のみこむ事とチャンスをつかむことの関係

最近は

ご家族を連れてきてくださる方、

HPから来てくださる方、

お友達に紹介してくださる方

 

たくさんの方に量子場調整の輪が広がっています。

 

年齢問わず この不思議な世界を体験し

「わかる」方が増えてまいりました。感謝です⭐️

 

 

さてさて、サボっていたブログ(コラーっ!)

 

今回のおはなし

チャンスをつかむことと喉

(嚥下=のみこむこと)の関係

 

このブログを読んでいる皆さん

のど 詰まっていませんか?・・・

 

 

唾液をごくんとのみ込むことを 量子場調整の前の波動確認でしてもらう。

 

 

お年寄りでなくても、・・・ごっっっっっくん 

と時間がかかりサッと喉を通り抜けられない

 

のどが詰まったり違和感のある方もけっこう多い。

 

タダののどのつまりとアナどるなかれ。

 

量子場的に観ると

嚥下(えんげ)ごくんがスッといかないと

人生の中でのチャンスをつかみにくくなるそう。

 

いろんなことを躊躇(ちゅうちょ)するようになるからだ。

 

喉の詰まりにはいろんな理由があると思う

 

一番は体が重力に対して負けてしまい歪むことが大きく影響するが

 

言いたいことを抑えてる

人からどう思われるかばかり気にし過ぎて言葉を選び過ぎたり

(そして失言しちゃう)

指摘される環境で萎縮していたり

本音を隠し無理してポジティブぶったり

 

内臓下垂でのども下方に引っ張られたり

婦人科系が重くなっている場合もそう

 

もちろん頭が前に落ちている姿勢も顎位がズレてきて

のどだけでない全身に影響が出てくる

 

怒りや我慢やストレスで 

昼でも夜中寝てるときでもグーッと歯を食いしばっている人も

のど辺りが緊張してることが多いです。

 

噛むときの力ってめちゃくちゃ強いので、そりゃ歯も減るわな。

圧がかかる状態が続くと歯が割れたりもする。

 

舌が緊張してのどを押している場合もある。

 

 

こういう状況に対して 顎位調整と量子場調整は強いな〜と日々思う。

 

こんなに食いしばりから解放され 

顎位がばっちり全身とのバランスがとれ噛み合わせが合う 

そんな施術も治療も 今の所 他に知らない。

 

 

噛み合わせ=神合わせ

 

すごく大切なんです。

 

ちなみに 悟りを開くことを目指している修行僧でさえも 

噛み合わせが合ってないと悟りが開けることはないらしい。

 

 

それにしても

人生で たびたびチャンスを逃したり

軽やかで素晴らしいものや豊かなものとのタイミングがズレてきては悲しいものだ。

 

 

自分がズレてくると もれなく

タイミングの悪い、運の悪い人たちとタイミングが合いだすことも

波動の世界のこと。

 

 

無意識は 無意識で自動的に動く体の部位を司っている。

 

なので無意識の領域が狂い始めると嚥下はもちろん

臓器のタイミングのズレが起きてくる。

 

内分泌、外分泌、神経、なども

少しずつズレてくる。

 

 

老化のサイクルとはこういう風に進んでいくようだ。

 

そして、老化を望めば(そう思い込めば)老化のホルモンが作られ

 

ズレにズレて体調不良になり気力が無くなっていき

死を意識するようになると 死のホルモンが作られる。

 

 

全ては無意識のとおりに。

 

 

 

量子場調整後にまた ごくん。してもらって確認するんです。

噛み合わせや のどの調子が良くなると ほんとに皆さん美しい笑顔をされますね。

 

 

 

縁あってお会いする方の 垂直軸が力強く

ごくん!がスムーズにあるようこれからもサポートしていきます⭐️

 

mahalo

 

 

 

いい子やめよう 解き放つのだ!

