528Hz の波動調整 JAZZシンガーの夢 Kちゃん

JAZZシンガーの夢 Kちゃん 量子場調整 半年。

 

Kちゃん 最初サロンに来られたのは5月 

 

笑ってはいるけど

まあるいかんじがなかった

 

直線的で どこかおびえて ガードして

女性であることを封印してるような

かといって男性的ではない

 

 

力がないからとあきらめて 自分の生き方を愛してはなかった

 

しかたなく今の生活を選ぶしかなかったと・・・

そんな40代お年頃

 

 

体は

カチカチでけっこうひどい50肩 痛いから動かしたくない

おしっこでにくい、足が浮腫みやすい、腰が痛い、体も弱い

 

自分には何もできないから・・・

ひとりで生きられないから・・・とよく言っていた。

 

 

そんな中 少しづつ 解放をかさねた

いろんな解放をタイミングを待ちながら少しずつね。

 

 

母の壮絶な介護のトラウマ

生理的に受け入れられない夫のこと

お金のこと

自責し続けていたこと

真面目すぎるとこ

人に気を使いすぎること

自分を不当に扱うこと

自分には力がないとあきらめていたこと などなど

 

このような制限されたパターンから解放されてきて

本人も だいぶ楽になってきた〜と喜んでいた。

 

 

そしてこの日 まさに量子の場がサッと用意されるようになってきていることを

めっちゃ体感して 光り輝いて帰られた。

 

 

本人は、

今日はお金に対しての自分の波動調整を。と思っていたそうだけど・・・

 

なぜかそんな話ではないことが話題になってく

今、モヤモヤすること

心がモヤモヤだけどわからなくて 結局

本人が

やっぱ、いいかっ。て 話をやめようとしたけど

 

いやそこ大事と。話をさらに

 

すると人とのコミュニケーションのこと

 

自分の表現を封印してたことが浮かび上がってきた

 

そっか ずーっと抑えていたんだ。

モヤモヤの原因がわかった

 

そうすると

自分がこれから先はどうしたいっていう強い意思が口をついて出てきた

(以前はそういうこと話してもな〜・・・と言っていた)

 

 

自分にとっての最高の表現は 歌なの!

 

歌で自分をさらけだしたい!

もっと言葉を増やしたい!

自分の体を楽器のように使い歌いたい

あらうるところから あらゆる方向へ歌いたい!

 

感動する歌はごまかしがないと知った そんな歌が歌いたい!

 

ふむふむ(話を聞いている私)

 

お!(私)

 

 

 

Kちゃんが話してる途中に

たった2日前にアドバンスで習った528Hzの調整がよぎる。

 

 

Kちゃんにその話をすると興味津々

 

 

参考までに

わお@v@ 528Hzの話 ⬇️

ひょえー 440Hzの話 ⬇️

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

528Hzは、祝福や愛の音階「ソルフェジオ周波数」

その効果は 

理想への転換、奇跡、DNAのらせん構造を両方破壊されたものも修復する。

この周波数を元に海外の医療現場では治療の一環として活用され始めている。

この周波数は人を癒すヒーリングトーンであると言える。

 

440Hzの周波数は「デビルトーン」 一言でいうと俗社会の周波数。

人を攻撃的にしたり不快にさせやすい。

怖い話ですが、TVや人気アーティストの楽曲、

お店のテーマソングなどいろいろ活用されてるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さっそくKちゃんにこの528Hz調整をする。

 

 

その前に、最初そのままで発声

いっしょうけんめい声を張って出している感じ

のどが苦しそう。

制限があるかんじだね〜と話した。本人も感じていた

 

 

そして、528Hzに調整 すると、

すごい気持ちいいぞわぞわ勘が ハンパなーーーーい

わ〜〜〜〜@@ 何コレ!?

頭の先まで@@ 上に持ち上がるような とりはだ〜〜〜〜

 

それで発声してもらう

かる〜〜く声が出て 声のトーンが確実に違う

 

部屋に響く感じがさっきとまったくちがう!!!

 

場も違う!

 

この部屋全体に反響するけど とても気持ちいい 高い感じ?何????

わーーーーーーーーーっ (二人 大興奮)

 

 

そして、なんと Kチャんは前日、歌のレッスンがあって その時

なんで私の声は制限があるんだろう・・・

 

もっとあらゆるところからあらゆる方向に歌いたいのにと悩んでいたと。

 

ん〜〜〜〜この悩み 何とかならないのか・・・

と、切実に思った次の日の調整で コレ。

 

 

きゃー

もう実現した!  早っ!

しかもこんなに楽に!

 

自分だと限界があることも 波動を通して調整すると

ありえないスピーディーさ

 

ちなみに440hz設定してみて 発声すると

うん、やっぱ トーンも低いし

部屋に心地いい反響もない。声に伸びやかさがない。

 

 

そんなこんなで 本人もびっくり体感の周波数の差。

 

ちなみにちなみに

ステキな歌声は 528Hz 440Hzどちらの周波数も設定するといいらしいです。

歌とは 人間の感情などいろんな部分があるからでしょう。

 

 

てなことで、

そのようにすると、

 

すご〜いイイ感じの 歌声になりました。

 

 

いろんな音階の声が 楽に出てる様子。歌、シロウトの私にも明らかにわかる。

 

 

本人いわく「皮膚の穴が 開いてきた」といってました 笑(わからん)

 

Kちゃん 調整後は存在がハッキリくっきりして光り

やわらかさが増したけど軸がしっかり そんな感じでした

 

KちゃんのJAZZが 聴いてみたいな〜 

(写真はイメージです)

 

 

半年前

おびえて人に気を使って 自分の表現を抑え続けていたKちゃん。

 

今日、自分の「意」を口にしたとたんに 

サッと自分の思いが叶ったことを目の当たりにして

 

 

表現をもっと素直にしていこうと決めたようです。

 

そして、自分の求めるものを引く力が自分にもあること

 

受け取って循環させることで豊かになっていけるんだと

かんじられたようです。

 

皆さんの前で 酸いも甘いも経験した ステキなJAZZを歌う日がくるでしょう。

 

 

 

私は私で、528Hz調整をアドバンスで朋美社長に習った後、

 

「わー これ 早くみんなにも試してみたいな〜 歌手の人とか歌声変わるかな? どうなるんだろう?やってみたいな〜」と

 

軽くとイメージしてたのが早速叶いました。

 

 

こういうふうに準備がされるのですね。

 

量子、宇宙 おもしろい!

