力に屈しない生き方をしよう

力に屈しない生き方をしたいと思う

 

物質と金と

地位と名誉と

 

そんな色の濃い時代の中 生きてきた今の中高年

 

そんな色が濃いというのは 

そういうものに価値がおかれていたということ。

 

世界的に観てもそうだったように思う

 

 

命より金が大事 みたいな時代

 

金に物言わせてた

そんなバブル前〜崩壊まで銀行で融資係をしていた若かりし私

(おっと 年がバレるぜ 笑)

 

金と力を振りかざすアホな経営者たちを、 

出世したい丸腰の銀行員や大蔵省(今の金融庁)の裏側のやり取りを

マジえげつないな〜と冷めた目で観ていた。

 

 

24時間働けますか〜♫ ビジネスマーン ジャパニーズビジネスマーン

 

家族なんぞかえりみてたら男じゃない

女房子供が言うことなんぞ ほおっておけ

 

女に何ができるか とか 女のくせにと女性を卑下し

 

子供はいい子(親の言うことを聞く扱いやすい子)になるよう命ぜられ

子供の意見を聞く大人もいなかった

 

支配的で威圧的なものも

それをしつけだと 当たり前のようにそれが横行している時代だった。

 

家族のため犠牲を払い我慢するのがいい母親で

辛そうな母親を観て育った 世代

 

物や金という 力

地位や名誉という 力

 

そういうものさえ持っていれば強い

そいうものを持っていないと負けだ

 

勝ち負けの時代

 

今のように充分に物が無く(今が有りすぎるのだが)環境が整っていないころは

男性の力が大きく前にでて形有る物を角度が有る物を作ってきた

 

その恩恵は大きく受けているのだが

女性を押さえつけてバカにしてきた時代でもあった

 

世の女性は それに耐え 対抗し

男性社会で負けないように 家庭も仕事も気が抜けなかった

 

 

 

今 この時代の影響もあり 

心の歪みや精神不安 自尊心のなさで自己を見失っている方も多い

 

楽しいがわからない

我慢してたのがわからない

自分がわからない

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今 もう時代は大きく変わったのに

 

まだ力でねじ伏せようとする 

威圧的に出て 誇示し支配しようとする時代錯誤の人間もいる

(政治の世界でもいるね )

 

 

男性の力は 女や子供をねじ伏せるために使うのではない

守り 支えるための力なのに

 

刃物の使い方を間違えているのと同じように

活かすのではなく

 

殺している

 

 

 

女性はその力を受け取ってあげて 愛に変換し

産み育み 繁栄 循環できる存在なのに

 

 

支配により枯渇し 愛を忘れ

繁栄から遠ざかり 助けを求めたいがどうしていいかわからなくなっている

 

 

 

 

女性の中にも 本来大きな力が有る

でも 彼女たちはもう力がないと思っている

 

 

女性の力について また次回書こうと思いまふ。

 

 

女性の時代ですよ。

あなたのことですよ^^

 

あなたも女神なのを知っていきましょう。

 

mahalo