力に屈しない生き方をしよう

力に屈しない生き方をしたいと思う

 

物質と金と

地位と名誉と

 

そんな色の濃い時代の中 生きてきた今の中高年

 

そんな色が濃いというのは 

そういうものに価値がおかれていたということ。

 

世界的に観てもそうだったように思う

 

 

命より金が大事 みたいな時代

 

金に物言わせてた

そんなバブル前〜崩壊まで銀行で融資係をしていた若かりし私

(おっと 年がバレるぜ 笑)

 

金と力を振りかざすアホな経営者たちを、 

出世したい丸腰の銀行員や大蔵省(今の金融庁)の裏側のやり取りを

マジえげつないな〜と冷めた目で観ていた。

 

 

24時間働けますか〜♫ ビジネスマーン ジャパニーズビジネスマーン

 

家族なんぞかえりみてたら男じゃない

女房子供が言うことなんぞ ほおっておけ

 

女に何ができるか とか 女のくせにと女性を卑下し

 

子供はいい子(親の言うことを聞く扱いやすい子)になるよう命ぜられ

子供の意見を聞く大人もいなかった

 

支配的で威圧的なものも

それをしつけだと 当たり前のようにそれが横行している時代だった。

 

家族のため犠牲を払い我慢するのがいい母親で

辛そうな母親を観て育った 世代

 

物や金という 力

地位や名誉という 力

 

そういうものさえ持っていれば強い

そいうものを持っていないと負けだ

 

勝ち負けの時代

 

今のように充分に物が無く(今が有りすぎるのだが)環境が整っていないころは

男性の力が大きく前にでて形有る物を角度が有る物を作ってきた

 

その恩恵は大きく受けているのだが

女性を押さえつけてバカにしてきた時代でもあった

 

世の女性は それに耐え 対抗し

男性社会で負けないように 家庭も仕事も気が抜けなかった

 

 

 

今 この時代の影響もあり 

心の歪みや精神不安 自尊心のなさで自己を見失っている方も多い

 

楽しいがわからない

我慢してたのがわからない

自分がわからない

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今 もう時代は大きく変わったのに

 

まだ力でねじ伏せようとする 

威圧的に出て 誇示し支配しようとする時代錯誤の人間もいる

(政治の世界でもいるね )

 

 

男性の力は 女や子供をねじ伏せるために使うのではない

守り 支えるための力なのに

 

刃物の使い方を間違えているのと同じように

活かすのではなく

 

殺している

 

 

 

女性はその力を受け取ってあげて 愛に変換し

産み育み 繁栄 循環できる存在なのに

 

 

支配により枯渇し 愛を忘れ

繁栄から遠ざかり 助けを求めたいがどうしていいかわからなくなっている

 

 

 

 

女性の中にも 本来大きな力が有る

でも 彼女たちはもう力がないと思っている

 

 

女性の力について また次回書こうと思いまふ。

 

 

女性の時代ですよ。

あなたのことですよ^^

 

あなたも女神なのを知っていきましょう。

 

mahalo

 

 

 

 

量子場的生理学④ボケ:心を無視すると妄挙する

 心を無視すると妄挙する

(思慮分別のない行動・ボケ)

 

脳トレとかやっても ボケる人はボケる

 

そもそも、脳を鍛えるという考えが

個人的にはどうかと思う

 

ダメで劣っているから鍛えなおす。。。。 

楽しいならいいけど

(ちなみに大脳は忘れるのも仕事の一つらしい)

 

無理矢理な感じが もっとストレスを与えるよね

 

もっとぼけをフォーカスしてしまうし^^;

 

観察術などでてる方はわかるかも

フォーカスすると量子的にどうなっていくのかをね。

 

 

 

そもそもなぜボケるのか・・・?

 

一概には言えないが

 

いろんな方の調整を行っていて気がつくことがあるのは

 

ボケとは 

人生の中で、忘れたいことがたくさんある 状態だと思うんだ。

 

 

忘れてしまいたいような 

辛かったこと、悲しかったこと、怒り、自分を責めたり、人を責めたり、

軽蔑したり、自分ではどうしようもなかったこと、

満たされない何か、忘れたいけど忘れられずに回想する思考に

過去が重くなり過ぎた。 

 

そして、もう忘れてしまいたい・・・が叶い ボケた。

 

 

そして、このようなパターンもあるのかなと思える

そのような親を看病し 親がそのまま亡くなったら

あ 自分もそうなるんだろうな(無意識)と どこかに刻まれそのように自らそれをつくり出すパターン

 

 

これらが全てではないが 多いのではないかと思う。

 

でも、大切なのは

いろんな辛いことが悪かったのではない。ここポイントだと思う。

 

その出来事の感情をちゃんと味わっていないことが 

心のモヤモヤとして積もり積もり どんどん脳を縮めていくのだと思う。

 

ちゃんと、悲しいも 寂しいも 怒りも 恐さも うれしいも

隠さないで 全細胞で味わったのなら 

その時は辛くても 何かわかったり、そこから力になっていることもある。

 

だから感情を無視してはいけないし

感情は無視したら 消えてしまったわけでもないということ。

 

だから

感情を感じることを怖がらないでもいいんだよ。

 

 

人から無視されたら辛いでしょ?

