尊敬する人、大好きな人にがっかりした時

育ててくれた親

とても尊敬できる先輩

カリスマ性のあるメンター

あこがれ、目標にしてた人

その道の専門家

などなど

 

自分からは見るといつも輝いている

いっしょにいると心が明るくなったり 安心できる存在だったり

 

大好きな人。

 

 

ずっとそういう存在だと思っていた。思っていたかった。

 

 

けれど・・・

 

 

長く生きていると そうだと思っていたけど

がっかりさせられた・・・・

なんてこともあるだろう。

 

 

ある方のお話し

 

自分が選んで好きではじめた仕事。頑張って上手になって

あこがれのカリスマ的な存在の人にいろいろ教えてもらえることになったそう。

 

そして、うれしくてもっと上達したら、尊敬してたその人からの

まさかの嫉妬と営業妨害があったらしい。

 

はじめは嫉妬とか営業妨害と思えず(思いたくなく)

「あなたに責任があるんじゃない?」と言われ理不尽なことにも耐え悩み

気がついたら、気が病んで仕事がストレスになっていった。と

 

 

また別の方は、

 

いろいろあっても育ててくれた親。尊敬はしていたが、

厳しくしつけられ 完璧であれと言われ続け、

出来ても褒められず つらくても親の期待に応え続けてきた。

 

その親が、ご近所に後ろ指さされるようなこと(内容は書けませんが)を

おこしたらしい。

その時に、親ではなくて 一人の弱い人間として見えたことが辛かった。と

同時に、私には完璧を厳しく求めたくせに、親が全くできてなくて

腹がたって 泣けた。と・・・

 

 

こういう時って

がっかりだったり、悲しかったり、やるせなかったり

尊敬する人にがっかりする日がくるなんて思わないですものね。

ショックですよね。

 

 

人は人のことをわからないものです。

 

親子でも わかったつもりでいるけど、なんらわかっていない。

 

(でも、人は相手をわかろうとする愛を育てられる)

 

 

がっかりさせられた人(自分は犠牲者)と

がっかりさせた人達 になっているけど

 

 

ただ相手に対し自分の勝手な理想をつくり 

この人はこうあってほしい(私のために)と過剰な期待をしていただけかもしれない。

 

 

 

その人のたった一部しか知らなかったのだ。

 

 

逆に、もしあなたが「えーあなたって、そういう人だと思わなかった がっかり」

って言われたら、気分がいいだろうか?

 

 

私の一部しか知らないで、何よっ!プリっ  てなるよね?

 

 

 

 

 

 

がっかりしたら、

それはおめでとう かもしれない。。

 

 

その人になろうとしていた

その人の期待に応えようとしていただけの自分からの脱却のチャンスだから。

 

 

ある種の依存から抜け、

自分の強みや個性を生かし生き直す そういう時が来たよ。ってことだと思う。

 

 

そして、そういう所って自分の中にもあると気がつくかもしれない。

 

 

 

そんな感情が動く時だからこそ

やっと自分の周りの応援者にも気がつくことが出来る。

 

 

ありがたい。応援者も友達もいた。ってね💗

 

 

がっかりなその人より輝いていいし 大きくなったらいいよ。

親より幸せになっていい。

そう自分に許可をだせば新しい世界が見えてくるんじゃないかな。

 

 

そうやって強く優しくなっていく。

そうすると 他人の意見や、親の価値観に振り回されていた自分に

「自分の軸」が育つ。基準ができていく。

 

 

 

 

やー

でも、神サマ も〜こんな教え方 ありますー?!
って、たまに言ってみたくなったりするかもね(笑

 

 

Mahalo

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    みっこ (火曜日, 20 12月 2016 13:42)

    * 最近、インストラクターが自分の友達を入会させて、私の年齢をばらしていました。私は、年齢のせいにしたくなくダンスしたいために、あまり口外しないでと前から言っていたのに、話していました。私はダンス経験者なのですが基礎をまたやりたく、一応初級の人たちと混ざってしています。
    * イントラは年下です。年下でも、きちんと守るイントラはいます。
    * そして高学歴の人を馬鹿にしたりしていました。
    * 自分よりうまく踊ると、個人的に何度もフリをふってきます。
    * それと、最後には取り合わず、逃げる。
    * 経験者向けの個別レッスンでも、前日お酒を飲み二日酔いで休講。
    * 初級の人たちとは、仲良くなったので、それも楽しくて通っていました。
    * やめるかやめないかで、もやもやしています。
    * ちゃんと謝ってもらってないので、悔しいし、悲しいし、思い出して辛くなります(マゾかよ)
    * すこし距離をとって様子みようかなと。時間も勿体無いし、私がやめても、楽しくなあなあでやっていく事でしょう。

    ここで、この文に出会って、今、すこしたちなおりつつあります。

  • #2

    Hitomi (火曜日, 20 12月 2016 14:01)

    こんにちは みつこさんメッセージありがとうございます(^-^)/

    ちゃんとみつこさんの中に光がありますよ✨ また のぞきに来て下さいね(^-^)/