

彼女は 自分の人生を 

「自分らしく創造」 したい意に忠実で そこはに力強さがある。

 

だからいろんなことがおきても

もう 以前のように感情をとじこめなくなった。

 

ざわつく心やイライラを無視するんじゃなくて気がつき 調整の意を口にし

起きた出来事を 肯定的な観点から学びとしてきた。

 

だから、波動調整はその意のとうり、さっとステージを変え

 人生を思い通りにするため加速させる手伝いとなっている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女はうちにきた3年前はある会社の従業員だった。

 

やめたいけど ひとりで稼げるか自信ないし、

人の評価を気にしすぎ疲れるし・・・ でも

 

でも彼女は会社を辞めた。

 

がまんしていきることにサヨナラした。

 

そしたら、Y子ちゃんのいろいろ現実が動きだす。

 

そんな中いろんな経験から腑に落ちることの連続だったようです。

 

今の職を選ぶ要因となっていた幼少期のトラウマがわかり

トラウマはツラいだけじゃなくその後の職業につながってたこと。

 

倒れるほど犠牲になってでも働いてしまう自分 の謎は

母が熱心だった宗教の影響が大きかったこと これを解放すると激変した。

神は見ている。といつも監視されているような恐怖。

 

宗教的なとても深い罪悪感を手放した時は スッキリさが尋常じゃなかった。

これも 手放す前は、

罪悪感を本当に手放すきっかけになるようなことが起きたりした。

 

新しい家に母もいっしょに住むことになったことからわかったこと

母との関係 母の働き方を見ていたことからの自分への影響

 

夫との関係 

自分に対する信頼が深まると夫が息子が優しく接してくれるようになったこと

女性性を取り戻していくと わかりやすく現実が幸せな方向にまとまった。

 

自分を正当に守っていいんだ!とがわかったこと

これも、守らないとこういうことが起きるんだということがおきて

びっくりもしたけど 肯定的な観点から見る力が確実にでてきた。

 

自分の波動を小さな息子がすごく共鳴しているのに驚き

ますます自分が幸せであることが大切だとわかったり

 

幼少期からの 私は体が弱いという思い込みがつくり出していた現実に気がついた

病気になったら母が優しかった が 

成功体験となって健康から自分を遠ざけていた。

 

仕事には対人関係のトラウマをどんどん手放していって

いろんなあたらしい おびえてないコミュニケーションができるようになり

自分への信頼度があがってくると

周りの信頼も得られるようになってきたことが見ていてわかる。

 

稼げないかもなんて心配 どこえやら。

会社やめてからなんだかんだいろいろな仕事が舞い込んできた彼女。

 

今年一年は大手企業との仕事もあり

今年はいろいろ経験を積むと言ってた通りになったようですが

自分が求めていたのはここではないともわかってきたらしい。

 

 

 

彼女は根が素直だ。

この資質がより彼女の人生を加速させたようにも感じる。

 

それでも年末少し疲れてて

女性性が喜ぶようなことを必要としてるようだった。

 

調整後、クリスマスは息子とケーキをいっしょに作ろう! 

でもスポンジ台は買おうっと (笑

と、キラキラして帰られた。

 

 

彼女は毎瞬毎瞬 生れ変わっていった。

 

時に 進んでないように思えたり 

繰り返してるように感じたこともあるかもしれない

 

でも後から思えばそれは 

手放したことについてテストが来てたような感じだったのかもしれない。

 

 

これからはほんとうに自分がわくわくすることをやっていくと。

 

それを応援できる範囲で見守り 

これからも話を聴いていきた共に歩いていきたいです。

 

体も進化したね。 姿勢が変わり背中も美しくなり

以前よりも肉にパワーが宿っている。

 

 

 Y子ちゃん ありがとう

そしてこれからもよろしくね。

With Love💗

 

 

Mahalo