量子場調整を受けて、もっといい子になろうとしないでください。

 

 

幼少期から いい子にし過ぎ

親や周りに気を使い過ぎていると

40代前後で体調不良になることが多い

 

うつになったり、

がんや病気が見つかったり

自律神経が狂うと ちょっとやそっとで元通りに立て直せない

 

 

病気にならなくても 何らかの違和感や不調

 

若さで体が耐えられてた我慢を緊張を

持ちこたえられなくなる。

 

そんな中高年への移行期 否が応でも向き合う時がくる。

 

 

もう 今までと生き方を変えなければいけないと

内側から 今まで聞いたことがないような

警報ブザーが鳴りだす。

 

消しても消えない

 

もう無視できない。

 

 

そんな移行期に 量子場調整に来ていただいている方々が

 

体とココロの緊張が解け

自分が楽になったのに

 

 

長年刻まれた無意識のパターン

「もっとよくならなきゃ」が作動しだす人もいる。

 

そして、またそれをも手放すときがやがてくる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

量子場調整は本来の軽やかな自分に戻るためのもの。

 

何かを足すのでもなく

 

今を過去を否定して排除するのでもなく

 

「解放」 囚われや偏りから

解き放つことをやっているのだ。

 

 

量子場調整師が魔法をかけてくれるのではない。

 

だから

 

性格も一回ですばらしく良くなって

人生でイヤなことが全く起こらなくなって

 

毎日感謝しか湧きません!みたいな 悟りの境地になる

 

 

・・・そんなんじゃないんだな。わかる?

 

 

 

そして、

 

毎回どんどん良くなってて 完璧だね!と

 

調整に来た時に

私に褒められようとしないでほしい。

 

私に対して いい子で無くていいんです。頼みますよ〜 (笑

 

そこを無理していい子にするパターンをまたするんですか?

周りのこと中心に、と また頑張るんですか?

 

それをやめたいんでしょ?

それをやめてくれーと 体と心が訴えてるんでしょ?

 

 

波動調整してもいろんなパターン(くせ)はあります。

毎日の中で また心身が歪むこともあっていいじゃないですか。

 

それをどんな状態でも丸ごと受け入れ

自分に寄り添えるように歩んでいるんですから。ね💗

 

 

自分の意識と無意識が

手を取り合って歩み成長するのを

 

植物が育つのと同じように 時に待って育む気持ちを持ってあげてください。

 

 

そうしていると

自分を客観視できてきて

意識的に気がつけることが増えてくるので

 

あっ そうか、と

意識的に以前とは違う行動をとってみるのも大切なことです。

 

ちょっとした勇気と行動をしてみてね。

 

 

 

量子場調整は治療のように

丸投げ依存させるためのものではないんです。

 

 

 

 

量子場調整師があなたをコントロールするのではなく

あなたの新しく輝く意識が あなたの人生をクリエイトするのです。

 

 

私たちは、場を軽やかにし 

掃除をし、後ろからちょっと支えているだけ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本来の光りがわからなくなるほど

周りに合わせてた自分から解放されると

 

無意識とコンタクトがとれるようになってくるから

だんだん感情が出てくるってことはよくあります。

 

なんか調整してから少しして 

怒りがおさえられなくなっきて 腹立つんですよー

 

こういうこと 量子場あるあるです(笑

 

 

今までは 我慢できていたことができなくなったり

怒るのはみっともないとか 

そんな汚い感情を自分の中に認めないとか思っていた人は

 

 

怒りが 自分内側に存在するのを認められるようになると

それを味わうようになるの。

 

怒りを 悲しみを 悔しさを 嫉妬を 味わうのだ。

 

感情を怖がらないでいいよ。

 

 

 

これを受け入れられたからこそ

 

うれしいを 

幸せ感を感じられるようになる。

 

 

あたたかい血の通う「愛」を自分にも相手にも感じられるようになる。

 

 

やっと

 

やっと

 

どっちも いいとか悪いとかジャッジせず

感じることができるようになるのだ。

 

 

量子場調整を受けて

いい子になる(見せる)んじゃなくて

 

 

自分の中の ヤンチャなとこや

わがままなとこや

気い使いなとこや

あったかいとこや

どうしようもなく はげしいものや

 

ありとあらゆる彩りのものを

許せる 

 

受け入れて愛せる自分になるんです。

 

 

そして他人もそうなんだと。

 

自分も他人も「存在」にリスペクトできるようになってゆくのです。

 

mahalo

 

 

0 コメント

私さえ我慢すれば・・・・

前回も 我慢 のこと書きましたが、

第二弾。

 

「私さえ我慢すれば・・・・」

 

こういう無意識の状態の方はとてもに多い。

 

最近 我慢を手放したいクライアントさんの

量子場調整がけっこう続いている。

 

もーーーーー ホント いや!