 

あーおもしろすぎる⭐️

 

 

 

あ、528Hzは 癒しの周波数なので、歌う人だけではなく

一般に健康面でも設定するとスゴくイイ感じですから

興味のある方はどうぞ言ってください。

 

えもいえぬ軽やかさがあります。

 

 

その他にも 年末 

ちょっともう死が近いかも・・・・という状態だった80歳の方が

現在 持ち直してきている。 528Hz効果も加わったからかな。

 

その娘さんと私で驚いています。

 

場が軽やかになると 体が生命力を取り戻すのでしょう。

 

それにしても その方の生きる力に私も感銘を受けました。

 

 

今年もいろんな方がいろんな生き様をとおし

私にたくさん教えてくれたことがありました。

 

 

それらを通し 腹に落ちたことを大切にし

また恐れず いろいろ経験を積んでいこうと思います。

 

 

皆様にとって来年もよい年になりますよう

お祈りしています。

 

 

Mahalo

 

Y子ちゃんの3年の軌跡

Y子ちゃんの軌跡

 

Y子ちゃんがうちに来たのは約3年前

それから ひと月に約1〜2回来られてて

長いおつきあいになってきました。

 

今では大切なお友達であり同士のよう。

 

 

最初の彼女の印象は

虚の体質で パワーがない30代細身の女子

 

背中と首のコリがひどく 見たことのない寂しそうな目をしていた。

背骨の棘突起があちこちに方向に向き

胃の辺りが硬着 巻き肩で猫背。

よくない姿勢で胸腰椎移行部辺りがいすに当たるのか 

その辺りが黒ずんでるほど。

 

 

このころ3年前は量子場調整師になる前で 

ロミロミとゼニスオメガヒーリングをやっていたときでした。

 

それでも、どの整体に行くよりほぐれたと喜んでました。

 

施術終わって家に帰ると 小さな息子が駆け寄ってきて

ハートにKissしてと突然言ってきたりして

子供って なにかママが変わったのわかるんだね〜と

Y子ちゃんと話した記憶がついこの前みたい。 

 

 

 

彼女のことを書いてみようと思ったのは

 

彼女はなかなか上手にロミロミと量子場調整を人生に取り入れ

自分の進化に活かし とてもスピーディに変容している美しさがあるからです。

 

だからといって 彼女の人生イヤなことが全く起こらないとか 

そんなことではないの。

 

彼女は 自分の人生を 

「自分らしく創造」 したい意に忠実で そこはに力強さがある。

 

だからいろんなことがおきても

もう 以前のように感情をとじこめなくなった。

 

ざわつく心やイライラを無視するんじゃなくて気がつき 調整の意を口にし

起きた出来事を 肯定的な観点から学びとしてきた。

 

だから、波動調整はその意のとうり、さっとステージを変え

 人生を思い通りにするため加速させる手伝いとなっている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女はうちにきた3年前はある会社の従業員だった。

 

やめたいけど ひとりで稼げるか自信ないし、

人の評価を気にしすぎ疲れるし・・・ でも

 

でも彼女は会社を辞めた。

 

がまんしていきることにサヨナラした。

 

そしたら、Y子ちゃんのいろいろ現実が動きだす。

 

そんな中いろんな経験から腑に落ちることの連続だったようです。

 

今の職を選ぶ要因となっていた幼少期のトラウマがわかり

トラウマはツラいだけじゃなくその後の職業につながってたこと。

 

倒れるほど犠牲になってでも働いてしまう自分 の謎は

母が熱心だった宗教の影響が大きかったこと これを解放すると激変した。

神は見ている。といつも監視されているような恐怖。

 

宗教的なとても深い罪悪感を手放した時は スッキリさが尋常じゃなかった。

これも 手放す前は、

罪悪感を本当に手放すきっかけになるようなことが起きたりした。

 

新しい家に母もいっしょに住むことになったことからわかったこと

母との関係 母の働き方を見ていたことからの自分への影響

 

夫との関係 

自分に対する信頼が深まると夫が息子が優しく接してくれるようになったこと

女性性を取り戻していくと わかりやすく現実が幸せな方向にまとまった。

 

自分を正当に守っていいんだ!とがわかったこと

これも、守らないとこういうことが起きるんだということがおきて

びっくりもしたけど 肯定的な観点から見る力が確実にでてきた。

 

自分の波動を小さな息子がすごく共鳴しているのに驚き

ますます自分が幸せであることが大切だとわかったり

 

幼少期からの 私は体が弱いという思い込みがつくり出していた現実に気がついた

病気になったら母が優しかった が 

成功体験となって健康から自分を遠ざけていた。

 

仕事には対人関係のトラウマをどんどん手放していって

いろんなあたらしい おびえてないコミュニケーションができるようになり

自分への信頼度があがってくると

周りの信頼も得られるようになってきたことが見ていてわかる。

 

稼げないかもなんて心配 どこえやら。

会社やめてからなんだかんだいろいろな仕事が舞い込んできた彼女。

 

今年一年は大手企業との仕事もあり

今年はいろいろ経験を積むと言ってた通りになったようですが

自分が求めていたのはここではないともわかってきたらしい。

 

 

 

彼女は根が素直だ。

この資質がより彼女の人生を加速させたようにも感じる。

 

それでも年末少し疲れてて

女性性が喜ぶようなことを必要としてるようだった。

 

調整後、クリスマスは息子とケーキをいっしょに作ろう! 