自分が自分から無視されるのはもっと辛いんだよ。

 

 

 

 

そして、もう一つ

いくつになっても 自分が楽しめることが何か一つでもあれば 

ボケに縁がない人生を送れるのではないかのかな。

 

楽しいは 生きたい!に繋がるから。

 

 

 

 

量子場調整で過去のトラウマのリリースをしていくと 徐々に

「忘れてしまいコトだらけの自分」

 から解放されてゆくということ

 

重い鎖をほどいたら やっと

自分の楽しいって思えることもみえてくるかもしれない。

 

そうしたら

もしかしたら

ボケさえ気にならなくなってくるかもしれない

 

 

少し前だが 

不思議なことがあった。

 

これは本当かどうかは実際のところ確認のしようがないのだが

 

ある日 サロンに来られた方

 

あまりにも真面目で体もカタく 

でも頑固と言うよりは自分が無く、人の評価を気にし過ぎ

過去のあることで自分を非常に認めてなかった

 

 

そした、母がボケて最期まで看取ったご夫人。

まさに自分も母のように進むものだともう疑ってなかったようなのだが

 

調整に何度か来るようになって、ある時

 

過去のことから解放が進んでいくと

スイッチが切り替わったような音がした!?

 

表現が難しいが、線路のスイッチ 分岐路?が動いたくらい音がした

(私しか聞こえなかったが^^;)

 

 

パラレルワールド って本当にあったのかもしれないと

瞬間的に感じた。というか垣間見た?感じ。

 

 

信じるか信じないかはあなた次第 

なんだけど

 

 

その方の 

自分の未来をもっと創造的にしたいという意図がこの現実を導いたのだろう。

 

 

私たちには いつでも望めばその道が現れ そちらに進路変更できるようだよ。

 

 

ボケを自分の未来図の中に 

わざわざ組み込まなくてもいいんじゃないかな?

 

 

mahalo

 

 

 

 

 

結婚とは育った家庭の「再現」だから・・・

結婚離れとも言われる昨今

 

でも、結婚したい 子供が欲しい

 

迷える30代後半女子は

なかなか心理的んもツラいかもしれない。

 

結婚とは 家庭を持つこと。

 

家庭と言うものは どういうものかというと

 

その人が育った家庭が その人の手本であり定義でもある。

 

意識的でも無意識でも大きく影響がある。

 

家族が不和だったり、自分が苦しい子供時代だったりすると

結婚に抵抗があったりするかもしれない。

 

家族が仲が良かったり 

自分の方を親が向いてくれていたのなら

そんな家族を作りたいと 割と自然に相手を見つけられるかもしれない。

 

 

もちろん 一概には言えない

社会的な影響も親たちも私たちも大きく受けている。

 

 

自分が結婚するということは

 

自分が育った家庭の「再現」であるのだ

 

体を張った 人生を掛けた「再現」

 

うーん 勢いがないとなかなか踏み切れないのもわかる。

 

 

そして、それとは反して「体」からは

子供を産める時間が少なくなっていることも感じる。

 

もう結婚はいいから 子供だけでも欲しいと思ったり。

やたら性欲が高まったり

 

でも、カスはつかみたくないと、条件はいいほうがいいし

できればイケメンがいいし・・・とかなってくると

だんだん相手を厳しく審査するようになる。

 

一方で女子同士の競争意識に火がつき

勝手に比較して勝手に落ち込んだり

 

若さだけではない自分の中の魅力も発見するより 悶々とする時間が増えてくる。

 

そして、だんだん上手な言い訳を自分の中で作り

自己を だから仕方ない。と納得(説得)にかかりだす。

 

 

「頭」では

 

社会的に結婚すると認められるからとか

親を安心させてあげないと

孫の顔みせてあげないと

友達の手前 カッコつかないし・・・とか

 

本音ではない体裁(テイサイ)がつきまといこちらも悶々とする。

 

 

 

 

だからどうしたらいいかって?