我慢やめる!と 語る。

 

 

もう我慢の時代は平成の終わりとともに終焉にしてもいいよね

 

世の中、我慢してないと生きられないのよ!という教えは

本当だろうか・・・自分の中にあるなら疑問を持ってみてもいいのではないだろうか?

 

過去のパターンはいっっくらやっても辛いなら

新しいパターンを試してもいいんじゃない?

 

 

我慢の人生。。。

 

何を隠そう私もそのひとり・・・「だった」

 

女が我慢すればいいんやから と母に言われ

泣き暮らす母を見て 自分が負担をかけないようにしないとと甘えたりできなく

その概念を 疑いもなく受け入れていた。

 

でも量子場調整のおかげで ほとんど過去形になれた(感謝感謝✨)

 

 

 

無意識で我慢している人は

 

威圧的な人、権力、パワー、社会の目 に自分の軸を保つ力がないのだ。

 

言えない

 

合わせる

 

もめるくらいなら黙っておく

 

自分さえ黙っていれば丸く収まる

 

周りのことばかり気が行き

 

その状況にどうやっていればブナンに済むか

楽しいフリの笑顔で時間をやり過ごす

 

ずっとそれをやっていると

慣れてしまい

 

本当の自分がわからなくなってゆく 

 

いつも我慢してることもわからなくなる。

 

でも体にはどこかいつも緊張があって リラックスできない

 

でも、我慢していつも周りに合わせるというのは

楽な面もある

 

考えなくてもいい

言われた事をやればいい

 

だからそれを手放したくない人も実際いるんだ。

 

ただ

平気と思ってたり どうやって合わせるかだけをやり自分を無視し続けると

自分の中に違和感が出てくる。

 

楽しいとか 美味しいとか なくなっている

 

自分と繋がってない感じがしてくる

 

今を楽しむとかわからなくなって 周囲の目の中 不安だらけになる。

 

一見笑顔で無難に過ごしてるようでも・・・

 

ちょっとした事で 私はこんなにやってるのに!!!!!

 

突然抑えきれないような湧き上がるものがある。

 

なぜ 私をそんな風に扱うの・・・(悲)

 

と、大切にされない自分 ぞんざいに扱われる自分を

モヤモヤという形で垣間見る。

 

怒りを表現できる人はまだいいかもしれない

 

モヤモヤしてモヤモヤして・・・まだ我慢が足りないのか・・・・

結局 自分が悪いんだとをまた閉じ込める。

 

うやむやにして

ごまかして

すり替えて

いい人ぶって

溜め込んで

無視して

 

自分が自分を大切に扱わなないから

周りも同じように 粗末に扱ってくれる。

 

ますます 「ほっておいても雑に扱っても大丈夫な人」カテゴリーに入れられ

 

力でねじ伏せたり 暴力を振るったり

雑に扱ってくれる人と 縁ができる。

 

または、相手をそういう人に仕立て上げることができる(怖)

 

ますます奴隷のようになってゆき

被害者の意識から気を病む

 

病気や不幸になったほうが それはあなたのせいだ!と言えるからだ。

 

そしていつまでも自分を好きになれないでいる。。。。。。

 

 

 

恋愛や結婚においても

 

パートナーを粗末に扱う人

力で制そうとする人

そもそも異性を見下している人

 

そんな人と ホントにあなたは一緒にいたいのか?自問自答してみるといいい。

 

 

職場やいろんな集まりでも

 

世はパワハラやセクハラも表面化している

これらは何を私たちに見せているのか考えてみる。

 

また、教祖様的な組織なら 去ったほうがいいのではないか

考えてみてもいい。

 

教祖様的な組織は 必ず崩壊する。

裸の王様の元にいるのが楽しい人はいればいい。

 

 

家族との関係は とても難しさが伴うかもしれない

 

でも 一方的にひれ伏せる必要はないのだから

自分の尊厳を守って 言いたい事を表現するといいよ。

 