でもスポンジ台は買おうっと (笑

と、キラキラして帰られた。

 

 

彼女は毎瞬毎瞬 生れ変わっていった。

 

時に 進んでないように思えたり 

繰り返してるように感じたこともあるかもしれない

 

でも後から思えばそれは 

手放したことについてテストが来てたような感じだったのかもしれない。

 

 

これからはほんとうに自分がわくわくすることをやっていくと。

 

それを応援できる範囲で見守り 

これからも話を聴いていきた共に歩いていきたいです。

 

体も進化したね。 姿勢が変わり背中も美しくなり

以前よりも肉にパワーが宿っている。

 

 

 Y子ちゃん ありがとう

そしてこれからもよろしくね。

With Love💗

 

 

Mahalo

 

昔の最悪なときを基準にしてない?

もうあんなつらかったこと

苦しかったこと

 

二度と再び そんな思いはしたくない

 

と、ハッキリ言いながら・・・・

 

 

人間というのは不思議な生き物です。

 

また同じようなことを繰り返そうと 自らする

また同じようなことを選ぼうと 自らする

 

無意識で

「最悪な時」に自分の基準をチューニングしてしまうのだ。

 

そして、あれ?私って

 

こうじゃなかったっけ?

 

こうだったはず・・・

を繰り返し 

 

せっかく調整した波動をまた引っ張りだして過去をなぞり戻ろうとする。

 

体においてもそう。

 

も〜 やだ〜笑

 

 

あの時に比べたらまだマシ と

 

あの時(最高ツラかった過去)を基準点とするので

 

そこをいつも意識してしまい

 

意識すると

近づく。。。

 

 

量子場調整のなかで

 

過去のいろんなクセを

今を生きることを難しく ツラくしている反応を

 

もう必要ないと

そのパターンを手放していったら

 

その後必要なもの!は

 

過去が片付いていったら 「光のさす未来」

 

どうぞ未来の⭐️を掲げるところまで

顔をあげて わくわくして歩けるその方向が決まってくるまで

 

自分を導くことをやめないであげてほしい。

 

 

過去の重いものをリリースする時を部屋に例えると

 

入り口 そんなにゴミがあるようでなくても 

その奥に行くとでてくるわでてくるわ・・・

 

処理できない感情のゴミや 使えないものばかり積もり よどみ停滞している

そういう場合は 入り口付近からしか掃除できない。

 

そこからやっとその奥の 大きな歪みや恐怖や不安のパターンを

見つけては捨ててゆく

見つけては捨ててゆく

 

わ〜片付いてきた〜という頃には 空間ができ、身も心も軽くなってきている。

 

そこに新しいわくわくする家具を

少しずつそろえ そのわくわくとともに新しい幸せパターンを作ってゆく

 

幸せや豊かになることは、自分への「許可」がいるのだ。

 

 

許可してないと

あ〜あそこには こんな大きな黒い臭いゴミがあったのに

ここドよ〜んとしてても 寒くてもいいか。

 

あの最悪なときよりいいか。まだマシ。

(まだ・・・という言葉がでるのは MAXまで行くことを想定している)

 

 

そうしてまた自分を幸せや 軽やかさから遠ざける。

 

もちろん一気にはいかなくても

 

最悪のときと比べて・・・・と

この基準 やめようよ。

 

 

 

でも好きならどうぞ

 

過去はツラいけど慣れたとこでもあるから 楽なんだ。

 

でもこれは過去を否定的に受け止めているという証拠でもある。

(犠牲的 罪悪感 被害者 依存)

 

 

過去を肯定的に

どんなことを学習したか わかればそこは卒業したいはず。

 

卒業は 今からの新しい世界にだから、全く不安がないわけではないけど

広がりがあって高揚する気持ちと

自分への信頼が伴ってゆく

 

量子的 ギフトもたくさんおこってくる。

 

 

あのさ

自分にはコレくらいしかできないとか

大して役にも立たないとか

 

そんな 

自分をばかにするの やめてあげて〜

なんで そんな自分をいじめるかなあ?

 

ひとりドS 

ひとりドM

 

まあ すきにさんざんやってくりぇ

 

さんざんやらないと、

違う自分を知りたい って

変わりたいって

思わないもんね。

 

 

だから見守ってますよ。

 

誰かだけが早く進化するんじゃなくて

だいたい足並みそろって進化してるようですから むだに焦らないで。

 

 

mahalo

 

お金さんとの関係 人生、先払い

お金さんとの関係

 

キンさんじゃないですよ

 

おかね。

 

私たちが生きる中で

とても身近で重要で 

現代では切り離せないものですね。

 

 

お金が全てではない!とか言うけど

 

お金が全てに関わっているとも言える。この現実。

 

現実をとらえないで

お金のことを見ないふりや、無視して生きていると

ちゃんと向き合わされるようなことが起きたりもする。

 

世の中 お金じゃないよねと

 

本当にお金やビジネスに向き合った人たちが言うのは納得するが

 

いつも不足を感じ

お金のために働きながらこの言葉を

同じ境遇の人たちの同意を求めて言うのは 

 

あなたを巻きぞいにする呪いだと思う。

 

(あくまで個人の感想です^^)

 

でもこれって執着に見せない執着バリバリなんです。

 

 

怖いね でも

 

 

怖がらなくてもいいと思うんだ。

 

 

量子の場を観察することから

 

お金に対して自分がどう思っているのか

どうつきあっていきたいのか

 

そんな無意識がわかるんです。

(これは観察術講座で観ることができるようになります)

 

 

今までいっしょに観察してきたなかで

会社つとめの方は お金が必要だけど嫌っているってパターンが多い。

長い方は特にね。

 

本人は嫌ってないって言うんですよ。

 

でも波動はごまかせない。

 

会社に一日の1/3の時間を捧げ(人生の1/3)

その代償として給料をもらう 

だから お金のために働き犠牲になってる感をもっているのです。

 

お金=給料なので

支払うと減る、損に敏感になってます。

 

なんで、嫌ってて欲しがる。

 

要は お金といい関係ではないのです。

 

 

 

会社経営をされてる方の中でもわりといらっしゃるのが

売り上げがもっと上がればね〜とか言ってても

 

波動から観察すると

なんとかぎりぎりでも回せればいい。って

自分でも気がついてないけどそうイメージしているパターン

 

これも、

ぎりぎり 自転車操業でもいいやくらいだとそうなるし、

 

そんなに稼いではいけない って本人が思ってるのならそれが叶っているはず

 

ただそれだけなのです。

 

あ、お金さん あなたとそんなに仲良くなくていいですから 

という前提があなたの中にあるのです。

 

 

 

お金が自由に使えないでイライラしてる主婦の方

住宅ローンを背負って節約しか意識が行かなくなる人

ニートやバイトの人

自営業始めたばかりの人

先細りの仕事の人 など

 

それぞれ

お金さんをどう思っているのか・・・

 

お金さんを「人」だとするとすんなり近寄って握手できるだろうか?

