528Hzの反響

今年にはいって 

528Hzの調整をした方の反響がすごいです。

 

 

肉体的にも軽やかさがスゴかったり

 

周りに起きている問題で解決できなそうなこともなぜか解決したり

 

もう死を意識していた方がその意識を自ら生きる方向に向けなおしたり

 

チャクラの滞りがないということもクライアントさんに教えてもらいました。

 

 

それでうちに528Hzの音叉を持ってきた方がいたんですけどね、

それはそれで心地よい音なんですが

 

その方が量子場調整を受けて音叉との違いに驚いていました。

 

 

そして私も日々 驚く。

 

 

「調整した人も驚くんですか?」とか言われることもありますが

 

はい 驚きます^^

 

 

 

その人の肉体と気とオーラの領域の

量子の場を軽やかに調整するのが量子場調整なのですが、

 

いつも私の想像をはーるかに超えたところまで

場が影響しているのだな〜と@@

 

 

過去も未来も時空間を越えて影響するのを毎日観ていると

 

時空間が幻だと言うことが ほんのちょっぴり垣間見える感じがしています。

 

 

毎回 発見がある。

 

 

そして、最近は物理的なマッサージなどのテクニックと理解も

更に進んできたようで、どこをどうすればいいのか 

 

物理的ホリスティックから 

量子の場を含んだ物理的ホリスティックな観点が育ってきた気がしています。

 

終わりはないのだけど それがまたおもしろいな〜と

 

マニアックな自分が何だか好きです 笑

 

 

 

人間 軽やかな自分を知っていくと

やっぱ軽やかに生きたい って思えるんです。

 

きっとだれもが望むことなのでしょう。

 

そして、生きることはツラいことばかり 

ではないと軽やかさが自分に教えてくれるのでしょう。

 

 

重い状態しか知らない(でも本人には当たり前なので重いと感じていない)

と、重いが基準になっている。

 

軽いを知っていくと、軽いの基準がだんだんわかってくる

 

目と頭がスッキリし

意識が今にあり 今を生きるようになってくる。

 

だれもが本来の自分になっていいはずです。

 

なぜ過去に引きずられたまま苦しみの中で生きるしか

選択肢がないとおもっているのでしょう?

 

 

もっと、自由なはずですよね。

 

選んだらいい! それだけじゃないかな。 

 

 

 

ここ数ヶ月 

県外からあるお医者さんも定期的に量子場調整に来られています。

 

とても柔軟なドクターで 物理だけでない世界を

長年オリジナルに研究されてきて

波動の世界を知り 

さらに患者さんにいい漢方の処方ができそうだと語っていました。

 

 

ご本人の 目の状態も少しずつ改善され

調整後は 「なんでこんな軽くなるの?」と量子の話が尽きないです。

 

西洋医学と漢方と量子場の融合も進んでいる様子

 

お医者さんが量子場師になると 

また新しい形で量子場調整が認知されてゆくでしょう。

楽しみです。

 

 

 

近い将来 

もしかしたら波動療法の認知度があがり

「恐いわね〜昔は 病気になったら切る(外科手術)しかなかったってよ〜」

「えー波動療法なかったの〜シンジラレナーイ」

なんて言ってるかもしれませんね。

 

 

それくらい量子場調整は西洋医学ともけんかしない

 

どちらもいいところを融合させて 新しい医療になってゆくような気がしています。

 

 

思考や念や執着が

場を重くし

体を重くし

病気をつくる

 

これらを反転、変容させられたら、

場が軽くなり

体が軽くなり

病気の意識より健康への意識が大きくなれる

 

フォーカスしているもの

概念

が あなたをつくるとしたら

 

新しくフォーカスするもの

新しい概念

で、新しい自分になることも可能ということ。

 

 

あとはあなたの「意」がそちらに向けば

思うように進みだす。

 

 

mahalo