言葉にしないから いいだろうと相手に伝わってないことも多いから。

 

 

我慢している人は 自立というものもテーマとなっている。

 

魂は、本当は力に屈しないで 自分の力で いろんなことをやってみたいんだと思うよ。

 

力を循環させて使うには 重い概念を解放するといい✨

 

量子場はそれを少し 後押しできる。

そして、あなたの力だけじゃない 時間を取り戻すのだ。

 

 

その上でいろいろ自分の人生で実験をしてみる

以前より もっと気を楽にね。

 

 

みんな未知な明日に向かって生きているから

 

未知で やってみないとわからないのは

あなたも、友達も、親も、企業や組織も、国も、世界中が同じ。

 

不安とみるのか

チャレンジとみるのか

 

 

 それぞれの観点で どうぞ新しい世界を作ってください。

 

 

泣き寝入りなんか、しなくていいのだよ

 

どうせ私なんか・・・って 決めつけなくてもいいんだよ。

 

 

毎日 何らかちょっとでも光の方向に

軽やかな方向に

楽しい方向に

 

あなた自身が導いていくように 応援しています✨

 

mahalo

 

 

 

五十にして天命を知る。には屈する我慢をやめよう

今までできたのに もうできなくなった・・

 

それは

体力の衰えからきているものだけじゃない

 

「もうやりたくない!」

という内側からの声かもしれない

 

声というか 叫び みたいな

 

もういやっっっっっ!したくない

 

もうやめて もう苦しいことはしないで 

わたしを大切にして  お願い。。。

 

********************

 

共通な認識として私たちの中にある

歳をとって 

体力が衰えて

それによって気力がなくなって・・・

 

気合いを入れねばと思っても

前できてたことに気力さえなくなる

 

若ささえあれば・・

体さえ動けば・・

 

もう歳だな と あきらめ

自分をポンコツ扱いし

 

結局 親もそうだったし 人生なんてそんなもんじゃ。と言い聞かせる。

 

 

でもある時ふと思ったんだ。

 

長いけど よく読んで欲しい。

 

魂を内包した肉体を持って生きる私たちは

 

生まれてからずっと この物理社会に生きることを教わり 

なんとか身につけようと必死だ

 

幼少期は舌を使いいろんなものをベロベロ舐めまわし、

 

口腔の感覚と物理的なものを結びつけ認識を深めてゆく。

 

そしてだんだん言葉を覚え 食べると排泄を覚え 

つかまり立ち世の中が立体である認識をしてゆく

 

子供の頃は魂的でスピリチュアルな部分が大きいので 物理的世界の狭間で

 

感覚と感情と好奇心全開で

時に親たちを驚かせる。

 

でもだんだん自分が生きてゆく上で

物理社会のルールと規則を守ることが一番大切なんだ。と周りから学ぶ。

 

言う事を聞く いい子にならなければ、お母さんが悲しむ(無意識だが)・・・・と

 

反抗が抑えられない子もいる(でも我慢だけになるよりまだ幸いかも知れない)

 

親を観て 周りの人を観て 

そうやっていろいろ観察して場を読んでどのように振る舞うか学び

 

環境に順応しようとする。

 

そして、迷惑をかけないように。

 

 

「魂の声」よりも「大脳の思考」が占めてくる。

 

怒り辛い苦しい悲しいを封印して

 

理不尽なことや 矛盾を抱えながらも

 

なんとか肉体を存続させることに徹してゆく。

 

そして葛藤の中

出来上がるのは ありきたりな疲れた表情の薄い不安だらけの大人。 

 

我慢がベースになっている事さえ わからなくなっている。

 

しちゃいけないことと しなきゃいけないことだらけで

したいこと にフォーカスする事を知らないで育つのだ。

 

だから、だんだん息が苦しくなってくる。

 

 

私も以前 自分の中の違和感が無視できないくらいになった

 

そんなある時 ふと不思議に思った

 

なぜ自分はこんなに疲れているのか・・・・?

なぜ世の中の人々はこんなに疲れているのか・・・?