 

 

お金さんとの関係がうまくいってる人は

ウエルカムで迎え、いごごち良くし 楽しい時を過ごし、感謝し信頼し

あたたかく送り出すだろう。

 

 

 

自分がお金さんに対してどういう概念をもっているのか?

まず認識する のも大切。

 

そして、認識してもなかなかそれを意識的に変えるのは困難きわまりない。

 

でもこういうのが ちょいちょいっと波動調整できるのが

量子場調整の醍醐味。

 

ちょいちょいっと

お金さんとの関係を量子的にもっとフラットにできる。

 

付け加えると

お金という限られたものではなく

 

お金も含めエネルギー全体の循環=豊かさ

 

この豊かさが自分に流れてきてもいいと

許可してないところを変容させてゆくのです。

 

ヘタな経営コンサルタントよりよっぽどいいんじゃないかと

(あくまで個人の感想です^^)

 

 

 

人間だって親しくなれば関係性が変わって行くように

お金だって 関係性は変わる。変えられる。

 

だいたい自分のお金の価値観って

親のお金の価値観だったりするだけだから、

 

でもこれは自分が出会う人たちの中で

いくらでも変えていくことができる。

 

 

 

ひとつ付け加え。

お金が入ったら◯◯しようと よく聞くけど

 

 

 

人生、先払いだから!

 

 

信じて放す

そしてどこからか巡ってくる。のようです^^

 

まずは大切な自分にとても必要なものに使い

お金さんといい関係に

なれる自分であると信じてあげてください。

 

 

mahalo

 

 

女性の中にも力がある。そしてムラがある。

女性の中にも力がある

 

だけど ムラがある^^

 

ムラがあって一定でないのが女性なのだ。

 

だから、 

一定のものをいつも求められ、

決まり事の多い企業に勤めるのはしんどいよね。

 

毎日同じようにさっさと家事をこなしたりもできなくても許してやって〜

 

 

私はダメだ〜 なんであの時できたことができないのか

なんでもっとバランスよく進められないのか

気分が、テンションが上がらないのは気合いが足りてないわ〜

 

とか、そんな問題じゃない。

 

 

女性は本来 ムラのある生き物だと ある意味あきらめよう(笑

 

だってホルモンに制されているんですもの

太刀打ちできないんですよ。

 

 

ひとつ大切なことを書きます。

 

もう一度

大切なことを書きますよ!!!!

 

 

ちょっと全然違う観点から考えてみてください。

 

そもそも

 

そもそもですよ!

 

私たちは、どっぷり社会につかり 

どっぷり社会生活に添うよう体を使い行動をしますが

 

 

そもそも

 

私たちの体は 生殖、繁栄を中心に作られているんです。

 

 

社会生活をスムーズにこなすための体のリズムに作られているのではなく

 

 

女性として生きるための 

女性としての生涯のリズム 

 

当たり前ですが(普段忘れてる)これが私たちの体の本来のベースなのです。

 

 

だから 体の声を無視し 社会に生活に合わせようとして疲れるのです。

 

体がゆっくりさせて〜と言ってても無視し 

しなきゃいけないことだらけになると疲れるのです。

 

 

女性は力がないのではない

リズムを崩してしまっているのだ。

 

 

それは あなたの思考が 「女性の体」を無視し、

社会生活中心になっているからなのだ。

 

ムラのある自分を受け入れ 

体の声を聴き それに合わせるように生きだすと 元気になるのが女性。

 

 

要するに

一言で言うと

 

イヤなことやめれば とたんに元気になるのが女性(笑

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

男性は射精でエネルギーの大半を消耗してしまうそうですが、

 

女性の場合は月経によって消耗する。

 

生涯の月経の回数は300~500回

卵巣では毎月 

生命をつくり出すためのエネルギーを完璧に蓄えた卵子が作られ続けます。

 

そう 使い予定があっても無くても ずっと。

 

排卵に必要なホルモンを作り

 

大切な受精のチャンス時に 

着床がうまくできるように子宮内の組織を整えたり

 

ここぞ!と言うときのため けなげに毎回毎回 準備しているんです。

 

 

もし、子宮や卵巣がしゃべれたなら

 

あーあ 準備してたのに今月も使わなかったね〜と言いながら 

月経のスイッチを入れることをやっているでしょう。

 

この生命活動のためなんと30〜40%のエネルギーを消費するそうなのです。

そういうふうに私たちの体は作られている。

 

思春期や更年期のホルモンの移行期をみても

私たちが 生命体であることを感じさせてくれる時の流れだ。

 

こういうことを改めて知ると 

 

自分が女性という「性」を無視できないことがわかる。

 

女性が力を発揮でき

才能を発揮でき

花となるには

女性らしく 女性として生きる

これだけだね。

 

 

どういうことが女性らしくなのかは

自分が知っている。

 

問いかけてみて そしてその答えたちを信じてみてあげてください。

 

そしていくつになっても

恋もして 大好きな人と抱き合ってください。

 

男女の性エネルギーの循環はとてつもなく大きいです。

 

そして、その性エネルギーは

臓器や骨、腺を満たし

 

さらに外側の社会に向けて使ってもありあまるほどのエネルギーとなります。

 

男女ともに 一番気持ちよくて

一番幸せな あたたかいエネルギー

 

もっとナチュラルに感謝したいものです。

 

 

 

女性の力

 

何かをする前から

私は年だから、疲れるから、力がないからとあきらめないで。

 

 

あなたの中には 力も優しさもある。

 

Mahalo

 

 

