中年太りについて その2 

前回、中年太り・・・の続き。


要は 簡単に書くと、中年太りって


循環が悪くなって長年の老廃物や水分が

溜まっている状態のこと。


だから、中高年の皆さん!(きみまろ風)
太ってるなんて 思わなければいいんです!



先日、ええっ! 斬新な考え〜と言われましたが、^^



脂肪が脂肪が・・・と言ってるのは 実は水とゴミだったりするので


太ってるんじゃなくて、掃除すればいいだけ。



私は太ってないわ💗

そう考え方をシフトするだけで脳がそのように作動しだします。

気も楽でしょ?



いつでも邪魔するのが過剰な罪悪感だもん。

罪悪感があるだけで、体温が下がるし、循環を妨げるのです。



毎食、毎おやつごとに 罪悪感を感じず 何でも食べてよくなる。

そうすると、許しているので どか食いやバカ食いが徐々に減ってくる。



トクホの◯茶とか 脂肪を燃やす◯◯とか、カロリーOFFとか、



ただの商法ですから!



乗せられて買い続けるもいいけど、

足を中心にケア(掃除)すれば、日々変わって自信にもなり しかも無料。



どこをどうするかは、人によってぜーんぜん違うので

施術の際に お話ししますね。



 

話は変わって 足はほっそりだけど 上半身が太くて・・・という方もいます。


コレは何なのか・・・?と



上半身太りを気にしている方の体の共通点は

胸郭が大きく開いているということ。


簡単に言うと、深呼吸で は〜い息すってー! で、止まってる感じ。



よく見ると、姿勢を良くしようとしてか

胸椎下部から胸腰椎移行部あたりが緊張している方がほとんど。



胸郭が立派なのは生命力(呼吸)が強い証拠で

内臓も下垂しにくい。 だけど 胃が横に拡張しやすい。

(胃は 縦でも横でもびよ〜〜〜んとよく伸びる臓器)



背骨からの緊張が常にあるので

肋間(リブロースのイメージ)固くなり

肩甲骨も動きにくくなる。


そうすると、息吸った アプアプ状態で体が固まる。


気分にも あせりや せかせかと落ち着かず地に足がつかない感じを持つ人も。


そして、二の腕が太くなっていく。



ちなみに

二の腕は 感情面からいうと『どうせ私なんて・・・」

と、無意識でもそういう思いがあるとそこに肉がつきだす。



ほんとに不思議。



その感情をリリースすると、骨格が変化し 呼吸が楽になり

あとは筋肉を調整していけば スッと体が楽になる人もいる。



ホントに不思議!としか言いようがない。




まとめると、結局 上半身太りも 下半身太りも 全身の中年太りも

循環が悪い ことが原因。


感情の循環も

肉体の循環も


どちらも関係することが多いなと みなさんの体が私に教えてくれます。



なので上半身が気になる方も

その臓器の足の反射区は滞り、痛むと思います。



体のことは、痛む部分を何とかしようと そこばかりにフォーカスしがちですが

トータルで見た方が なぞが解けていくようです。



原因が分かって 対策(掃除法)がわかると 希望の光が⭐️



あとは 「自分の体を大切にしよう」という気持ちが

施術後は出てくると思うので その芽を大切にいっしょに育てましょうね。



mahalo