 

 

 

例えばよ。

 

例えば、自然界の同じくらいの体格、体重の動物 ヒョウなんかは

とてもとても めちゃくちゃ力強い

 

しなやかで 底知れないパワーを感じる

同じくらいの体格なのに人間は なせそんなにパワーがないのか

 

みんなうなだれて街をゾンビのように歩き

 

居酒屋でくだを巻き やってられない!と「ごまかし酒」をあおる。

 

医療が発達してるといってるのに病人ばかり。

精神を病む人も 自殺も増えている。

 

 

我慢 制限 

生まれてすぐから その中で生きる

 

地球に生まれたからには それもゲームのルールのようなものだろうけど

 

ちょっと制限がキツすぎるのだろう

だから現代人は こんなに疲労困憊している

 

何かを以前のようにできなくなるのは

 

歳をとって体力がなくなって気力がなくなるだけ・・・

ではなくて

 

制限がキツすぎる中生きて、ストレスで早くから老化し

もう我慢がならないと言う魂の叫びに気がつくため体や精神がストップをかけている

 

じゃないかな

 

だから 以前のように我慢ばかりしなくてもいいよ!という

肯定的なメッセージとしてとるといいんじゃないかな

 

 

あなたも私も

物理社会で生きるすべはもう身につけたよ。

 

言葉も覚えたし包丁もどうやって使うか知ってるし 

時間を守る日本人の性分をよくわかっている その他色々もう十分。

 

だから今度は立ち返って 

 

あなたがあなたの魂に触れて生きてくださいと言う時がきてる

 

どうやって生きてゆくかわからない・・・・

何を自分がしたいのかもわからない・・・のは

 

物理から魂への意識の移行が起きているんだ。だから葛藤や不安はあるさ。ね。

 

だから迷いながらでも生きてください

それでいいと思うよ。

 

30代って いろいろ戦ってるしね。

 

「四十にして迷わず」 って言うけど

 

・・・迷うよね!(笑

 

めちゃ迷ってたわ。

 

でも、その迷いの中でおぼろげに方向性が見えてくる頃だと思う

 

ま、「五十にして天命を知る」 だから

 

50歳くらいになって自分の天命が見つかるでいいんじゃないかな

 

え、60、70過ぎたけどでもわからない!?

 

と思ってるのは思考の部分で

 

魂に聞いてみたら なんらか答えを持っていると思うよ。

 

そして今あなたが気持ちよく生きられているのなら

それは天命に沿っているんだという証拠じゃないかな。

 

気持ちよくなかったら(気持ちいいふりも)

それはそれで悪いわけではない。

 

どういう風に生きるかがあなただから。

 

そのまま行くもよし

軌道修正をしたいならそれもよし

 

 

胸に手を優しく重ねて

目を閉じて

自分の魂と呼吸を合わせて感じてみてください。

 

私たち日本人は特に 無意識の我慢に気がつく必要があるね。

 

我慢をゼロにしろというわけじゃない。

ただ、屈している我慢というのは減らしていかなければ自分の尊厳が守られない。

 

 

もし同じような我慢ばかりを強いる生き方を子供達に伝えるなら

それは酷だと 個人的には思う。

 

だからこそ

 

今いる大人が 自分を満たす事をする その背中を見せる必要もあると思う。

 

もういい大人になったあなたが

自分に立ち返り 幼い頃から満たされなかった

 

人生を楽しむ。地球を遊ぶ。人と戯れる。

力を借りる。声を上げる。表現をする。

 

 

これを子供たちとも一緒にできるといいね。

 

屈する我慢を捨てて、力を取り戻してください

 

mahalo

 

毒吐くわたし。

毒気って あなたの魅力かもしれない

 

 

いつも来てくださる方が 

面白いことを言ってました。

 

その方は自分の中の毒を 

ちゃんと認めていて

 

また、その毒が 面白かったりして

たまに私のツボにはまるのだ。

 

その方は子供の頃から

世の中を斜(しゃ)に観てたそうで

 

 

 

ハイジとか キャンディキャンディが 嫌いだったと

だいたいそんな キラキラ明るいばっかりのヤツいるわけねえ

 

それより、ペーターとか イライザとかの方が

人間らしく正直だと幼少期から思っていた、、、、と、

 

それを静かに話す(笑

 

 

それでもだいぶ量子場で毒が薄くなったね なんて

私も本音。

  

