素直さという財産

素直さという財産

 

自分が気持ちよく生きていられる時ってどんなときだろう

 

それはシンプルに自分に素直な時

 

 

楽しい時は 楽しい!

とシンプルに素直に感じられ喜び

 

 

今日は体がちょっとしんどいな

というときは 

 

それなりに体と付き合い

ごはんを少し控えたり 早く寝てあげたり マッサージをしてあげたり

 

 

ココロに風が吹く日は ココロが何を訴えているのか耳を傾けて寄り添ってあげる

 

ストレスがあるなら 気分転換をしてあげたり 

もっと根が深いものなら 量子場調整を受けるのもいいと思う

愛する人とハグするのもココロと体が温まる

 

 

ありがとう と言え

 

ごめんなさいと言える

 

うれしい!という笑顔の表情筋にウソは無い。

 

目の奥が美しい。

 

 

 

素直でいると 自然と自分も人も同じように尊重できる

 

 

 

自分に素直でいるから

 

やりたくないこと 周りの人の期待に応えるだけのことは長く続かないことを知り

 

お金のためだけに働くことは 

それが小さな現状維持を求めるだけのもので広がりを持たないこと。 

 

いつしかその狭い枠の中に閉じ込められたこともわからず 感情をなくしていき

そしてずっとその恐怖が続くと知っている

 

 

自分にとっての大切なものの基準を持つということは

 

頑固ではなくて

ナチュラルなんだと思う。

 

いい人ぶる と対極にいるんじゃないかな。

いい人ぶる っていつも体のどこかが緊張しているんですよ。

 

 

 

 

 

現実は

 

今目の前におきている現実は

 

 

もうすでに教えてくれている。

 

 

 

でも 

いつまでも見ないフリ聞こえないフリして生きてもいい。

 

 

本人が、

自分に素直になろう 自分を大切にしようと 決めなければ何も変わらないから。

 

 

 

自分に素直になるのは難しいと思うなら そうだし、そういう人生を歩めばいい。

 

辛い過去が自分を卑屈にさせた 私は被害者だというのなら そうだろう。

 

そして その人は間違いなくそういう現実の中にいて

被害者であるかわいそうな自分を現実化できているはず。

 

 

 

重い波動 重い場の中に住み慣れ

重い気と体、どんどん低くなる重心ばかりに気を奪われ

過去に回想し続け

死んだように生き死んでいく。

 

 

本来は全員が 

 

自分の中に素直を持っている⭐️

 

 

素直な思いが 尊厳が 愛が 満たされない時が過去あってだけで

 

かわいそうな時期があっただけで

 

かわいそうな人ではない。

 

 

 

「かわいそうな人扱い」を自分に対してするから

 

本当は 魂はそれをイヤがっている。

 

 

 

もっと自分の力を試したくて

 

もっといろいろ経験&感動したくて生きているのに

 

 

もう重いのいやだー!と叫んでいる。

 

トラウマをパワーに変えて 強くなれることも知っているのだ。

 

 

 

きっと 何というか

産まれてきた今回の「課題」に取り組み、そして死にたいのだろう。

 

 

だから心や体を重くして 病気を作って

教えている。

 

 

早く気がつけ!大切な私!って。

 

 

このままゾンビでいいの・・・?大切な私! って

 

 

その世界にいればその世界のものが見える。

 

 

違う世界もあるのに

下ばかり見て生きてないだろうか?

 

 

 

自分はダメって 誰が決めた!って

きっと魂は怒っている。

 

 

上を向いて歩こう♫

 

 

 

Mahalo

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    貴子 (日曜日, 27 11月 2016 15:33)

    私宛てに書かれてたかと思ったら、23日だった


    わかった わかった もぅ何年もかけて もぅ要らなくなった感情 とらわれ 捨ててきたのに、

    また、浮上… の今回でした

    心の変化 感じてます!

    ひとつずつ、攻略して、
    また、会いに行きます

  • #2

    中村仁美 (日曜日, 27 11月 2016 16:59)

    未来の貴子さんに書いたんでしょうかね