見分けるのはカンタン

見分けるのはカンタン

 

シンプル

 

 

今の仕事について 本当はどう思っているか?は・・・・

 

もし、お金が十二分にあって経済的に何の心配なくても今の仕事をし続けたいのなら

 

あなたはその仕事が好きなのでしょう。

 

イヤお金が十二分にあったら しないな〜という思うがパッと出てきたのなら

 

何かにつけて自分に言い聞かせてお金のために働いているのかもしれない。

 

とっちがよくて悪くて とか どっちが正しいか正しくないかでもなくて

 

ただそうであるということ。

 

そして、どちらも自分が選んだということ。

 

 

好きな仕事をしてる人だけが 正しいわけでもなく

(ただ、羨ましいと思っている)

 

自分が好きではない仕事をするのがいけないわけではない

家族のため 

住宅ローンのため

自分が食べていくため

経験がある仕事だから・・・

家を継がないといけないから

やりたいことの目的のため我慢して働く

 

それも生き方

 

今に不満をみつけ

ぶつぶつ言うのはいいけど

 

この先は どうしたいのかな?

 

その先は どっちの方角向かって行きたいのかな?

 

***************************

 

自分が幸せかどうか

 

見分けるのはカンタン

 

人の幸せを 心から喜べるかどうかだと思う。

 

うらやましさや嫉妬

ケッと思ったり

別になんともないけど・・と言いながらなんかおもしろくないと感じたり

そう長くは続かないよなど皮肉などが出てくるのなら

 

あなたは純粋な幸せ

の状態ではないかもしれない

 

それがいけないわけでもないし

そうでなきゃいけないわけでもない

 

ただそうであるだけ。

 

これから先はどうなのかな?

 

ちょっとくらい不幸がいいって それを続けるのかな?

 

幸せになることを自分に許したいのか?

 

豊かになることを自分に許可するのか?

 

わからな〜い・・・でもいいけど おしいな。

許可するって決めたらそうなっていくみたいだよ。

 

シンプルなのに

シンプルがいいのに

 

未来の方向を変えるなんて

もっと気楽にやってもいい。サッ!と

 

**************************

 

自分を大切にしているのか?

単なる自己中心的なのか?

 

見分けるのはカンタン

 

自己中は 気にしているのはやっぱり人の目

 

人にいい人だと絶対思わせたい

人に頭がいいと思われたい

人よりすごいと思われたい

自分が損しないように

自分がおこられないように

自分が同情されて優位になるように

 

だから 周りに対して過敏か または空気読めないか

 

評価を気にし

緊張し

比較を常にしているので

 

本人は 人前で笑っていても 笑顔でSNSアピールしてても

 

全く気が休まらない。

 

満たされないので(それを感じたくないので)忙しくする。

 

自己中の人は 内側は神経がピリピリして胃腸が弱い。

 

 

自分を大切にしている人は

自分の内がわにウソが少ない。

 

無意識と意識の乖離が少なく 

魂と肉体と一体感があり満ちたあたたかいものを感じることができる。

 

自分を大切に生きている人は

自分の軸がある

 

頑固とはまた違う(頑固は固執した思考) 

 

基準があり 広くリベラルに世の中を観ている

 

自分を大切にしている人は

全てにおいて穏やかでおとなしい・・・わけではない

(ソツなく合わせるとかしない)

 

 

むしろ自分の感情を表現し

 

外側の意見に揺さぶられることがあっても

自分が気持ちいい方向を選び踏み出せる。

 

 

自分を大切にする人は 等身大。

 

 

どんな自分で生きるのかはその人次第。

 

 

MAHALO

 

 

うれしい激変!おなかのなぞと子宮筋腫

うれしい激変⭐️

 

ずっとこの10年間

おなかが苦しかったんですよ

それが、たったこの1ヶ月で 

ちょー軽やかに激変

 

全く苦しくない(驚!

 

サロンに来られる方が、

「あれ?痩せた? えー何したんですかー!」と最近よくいわれます。

 

うれしいな〜 

その秘密を公開

 

 

 

子宮筋腫と言われて

全摘しないと大きくなるよ言われたのが2008年

 

その時は波動とか量子とか場とか わかってなかったから

医者からいわれたことが恐くて恐くて

それからその場を自分で大きくして

物理的にもそれを本当につくり出したのかもしれない。

 

 

大好きなサルサが踊れなくなるくらい腹部の違和感(悲

 

固さ 冷たさ 疲れやすさ ヒキツレ感

大きな岩が入っているような苦しさ

 

これね〜 わかってもらえないんですけどね、マヂ辛かった。

 

 

スーパーで買い物してて買い物かごがちょっと当たっただけで

うっ、、、、となる すごいおなかの違和感 不快感

 

小玉スイカを妊娠してるようなものだから

つかえて靴下が履きにくいし、 

横向きでしか眠れない

浮腫むし、食べなくても太るし

体が重く ゴミ出しに行くのさえゼーゼー

 

 

でも

量子場調整を自分でもするようになって

だーーーーーいぶ 軽やかになってたんです。

 

腹に溜まっていた重い思いや、がまん

幼少期の家庭内の不和の影響やトラウマなどそういうものをリリースし

スッキリと元気になってきていた。

 

無意識にスピードをもって軽やかに変われた。

 

 

ただ なぜか肉体の安定感がイマイチかな〜と

おなかの歪みが大きかったからか そこがまた物理的に引っ張り戻る。

 

これをもっと安定させて物理的にももっとスッキリしたかった。

 

 

そしてその謎は、後に だんだんわかってきた!