 

 

 

それを自分に聴くのだよ。

 

 

上っ面の焦りを聞くんじゃなくて 聴く。傾聴するのです。

 

 

 

だから自分は悶々するんだ。とちょっと頭が整理できたら

やっと内観できる。

 

 

なんでなんだろう なんでなんだろう?

何が悪いの?

何も悪いことしてないのに

と、ぐるぐるしてる時は

原因探しの悪いもの探しになっちゃうから内観できないんだ。

 

 

 

子宮に手を当てて聴いてごらん

女性は子宮の声と魂の声は同じだと思うから。

 

 

子宮は けっこうすごいこと言うから。

びびびびっくりしてください(笑

 

 

 

それも自分。

それもOKさ💗

 

 

mahalo

 

 

体を無視すると麻痺する

体を無視すると麻痺する

 

●体のことにフォーカスしても

呼吸が浅いですか・・・? 

よくわからないんです私

 

体が緊張してます? 

よくわからないんです私・・・

 

痛みに強いみたいなんです私 あ、もっと強く揉んでもらってもいいです。

 

凝ってるとかよくわからないんです私

 

確かに体軽くはないと思うけど これがいつもなんで・・・

 

●心のことにフォーカスしても

 

その時の気持ち・・・? うーん 何にも浮かばないです

 

今の気持ち・・・?うーん よくわからないです

 

怒りが溜まってるか? いやー怒りとかではないですかねえ

というより、仕方ないんで。

 

寂しかった・・・かもしれないですけど 

というより、仕方ないんで。

 

いい子にしてきた・・・つもりはないんですけどね

 

がまんしてきた・・・つもりはないんですけどね

 

親に認められたいとか そんなんではないんですよ。

 

恨み? いやいやそんなありえないですよ

ていうか、そんなふうに思ったらいけなくないですか? 人として。

 

人に嫌われる恐怖はあると思います なんでさしさわりなく接する感じですかね。

 

本音を言っていないか?・・・うーん 結構言ってるつもりですけどね。

てか、本音って何ですかね・・・

 

自分を内観して 何かいいことあるんですかね。

 

自分を大切にするって 意味があまり分からない。

 

 

いつからこんなふうになったのでしょう・・・?

 

他人事のように自分の上っ面を話す。

 

********************************

 

 

日々の施術の中で、このようなことが多い。

 

このような状況がいけなくはない でも本人は空虚さを感じている。

 

あなたの生き方だから

私が あなたに対して良い悪いを言うことでもない。

 

でも本人は この上っ面の感覚の下に何かが潜んでいて

それがだんだん無視できなく大きくなっているのも無意識的にわかっている。

 

自分が自分を騙し続け、無視し続け、

うそをつき続けていることも知っているので

 

 

私が本人を尊重した言葉を投げかけたとしても

私の問いかけが責められたように感じる人もいるだろう。

 

その人の自責の念や罪の意識が そうさせているのだ。

 

 

そんな時に その人のこれからの道を分けていくのだな〜と思う瞬間がある

それは、その人の「素直さ」だ。

 

 

素直は 自分の魂と繋がる唯一の光りなのではないかと感じる。

 

頭(大脳)は、いろいろ抵抗する 巧みに言い訳する。

 

だけど責められたと感じ抵抗する心も うん それもわかる。よくわかるよ。

 

でも、自分の中に1%でも 

 

そうだな・・・自分が自分を無視したり大切にしなかったことは 

少しはあるな〜と認めたのなら

 

そういう埋もれて、隠されて、無いものとされて、葬られた

大量の感情は少し泛(う)かばれる。

 

成仏(じょうぶつ)の方向に向かうのだ。

 

 

常識的にとか

大人としてとか

 

社会に、親に、合わせ過ぎてきた自分を責めることなく

 

少し自分を観てみよう認めてみよう

と 思えたのなら

 

 

 

どう調整をしていきたいという本人の明るい方向が見えてくる。

 

そして、そこにとらわれた波(波動)から解放へは

量子場調整が大きなヘルプになる。

 

 

段階を経て 意識が変わりだし

おりの中に囚われていた心がシャバにでる感じ(笑

 

 

自分の中の

これは嫌い 

これはあっては困る感情

えげつないから隠そう。爽やかにしていなきゃ。

バレる・・・恐

 

そんな緊張から解放される。

 

感じたら生きていけない

という苦しさから解放される。

 

 

パターンになってしまっていたの。

感情からカラダに起きていた反応を無視し続け

わからない

わからないを連発し もっと麻痺させることが。

 

だから何で生きてるのかわからなくなるし

楽しい?って何

幸せって何?って なるわなそりゃ

 

 

 

はーい

 

自分にごめんねって ちゃんといってあげてね〜

 

 

mahalo