そして2人で笑ってよかったね~と楽しんでる

 

お客さんという枠を超えて

 

お互いの毒も含め 愛おしいと思える

 

垣根のない人間みを味わうような

 

それを尊重しあっているような時間

 

私には宝物です。

 

*******************

 

人間の体内は 宇宙を形成している成分でできていて

細菌や微生物もたくさん存在している。

 

中には猛毒と言われる 六価クロムやヒ素なども体内に内包している。

 

人は毒気があるというか

文字どうり 毒があるようだ。

 

多すぎると非常に問題なのだろうけど

適度には毒は 逆に必要なのだ。

 

そして毒は違う側面から見ると 薬でもあるかもしれないのだ。

 

なんの薬かというと その人の「魅力」という薬 

 

********************

 

自分の中に 毒のような感情がある

 

それを そんなもんあってはいけない!と無意識でひた隠している

それに気がついてない。。。

 

なんてこともあるし

気がついてても見ないふり 無いふりしてることもある。

 

怒りなんてない!

恨んでなんてない

憎んでなんてない

嫉妬なんかじゃない

 

って全否定しなくても

あってもいいんじゃないかな?!

 

過去に感情的になっている人を観て「醜い」「品がない」と思って

それはいけないって思っているだけかもしれない。

 

そういう表現方法を 自分では選ばないとしても

 

感情いろいろあることは認めた方が楽だし自分との信頼も深まるようだ。

 

 

表現法を考えて自分なりに表現すればいいことで

表現自体を抹殺する必要はないからね💕

 

 

癖もあるじゃない いろいろね。

 

癖もある意味 毒だね (笑

 

特に40も過ぎると 男も女も癖が強調されてくる。

 

岩のように頑固なとこ

ヤギのチーズのような独特なとこ

絡まった毛糸のようにめんどくさいとこ

猛獣のように本能を止められないとこ

納豆の粘りのようにしつこいとこ

虎視眈々と相手より優位にいようとするとこ

とんでもなくズルく怠け者な一面があるとこ

怒りや恨みが富士山級に積み上がって復讐を企んでるとこ

ホッケのように開き直ってるとこ

大人になったのに自己表現が下手なとこ

 

いろいろあるでしょ

 

 

って、この例えを書く私も

かなり 毒吐く人やわ~(笑

 

 

 

開き直って。。。。毒って 味わい深いですね。

 

 

毒に毒を吐くこともあるけど

その時はめっちゃ腹たったりするけど、

 

時間が流れて

 

状況が変わったり

 

時に失ったり

 

それでやっと その人に人間味だった。と

 

それも不器用な愛だった。とわかるかもしれない。

 

 

あなたが毒吐いても

あなたは自分を責め過ぎないでね。

 

逆に、毒吐かないで 

わたしの中に汚いものはありませんブってる人のほうが

 

無理してて辛そうだし 違和感がある。

 

 

でも、毒がたまりすぎて困るなら解放しにきてください。

 

 

毒抜くと 可愛い自分がいるものですよ。

 

ピュアな自分を垣間見てください✨

 

 

今日は十六夜 (いざよい)

十五夜の次の日の月の出は30分以上遅いんですって

 

福岡タワーの真上に見えて 綺麗でした。

 

mahalo

 

健康フェス@東京:10/14 明治大学

東京で健康フェスにブースを出します!

 

お試し量子場調整 ¥1,000  20分

 

お近くの方や 東京にお知り合いがいる方も 

入場料無料ですので お気軽にどうぞ♡

 

🔷 総合健康学フェスタ 2018 🔷

日時:2018年 10月 14日(日)10:15~17:00

場所:明治大学 中野キャンパス 6F

   クロスフィールドラウンジ

 

食、気、心のジャンルに分かれ

量子場調整は心のブース 2席で行う予定です。

 

そのほかいろいろ面白そうなブースぞろいです。

私も休み時間は他のブースで遊ぼうと思ってます。

(どこも、¥1,000でお楽しみできるそうですよ)

 

 

主催の日本総合健康協会の天野さんは

10年越しのお友達で エリート薬剤師さん。

 

世の中いろんな健康フェスがありますが

より、クオリティの高い 人々が必要であろう

そういうものを集めたフェスをしたい!という熱い想いで

主催してくださっています。

 

 

2年前くらいに主催の天野さんに量子場調整をしたのですが

大変感動されて、

 

今回のフェスでも量子場調整 

いろんな人に体験してほしいー!とめちゃ押し。キラキラお目目でした(笑

 

 

楽しみでーーーーーす✨

 

 

mahalo

 

忘れていた快感!

