いつからでも選び直せるし、選んでいい!

選べない苦しさ が

人生を苦しくしている

 

これしかないっ。。。と

他に耳を傾けない。

他を観ていない。

 

 

 

もし本人が、無意識に頑なに

 

*頑張るしかない

*一人で生きるしかない

*この子を守るのは私しかいない

*迷惑かけてはいけない

*いつもちゃんとしなきゃ

*真面目でなくてはいけない

*一生ここで働くしかない

*我慢するしかない

*私しかやる人はいない

*私が犠牲になるしかない

 

 

などなど

 

「しか」ない。 ばかりだと辛くなるよね。

 

 

 

「しかない」は 

他に私に選ぶ権利もなく 選べないと決めつけている状態。

 

 

「しかない」は 追い込む系の概念。

 

 

しかし、果たして そうなのかにゃ?

 

「しかない」 と思っていたのを

ちょっと考え方を変えたり 

外に広がるように考えることも出来るはず。

 

 

全てに陰と陽があるなら

「しかない」だけでなく「しかなくない!」もあるでしょ?笑

 

 

一度、自分の中の常識や概念を 疑ってみよう!

 

決めつけてない 例えばこんな感じ:

 

*頑張ることも出来る やりたいことはね。

*一人で生きることも出来る そうじゃなくてもいいし

*この子を守るのは私とその他みんな

*迷惑ってなんだ? 必要な時はお世話になろう

*ちゃんとすることも出来るしゆるっともできるよ

*真面目もいいけど ユーモアも大事

*仕事は色々探せばある 縛られる必要ないな

*我慢できないことがあっていいや 

  そもそもイヤなことを我慢する必要なくない?

*私より能力高い人いるんじゃないかな?させてみよう

*私が犠牲になる なんてやめよう 笑

 

 

 

自分の中の常識や概念を疑うことがなぜ必要かというと

 

だってそれは、過去に教えられたものかもしれないよ。

ただ単に 思い込み 刷り込みかもしれないよ

 

時代にあってないしね。

カスタマイズしていいんじゃないかな?

 

どっちにしろ 

自分のものでなければ違和感や混乱となって訴えてきてるはず。

 

 

パソコンの中のゴミ箱機能と同じ。

他人の、社会の不要な価値観を発見したら

ゴミ箱にポイして空にするのだ。

 

捨てる って決めて

クリックするだけ 心も同じ。

 

 

そんだけ~~~~~~

 

 

 

上記の「しかない」は

 

無意識のどこか深いところに 自己否定がある。

 

自分はダメだから まだまだだから・・・

だから背負い込もうとする。

 

周りに認めてもらうため・・・

ダメさをカバーするため・・・

 

 

等身大より大きく見せないといけないから 疲れるね。

 

無理して大きく見せてると(ハリボテ) 大きいね!と

また背負い込む展開が加速する。

 

 

そして、倒れる^^;

 

 

 

 

量子場調整の中で 「許す」という言葉を使うことも良くある。

 

許すということは 

他の選択肢を受け入れられるようになるということ。

 

 

許すを調整に入れると やっとリラックスする

固まってたからだと心がほどけてゆく。

 

 

どんなに いや、そうでなくてあの人が許せない!と思っていても

それは 自分を許してないと同じことなんだ。

 

 

 

本当はどんな自分も受け入れたい。

 

そして それにより

相手も受け入れられるようになることも本当は私たちは知っている。

 

 

 

そう あなたは知っているのだよ。

 

 

知ってるのに

なんで違うものをいつまでも信じるんだろう。

 

 

幸せになりたいと うわべ言いながら

偽りを信じて離さない。

 

 

今 重いものを手放す時期が来ている

 

人によっては 

物理的お別れとか

離別とか

 

 

世の中の波動が軽やかになって来ているので

それに沿うようになっている様子。

 

 

 

あらがえない大きな何か・・・・

 

 

具現化がますます早くなって来た

シンクロ二ティも日常のようになってゆく。

 

 

逆に、あらがう(抵抗)ことによって物理的なものを作り出す(病など)速度も増している様子。

 

 

ようは いいも悪いも

思ったものが 形になるスピードが早くなっている。

 

 

ようは あなたが信じているものが

形になるスピードが早くなって来ている。

 

 

 

あなたは何に抵抗しているのだろう。

 

そんなに大切なものなのかな?

もう一度 自分位聴いてみたらいいよ。

 

 

 

習慣、パターン、癖、

 

私ってこうなんです!

 

この中に抵抗が見え隠れしている。

それをどうするかは私がなんとか言うまでもないが、、、、、

 

 

抵抗しているから もっと抵抗する必要があることが

スピードアップして具現化しだす。

 

 

 

 

 

人は「癖のない自分を知らない」らしい。

 

 

あなたはピュアじゃない のではなく

あなたがあなたのピュアさを知らない のだね。

 

 

知りたくない?

 

Aloha