 

満月近くなると苦しかった(腹部血液が潮の満ち引きに影響受けている)

生理が乱れて来ないと血液が溜まって余計に苦しかった(満月が重なると悲劇)

排卵のとき圧迫感がハンパなく苦しい

丹田に力が入らず正中を合わせてもすぐ途切れる感じがある

朝ウ◯チが出るとちょっと楽になる

 

こういうことが複合的に絡んでいて何がどうなっているのか難解だった

 

 

今年の夏頃は特に辛くて

座っていると下から岩のようなものが突き上げてきて胃の辺りを圧迫

苦しくて食べられなくなっていた。

 

 

散々 トラウマリリースもしたしな〜

もう 感情的には落ち着いているのにな・・・何でかな・・・

 

 

そして、これを毎日少しずつやろうとピンときたのが

へそを開くマッサージ

(以前もちょっとやったがいつしか忘れていたの)

 

 

最初 へそ周りは どこをさわってもカタイし痛いし動かない組織だらけだったけど

すこーし動くところから動かす。

 

 

そして1ヶ月 体重は計ってないけど

あばら周りのサイズダウン

ウエストの再出現

へそ周りのサイズダウンとおなかの柔らかさを手に入れた。

以前の洋服がけっこう入るようになってきた。

 

そしてね、舌先の色が確実に変わってきたんです

おなかと口が繋がってる証拠ですね。

 

 

 

やったことは

ソケイ部と腎付近を動かし

順番通りにへそを八卦の方向に開きながら、その先に繋がる臓器を意識

胸部 腹部の筋膜リリース

腹部に若干の圧をかけながら膣と肛門の運動

ボールを使って会陰周り、内転筋、座骨周辺ほぐし

&あえて部分的にフォーカスした量子場調整も。

これらをゆったりと優しく行いました。

 

 

わかったことは

筋腫がお化けのように大きくなっていたわけではなく(脅されてた!?

 

その滞りの影響で周りの組織が動かなく固くなっていたこと。

特に小腸(大腸も)が固くなり

 

血管や神経など周りの組織をもつれさせたりしていたことで

おなかの組織が動かない固いものになっていた。

 

 

 

結論として

波動からという量子場調整と、物理的なマッサージやストレッチなど

両方を合わせることで 

大〜きな効果があることが自分の体の実験を通して改めてわかりました。

 

 

物理でできることは物理でやって 波動も調整すると

気・血・水 全部そろって循環しだす。

天と地とも繋がり気持ちいい〜です。

 

 

書くと なーんだそういうことか なるほど だろーね

ぐらいでしょ?

いやー 自分のおなかの謎説き めっちゃ難解でしたよ。

 

めっちゃ!!!

 

だって 月の影響 すごかったんですよ。ホント気付くまで時間かかった。

 

こういう過度に影響を受けすぎるパターンの崩壊には

量子場調整がとてもとても有り難かった。一発!

 

他にもね、女性の体について スゴくたくさん気がついたことがありました。

 

 

そしておなかが柔らかくなっていくと

その奥下に潜んでいたもっとディープなVOICEが聞こえてくるということ。

 

やーびっくりしたぜ

今回のVOICEたちも(笑)

 

・・・書けねーじぇ!(爆)

 

 

皆さんもご自分のへそ周り押すと固くなっていないか

さわってみてください。

 

へそは 以前 母と繋がり全ての栄養を受け取っていたところ

だからそこは全ての臓器と繋がっているのです。

 

そしてへそのすぐ下には小腸があります

小腸は あらゆる消化できない

悶々とした思いを抱えているところでもあるようです ⬆️写真

 

おなか やさ〜しくやさ〜しくさわってあげてください。

 

 

へそはただの穴じゃなかった。

人間の体の神秘!

 

 

そして、子宮筋腫 まだあるようなんだけどもう恐くないです。

ちゃんと調和してつきあっていけそう。

 

 

それとね、一概にはいえないかもだけど

筋腫を作る人って ほんとは子供を産みたかったのかもしれません。

疑似の妊娠のような意味もありそうです。

 

あと、母性 スゴく関係します。自分の受けた母性も自分の中の母性も。

家族との影響もすごく受けるんですね。

 

そして子宮に限らず筋肉組織などが大きくなる 固くなる(コリ)というのは

がんばり過ぎですね。

 

例えば 男性なら心筋などが肥大したり硬直してきたりも同じだと思います。

がまんや無理をして そして自分の感情無視して筋トレしてしまったのと同じ。

 

 

でもがんばってるときはコレに気がつきにくいさね〜。。。

 

 

 

「女性は女性として生きる」

そんな当たり前が難しい現代 この世の中

 

「堂々と女性として喜びの中で生きられなくて苦しかった」

 

そんな私の無意識が私を気がつかせてくれたんだと思う。

 

 

体につくり出される病は

頭では忘れてしまっている 又は 認めない

そんなものを形にして表してきます。

 

 

婦人科系の気になる方はまたご相談ください。

心のことも含め糸口が見つかった気がします。

 

 

子宮筋腫を通じて

ますます自分の体が大切に思えた

そんな体験でした。

 

mahalo

 

量子場調整って何回くらい受けたらいいの?

何回くらい量子場調整に来るといいですか?とよく質問されます。

 

人によると思いますが

月1で10回くらい受けるとだいぶ

本来の自分に近づくのかなという感じです。

 

 

 

軽やかになることを急ぎたい人は、2週間に1回 

とか

症状がツラい方、回復期、ご年配の方は、3日〜1週間に一回

 

3ヶ月くらい空くとなんかもったいないかな〜

 

あくまで今までの施術の中での 個人の感想です。

 

 

量子場調整は

● 一回で長年のトラウマが全部とれる魔法ではないのです。

 

表面に起こっている問題ばかりにフォーカスしがちですが、

それで傷ついたことがトラウマではないし、

その問題を消して感じないようにする施術でもありません。

 

同じような状況をたびたびつくり出す「根」のようなもの、パターンが何なのか?