ずーーーーーっと忘れてた喜び

それは 思いっきり走ること。

 

 

きっと、私も4歳くらいまでは走り回って

そーとーやんちゃだったと思う

 

でもだんだん表情の硬い

親の顔色ばかりを伺い

言いたいことを言えなくなっていき

 

原因不明の肝臓病で入院したり虚弱体質と言われ

小学生の頃 もうすでに走るのが嫌いだった

 

それからずーっと走ることはあまりやってこなかった。

 

かったるいし苦しいから。

 

それが昨年くらいから 量子場調整を重ねて

徐々に心が軽くなってきたからか

 

「走ってみたい!思いっ切り!!!」と思うようになってきた。

 

半世紀越えの年齢で そんなことをふと思うようになった

そんな自分にもびっくり笑えるのだが・・・・ 

 

なんだかワクワクするのだ。

 

 

******************

 

量子場調整を知るだいぶ前 2007年  

 

とうとう体が急に動かなくなって(今思えばひどい自律神経症)

 

仕事をしようとすればするほど吐き気がして

子宮筋腫と卵巣嚢腫も見つかり 疲労困憊。

 

思えば、人生ずっと我慢してきたので

 

腹にいろんな感情を知らず知らず溜め込んでた

というより、溜め込んでることさえわからなくなっていた。

 

体はそういうことに気がつきなさいと 病気というかたちで知らせてきた。

 

で、どうにも辛くなって癒しを求めて

ハワイに3ヶ月。

 

 

というと聞こえがいいけど「逃げた」のだ。

 

 

そして帰国 留学の準備をしてまたハワイに1年。

 

また逃げた!笑

 

 

どう思われようと 逃げないと精神がおかしくなりそうだったから。

(というか もうおかしくなってたわ)

 

なんか違和感だらけだったの。

自分の中に人が二人いて 極端に違うことを言っているような。。。

 

今思えば、意識と無意識の乖離がMAXになってた

やばかったねー

 

 

親からは「逃げるな!」と育てられたが

 

結果、逃げてその後は人生を好転することに。だから本当 逃げて正解 よかった!

 

思いっっっきり遠くへ しかも2回も逃げてやったぜい! 

 

 

もちろん仕事仲間への罪悪感はあったけど、

どこかで親の言いつけを破った自分にルンルンしてた。

 

 

でも、ハワイに癒されながらも

 

体はどんどん重くなるし、ちょっとしたことで息切れするし 年だな~なんて諦めかけてた。

 

 

何だかダークでヘビーな抑圧した消化できない思いが

あり出口を求めてるような 誤魔化せないようなそんな重さがひどくなって行った

 

 

もうサルサも踊るのがしんどいし

ヒールなんて履いてなんて踊れない。。。悲しかった。

 

 

帰国後、悶々としたところはあったけど

ロミロミでちょっと光を垣間見たな~もっと知りたいな~と思っていた

 

そんな中

量子場調整®︎を知った。

 

それはもっとはっきりとした光の世界でありながら

しっかりとした理論と検証ができる

 

まさに私が求めてた世界!発見!みたいな

 

浄化と希望と拡大の世界✨

 

 

量子場調整を人に対して施術も行ってますが

それ以上に自分にはほぼ毎日調整をする。

 

クライアントさんの人生の課題は自分の課題でもあったりするから

人ごとと思わず

 

量子場師になってここ3年 私は私をずっと

 

内観して いらない概念や パターン トラウマのリリースを繰り返してきた

 

いろいろ手放して

ムム!まだ出てくるのか!@@と驚きながらも手放して

 

こんなことが波動として私に残ってたのか!@@と驚愕としながらも手放してきた。

 

 

心の解放が進むも なかなか肉体がついていかないもどかしさを感じていたが

 

