いい子やめよう 解き放つのだ!

量子場調整を受けて、もっといい子になろうとしないでください。

 

 

幼少期から いい子にし過ぎ

親や周りに気を使い過ぎていると

40代前後で体調不良になることが多い

 

うつになったり、

がんや病気が見つかったり

自律神経が狂うと ちょっとやそっとで元通りに立て直せない

 

 

病気にならなくても 何らかの違和感や不調

 

若さで体が耐えられてた我慢を緊張を

持ちこたえられなくなる。

 

そんな中高年への移行期 否が応でも向き合う時がくる。

 

 

もう 今までと生き方を変えなければいけないと

内側から 今まで聞いたことがないような

警報ブザーが鳴りだす。

 

消しても消えない

 

もう無視できない。

 

 

そんな移行期に 量子場調整に来ていただいている方々が

 

体とココロの緊張が解け

自分が楽になったのに

 

 

長年刻まれた無意識のパターン

「もっとよくならなきゃ」が作動しだす人もいる。

 

そして、またそれをも手放すときがやがてくる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

量子場調整は本来の軽やかな自分に戻るためのもの。

 

何かを足すのでもなく

 

今を過去を否定して排除するのでもなく

 

「解放」 囚われや偏りから

解き放つことをやっているのだ。

 

 

量子場調整師が魔法をかけてくれるのではない。

 

だから

 

性格も一回ですばらしく良くなって

人生でイヤなことが全く起こらなくなって

 

毎日感謝しか湧きません!みたいな 悟りの境地になる

 

 

・・・そんなんじゃないんだな。わかる?

 

 

 

そして、

 

毎回どんどん良くなってて 完璧だね!と

 

調整に来た時に

私に褒められようとしないでほしい。

 

私に対して いい子で無くていいんです。頼みますよ〜 (笑

 

そこを無理していい子にするパターンをまたするんですか?

周りのこと中心に、と また頑張るんですか?

 

それをやめたいんでしょ?

それをやめてくれーと 体と心が訴えてるんでしょ?

 

 

波動調整してもいろんなパターン(くせ)はあります。

毎日の中で また心身が歪むこともあっていいじゃないですか。

 

それをどんな状態でも丸ごと受け入れ

自分に寄り添えるように歩んでいるんですから。ね💗

 

 

自分の意識と無意識が

手を取り合って歩み成長するのを

 

植物が育つのと同じように 時に待って育む気持ちを持ってあげてください。

 

 

そうしていると

自分を客観視できてきて

意識的に気がつけることが増えてくるので

 

あっ そうか、と

意識的に以前とは違う行動をとってみるのも大切なことです。

 

ちょっとした勇気と行動をしてみてね。

 

 

 

量子場調整は治療のように

丸投げ依存させるためのものではないんです。

 

 

 

 

量子場調整師があなたをコントロールするのではなく

あなたの新しく輝く意識が あなたの人生をクリエイトするのです。

 

 

私たちは、場を軽やかにし 

掃除をし、後ろからちょっと支えているだけ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本来の光りがわからなくなるほど

周りに合わせてた自分から解放されると

 

無意識とコンタクトがとれるようになってくるから

だんだん感情が出てくるってことはよくあります。

 

なんか調整してから少しして 

怒りがおさえられなくなっきて 腹立つんですよー

 

こういうこと 量子場あるあるです(笑

 

 

今までは 我慢できていたことができなくなったり

怒るのはみっともないとか 

そんな汚い感情を自分の中に認めないとか思っていた人は

 

 

怒りが 自分内側に存在するのを認められるようになると

それを味わうようになるの。

 

怒りを 悲しみを 悔しさを 嫉妬を 味わうのだ。

 

感情を怖がらないでいいよ。

 

 

 

これを受け入れられたからこそ

 

うれしいを 

幸せ感を感じられるようになる。

 

 

あたたかい血の通う「愛」を自分にも相手にも感じられるようになる。

 

 

やっと

 

やっと

 

どっちも いいとか悪いとかジャッジせず

感じることができるようになるのだ。

 

 

量子場調整を受けて

いい子になる(見せる)んじゃなくて

 

 

自分の中の ヤンチャなとこや

わがままなとこや

気い使いなとこや

あったかいとこや

どうしようもなく はげしいものや

 

ありとあらゆる彩りのものを

許せる 

 

受け入れて愛せる自分になるんです。

 

 

そして他人もそうなんだと。

 

自分も他人も「存在」にリスペクトできるようになってゆくのです。

 

mahalo