 

そこに到達するためには表面からの解放から始めて

だんだん深いところに光が当たるような段階がいります。

 

ただ、コレかな・・・?と観えてきたら

深部のことを全て言葉で説明しなくてもよいのが

量子場調整の楽でめっちゃスピーディなところ。

 

少し思い浮かべてもらえば波動を観察ができますし、

影響がわかれば手放す意が本人に有るのか確認した後、即、解放できます。 

 

頭(大脳)でこのパターンをやめようと奮闘してたら 何年かかるのやら・・・

今世では無理 なんてこともあるでしょう。

そう無意識のパターンは自動的に作動するからです。

 

なので無意識から書き換える量子場調整は

人生の時間とエネルギーをよりすばらしいものに使えることができます。

 

一度手放したら もうそのことに力が奪われるようなことは基本的にないです。

 

 

 

医者に丸投げして任せるように 誰かが何とかしてくれるわけではないのです。

 

もうそんなのは手放したい。幸せになりたい。こんなのツラすぎるもう充分・・・

 

そう言葉で言っても 

聞いていると そうではないのだな〜という方も中にはいらっしゃいます。

 

それはそれでOKなんですが、本人はイヤだ と釈然としない表情。

 

確かに手放したい、が、

「でもその前に・・」が必ずある それは、

 

こんなに私ががんばってるのを認めさせたい

こんなに私が辛いことをわからせたい

私がこうなったのは相手のせいだと言いたい

私は犠牲者、被害者(で、まだいたい)かわいそうでしょ かまって

 

このような場合、

ここに執着があり 本人の深い念が解放を許してないのです。

 

ただ、今がツラいから(聞いてほしいから)手放したいと言って何とかして〜と

丸投げしてきますが手放す気はまだないのです。

 

 

それとか、こんな例も

子供の頃から、本当の自分の感情に触れずに生きてきて、

今さら恐いから感じずにスッ飛ばしてほしい

 

症状がツラいから、「がんばり過ぎたのは認める」とは言うが上っ面で、

症状を早く沈めてもらって早くまたがんばらなきゃと決めている。

 

本質に触れることを避け続け 繰り返しながらごまかすことに奮闘する。

なので本人が自分に目を向け愛を注ぐことに向かわない限り

病気や症状がなかなか改善しない。

 

なんでこうなったんだろう・・・悪いことしてないのに・・・がぐるぐる回想 

 

自責(他責)が状況を悪化させていることが腹に落ちやめると循環しだす。

 

 

●一回受けたら 

その後の人生、悪いことが全く起こらなくなるわけではないのです。

 

だれでも辛いこと悲しいことは起こってほしくない。

それはわかるんだけど、

うれしいこと ハッピーでラッキーばかりしか認めないのも偏り。

 

生きていたら あらゆることを誰しも経験する

 

経験からわかりたいのも私たち人間なんだと思う。

 

そのために もう散々やったパターンを

また繰り返すというロスにエネルギーを奪われなくなったら、

 

新しいクセのない自分で新しい場で創造的になって未来に向かっていいんだよ

 

そして、そんな

自分が進んでみたい方向でも その中でいろんな学びはやってくる。

 

でもその時に 以前のような弱々しいだけでなく 

ちょっと大きな観点からフラットな目で観聴きし 軸ができ 

自分にも周りにも愛を持って生きている自分に誇らしく思えるだろう。

 

 

おびえて予防線引いて 結局アクションを起こさない自分から

おもしろそうと挑戦して いろんな感情と共に幸せに感じられる自分は

 

人生の酸いも甘いも彩りを許していて豊かなのです。

その経験をし 達成感を味わいたいのです。

 

それには 人が決めた道や ゴールではダメなんです。

自分で決めたものをやりたいのです。

 

 

**********************************

 

いろんなことには段階があるよね

 

変わりゆく 移り行くのが当たり前で 

 

その都度それについて向き合う 又は向き合わされるコトが起きる。

 

 

例えば、食べる物だって 

 

若い時と同じようなものを同じ量 食べてる人はいないと思う。

自分の体に合わせ 自然と改めてきたと思う

 

例えば、お金に対しても 

 

お小遣いもらってた自分から 働きだして 結婚して 子供ができて 家を買ったり

事業をはじめたり 年を重ねていったり 社会情勢が大きく動いたり

 

ステージが変わると その都度 

自分のお金に対する価値観や考え方を進化させなくてはいけなくなるだろう。

 

例えば、仕事に関してだって、パートナーシップだって、家族に対してだって

それに対応して段階を踏んできたのだ。

 

移り行く世

 

移り行く自分

 

 

 

移行する時は 行ったり来たりしたり 

新しいものが恐かったり 過去を引きずったり

 

 

 

そこの時間をかなり短くできるのが量子場調整だと思う。

 

 

過去に生きてるから焦る。

遅れを感じてるから一足飛びにのものばかりを要求する。

 

今を生きて味わえるようになると

段階をも楽しめている自分を発見するはず。 

 

 

 

 

10回と言わず 必要な時にどうぞおこしください。

それがベストなタイミングだと思います。

 

 

いろいろあっても 自分に正直に生きたいんですね 人って。

 

 

Take it Easy!!!

 

mahalo

 

 

 

 

力に屈しない生き方をしよう

力に屈しない生き方をしたいと思う

 

物質と金と

地位と名誉と

 

そんな色の濃い時代の中 生きてきた今の中高年

 

そんな色が濃いというのは 

そういうものに価値がおかれていたということ。

 

世界的に観てもそうだったように思う

 

 

命より金が大事 みたいな時代

 

金に物言わせてた

そんなバブル前〜崩壊まで銀行で融資係をしていた若かりし私

(おっと 年がバレるぜ 笑)

 

金と力を振りかざすアホな経営者たちを、 

出世したい丸腰の銀行員や大蔵省(今の金融庁)の裏側のやり取りを

マジえげつないな〜と冷めた目で観ていた。

 

 

24時間働けますか〜♫ ビジネスマーン ジャパニーズビジネスマーン

 

家族なんぞかえりみてたら男じゃない

女房子供が言うことなんぞ ほおっておけ

 

女に何ができるか とか 女のくせにと女性を卑下し

 

子供はいい子(親の言うことを聞く扱いやすい子)になるよう命ぜられ

子供の意見を聞く大人もいなかった

 

支配的で威圧的なものも

それをしつけだと 当たり前のようにそれが横行している時代だった。

 

家族のため犠牲を払い我慢するのがいい母親で

辛そうな母親を観て育った 世代

 

物や金という 力

地位や名誉という 力

 

そういうものさえ持っていれば強い

そいうものを持っていないと負けだ

 

勝ち負けの時代

 

今のように充分に物が無く(今が有りすぎるのだが)環境が整っていないころは

男性の力が大きく前にでて形有る物を角度が有る物を作ってきた

 