いろいろ量子の観点から、物理の観点から、気の観点から

いろいろやって

 

探求と自らの人体実験を繰り返し

最近やっと肉体が追いつき出したようです。

 

やっぱり子宮を含むお腹全体の謎解きがすっごくかかりました。

 

今も解明途中だけど だいぶお腹と仲良くなれてきた。

 

そして、心身ともに軽やかさを取り戻しつつある中での

 

 

ふと「走りたい!✨」が出てきて

 

ん?多分、ちょっと先の未来 自分は走れてるんじゃないかな?と

今現在の方が ギャップだ。みたいなことを感じていた。

 

 

 

とは言え 走ろうとしても最初は、ゼーゼー バクバクして

ちょっとしか走れなかったけど 

 

だんだん距離が伸びて

 

走るのがやっと楽しい!と感じられるようになってきた。ここ1ヶ月。

 

全身を使って走る中にエクスタシーがあるんです✨

 

 

あっつい夏の夜に走るのを夕方くらいから楽しみにワクワクしている自分の魂に向かって

 

正気か?!!!と よく一人ボケツッコミしてましたよ。

 

 

もうひとつびっくり。量子場調整をし続けていると 

 

肉体の全体をバランスよく使ってブレない軸で走れるのがよくわかる。

 

 

以前もなんとか走ろうとしたんですよ 頑張って。気合いで(笑

 

でも、やっぱすぐしんどくなるのは 

無意識だけど軸がブレてて

体の偏った部分しか使わないで走ったり

 

歪みを補いながら走ろうとするのでよけいに歪みが大きくなって

結局疲れてたんだな。

 

(X脚と外反母趾ありましたしね。今はどちらもなくなりました)

 

そっか・・・歪みがあるまま走ると 歪みが大きくなって 

結局自分をいじめてることになるんだな。。。なるほど

 

そんなことを理解し 

だから無理しないで 楽しい範囲でやろう。と、自分との約束をして

 

そうして時を過ごし体に寄り添ってきたら

最近は自分の走る足音も 軽さが出てきた。

 

 

とはいえ、100~200m走っては歩きを繰り返す程度ですよ。

 

それでも 6、7回くらい繰り返せるようになってきて

 

しかもそれが 全細胞が喜んでいる~✨ そんな感じ味わい

 

 

走ることにエクスタシーがあるなんて知ったの

人生初!

 

 

以前は、食べたものを帳消しにしようとか、

運動不足だからとか 太ってきたからとかしてたけど

 

そうじゃなくて、気持ちいいから走ろう!と自然に思えてる。

 

 

そっか「快」を基準に考えて生きていいんだな。

快の中に創造性があるな!と 気がつく。

 

その気持ち良さを味わうために

食事を少し変えたり 時間を考えたり自然とするし

 

そうすると少し体も締まってきたし、健康と縁ができていくのもわかる。

 

 

「苦」を基準にしてたら 苦の解消のために人は埋め合わせをしようとする。

 

穴ぼこを埋めるように・・・そうだといつまでも建設的になっていかない 

破壊的になってゆく。

 

 

そうすると

やってみたいこともわからなくなってゆくよね。

 

心身が軽やかになってくると

自分が忘れていた でもやってみたいことが再びできたりするんだな。

 

 

そんなことが自分の心身を通して

量子場調整を通して とてもよくわかった。

 

 

私自身も 走ることだけじゃないかもしれない

 

もっと違うことでも

あれもこれもやってみたいこと

 

無意識で諦めてたこと

まだ出てきたら それをやってみようと!

 

 

タイミングが来た時に 動く体でいたいとは思ってたけど

逆で、

 

体と心を大切にしたら いろんな思ってもみなかったタイミングが運ばれてくる。

 

 

それは絶妙で、楽しさを含んでいる

そうゆうことのようなのだ。

 

 

だから ワクワクして生きていい

 

あなたもワクワクして生きる選択肢を遠慮せず選んでね。

 

 

「量子には知性がある」

そんな院長の言葉を思い出して

 

ますます ほんとそうだわ。と感じている今日この頃です。

 

 

その世界は、過去からの思考と

恐怖を超えたところに存在します。

 

mahalo