あなたの取扱説明書は・・・

あなたの「トリセツ」は難解ではないですか・・・?

 

量子場調整を重ねていくということは

 

自分自身の「取扱説明書」トリセツ がシンプルになってくるとも言えると思う。

 

 

あなたの トリセツ は、

あなたをどう取り扱っていけばいいか書いているんだけど

 

 

ぶっちゃけ あなたがよくわかっていない

 

それは自分のトリセツを自分でも大切にして生きるんだよ と教えられなかったし

 

親や周りの人たちも 社会の目を気にして生きることを優先して生きてきた。。。

 

 

ほとんどの人が小さい頃から 

 

周りに迷惑かけないようにしなさい

いい子にして言うこと聞きなさい

 

周りといっしょに

無難に 

外れないように

空気読んで(読み過ぎて)

我慢して

 

人の役に立ちなさい

人に優しくしなさい

 

 

いつも自分のココロ 無視 後回し ひとまずフタ

 

 

さみしいよ

抱きしめてよ

私を大切に扱ってよ

私の気持ちわかってよ

お父さんお母さん 私の方を向いてよ

ありのままじゃいけないの?

私はここにいるよ

 

 

こんな思いを言葉にしてはいけないと思い

 

のどをつぶし

消化できないモヤモヤした思いを無理やり飲みこみ

苦い涙をこらえることを続け神経を自ら麻痺させる

 

 

気がついたら 体もこころも慢性的な 不感症

 

 

(気がついてないが・・・)

我慢し過ぎてて

頑張り過ぎてて

人に合わせ過ぎてて

 

今さら痛みを感じたらヤバい自分になりそうだから

何となく無視してやりすごす。

 

 

「生きる」 とはほど遠く

 

「やり過ごしている」だけ。

 

 

能動的に生きる というより

 

人生を 時間を

 

ただただやり過ごしているだけ。

 

エネルギーが体からダダ漏れし

 

年中 電池切れのような日々

 

 

でも味気ない何かに嘘がつけなくなってくる。

 

何だろう 私の内側の空虚な感じ・・・・寒い冷たい風・・・

 

 

 

長く自分に関わってないと

人との関わりもますますわからなく怖くなる

 

だから、

 

 

あたりさわり無く

無難に 

争いが起こらないように

そつなくこなし

どこか 記憶に残らないように

目立たないように

 

 

きわめて常識人ぽく 普通の大人の感覚が自分だと思い込ませる

 

 

周りにもこんなキツキツな人が多いから

生きるってこんなもんだと諦めているかもしれない。

 

 

でも、「あなた普通の人ね」と言われると

ムッとする(笑

 

 

いい大人になっても

自分の「素」のココロがわからないまま。

 

 

自分の取扱説明書が「あなたに」理解されてないまま。

 

 

こんな状態で、実は内側ではイライラがたまっていて

周りの人が自分をわかってくれないと言う。

 

 

そして、それは周りの人が自分をイライラさせていると思い込んでるけど

 

ちょっと観ている角度が違うかもしれない。

 

 

 

そりゃさ〜ムリも無いよね。

 

周りの人を責めて こーしてくれればいいのに なんでわかってくれんのかー!

 

 

 

しかも、言わなくてもわかってほしいとか

 

言わないとわかりませんからね!

(とくに男性に対してこれを求めすぎると酷です 言いましょう)

 

 

こういう時はこうだからこうしてほしい

ちがう

同じようでもこの場合はこうしてああして・・・

 

いつも 

「周りが自分に何をしてくれるか」しか考えなくなる。

 

 

こんなのが、ン百項目ある難解なトリセツだとしたら

 

 

アホか。 うんざりだわ。

 

 

 

というより 

 

何はともあれ

 

 

まずは自分で自分のトリセツと向き合ってあげるのが先かも。いや 先です!

 

 

アップデートしてあげるんです。

 

自分は何を大切に思っているのか

どんなところに向かって生きていきたいのか

 

それには何より自分を愛して認めていることが 

全ての根底に力強くあることを。

 

 

 

そういうトリセツのシンプル化が

量子場調整を受けていくことで無意識的にとてもナチュラルにできていきます。

 

 

ムリに変わりなさい!と自分に強いるのではなく

 

 

無意識に嘘をついていた

無意識を無視し続け複雑化してしまった自分を解放してあげていいんだよということ。

 

 

それも自分が求める時に

 

求めるペースで

 

 

いっしょに寄り沿っていく準備はいつもしてあります。

 

 

 

 

自分の経験のなかでも同じようなことはたくさんあったからです。

 

みんな今の時代を共に生きている 同士ですから

いっしょに身軽に 軽やかに生き

 

今世の宿題を済ませ

ひと仕事して いい人生だったと 

 

いつの日か来る天に召される日が幸せに迎えられるように。

 

 

そんなことが私の根底を流れているだけです。

 

 

量子場調整というすばらしい技術を使って

早く 自分が幸せになることを許し

早く 自分が幸せになってほしい

 

 

それからやっと本当の社会貢献だったり、人のために となると思うんです。

 

 

そして、貢献を長く続けられるように世に関わる人たちが増えればいいな。

 

 

 

自分の中の平和が 世界の平和に繋がっているはずです。

 

 

 

mahalo