その恩恵は大きく受けているのだが

女性を押さえつけてバカにしてきた時代でもあった

 

世の女性は それに耐え 対抗し

男性社会で負けないように 家庭も仕事も気が抜けなかった

 

 

 

今 この時代の影響もあり 

心の歪みや精神不安 自尊心のなさで自己を見失っている方も多い

 

楽しいがわからない

我慢してたのがわからない

自分がわからない

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今 もう時代は大きく変わったのに

 

まだ力でねじ伏せようとする 

威圧的に出て 誇示し支配しようとする時代錯誤の人間もいる

(政治の世界でもいるね )

 

 

男性の力は 女や子供をねじ伏せるために使うのではない

守り 支えるための力なのに

 

刃物の使い方を間違えているのと同じように

活かすのではなく

 

殺している

 

 

 

女性はその力を受け取ってあげて 愛に変換し

産み育み 繁栄 循環できる存在なのに

 

 

支配により枯渇し 愛を忘れ

繁栄から遠ざかり 助けを求めたいがどうしていいかわからなくなっている

 

 

 

 

女性の中にも 本来大きな力が有る

でも 彼女たちはもう力がないと思っている

 

 

女性の力について また次回書こうと思いまふ。

 

 

女性の時代ですよ。

あなたのことですよ^^

 

あなたも女神なのを知っていきましょう。

 

mahalo

 

 

 

 

量子場的生理学④ボケ:心を無視すると妄挙する

 心を無視すると妄挙する

(思慮分別のない行動・ボケ)

 

脳トレとかやっても ボケる人はボケる

 

そもそも、脳を鍛えるという考えが

個人的にはどうかと思う

 

ダメで劣っているから鍛えなおす。。。。 

楽しいならいいけど

(ちなみに大脳は忘れるのも仕事の一つらしい)

 

無理矢理な感じが もっとストレスを与えるよね

 

もっとぼけをフォーカスしてしまうし^^;

 

観察術などでてる方はわかるかも

フォーカスすると量子的にどうなっていくのかをね。

 

 

 

そもそもなぜボケるのか・・・?

 

一概には言えないが

 

いろんな方の調整を行っていて気がつくことがあるのは

 

ボケとは 

人生の中で、忘れたいことがたくさんある 状態だと思うんだ。

 

 

忘れてしまいたいような 

辛かったこと、悲しかったこと、怒り、自分を責めたり、人を責めたり、

軽蔑したり、自分ではどうしようもなかったこと、

満たされない何か、忘れたいけど忘れられずに回想する思考に

過去が重くなり過ぎた。 

 

そして、もう忘れてしまいたい・・・が叶い ボケた。

 

 

そして、このようなパターンもあるのかなと思える

そのような親を看病し 親がそのまま亡くなったら

あ 自分もそうなるんだろうな(無意識)と どこかに刻まれそのように自らそれをつくり出すパターン

 

 

これらが全てではないが 多いのではないかと思う。

 

でも、大切なのは

いろんな辛いことが悪かったのではない。ここポイントだと思う。

 

その出来事の感情をちゃんと味わっていないことが 

心のモヤモヤとして積もり積もり どんどん脳を縮めていくのだと思う。

 

ちゃんと、悲しいも 寂しいも 怒りも 恐さも うれしいも

隠さないで 全細胞で味わったのなら 

その時は辛くても 何かわかったり、そこから力になっていることもある。

 

だから感情を無視してはいけないし

感情は無視したら 消えてしまったわけでもないということ。

 

だから

感情を感じることを怖がらないでもいいんだよ。

 

 

人から無視されたら辛いでしょ?

自分が自分から無視されるのはもっと辛いんだよ。

 

 

 

 

そして、もう一つ

いくつになっても 自分が楽しめることが何か一つでもあれば 

ボケに縁がない人生を送れるのではないかのかな。

 

楽しいは 生きたい!に繋がるから。

 

 

 

 

量子場調整で過去のトラウマのリリースをしていくと 徐々に

「忘れてしまいコトだらけの自分」

 から解放されてゆくということ

 

重い鎖をほどいたら やっと

自分の楽しいって思えることもみえてくるかもしれない。

 

そうしたら

もしかしたら

ボケさえ気にならなくなってくるかもしれない

 

 

少し前だが 

不思議なことがあった。

 

これは本当かどうかは実際のところ確認のしようがないのだが

 

ある日 サロンに来られた方

 

あまりにも真面目で体もカタく 

でも頑固と言うよりは自分が無く、人の評価を気にし過ぎ

過去のあることで自分を非常に認めてなかった

 

 

そした、母がボケて最期まで看取ったご夫人。

まさに自分も母のように進むものだともう疑ってなかったようなのだが

 

調整に何度か来るようになって、ある時

 

過去のことから解放が進んでいくと

スイッチが切り替わったような音がした!?

 

表現が難しいが、線路のスイッチ 分岐路?が動いたくらい音がした

(私しか聞こえなかったが^^;)

 

 

パラレルワールド って本当にあったのかもしれないと

瞬間的に感じた。というか垣間見た?感じ。

 

 

信じるか信じないかはあなた次第 

なんだけど

 

 

その方の 

自分の未来をもっと創造的にしたいという意図がこの現実を導いたのだろう。

 

 

私たちには いつでも望めばその道が現れ そちらに進路変更できるようだよ。

 

 

ボケを自分の未来図の中に 

わざわざ組み込まなくてもいいんじゃないかな?

 

 

mahalo

 

 

 

 

 

結婚とは育った家庭の「再現」だから・・・

結婚離れとも言われる昨今

 

でも、結婚したい 子供が欲しい

 

迷える30代後半女子は

なかなか心理的んもツラいかもしれない。

 

結婚とは 家庭を持つこと。

 

家庭と言うものは どういうものかというと

 

その人が育った家庭が その人の手本であり定義でもある。

 

意識的でも無意識でも大きく影響がある。

 

家族が不和だったり、自分が苦しい子供時代だったりすると

結婚に抵抗があったりするかもしれない。

 

家族が仲が良かったり 

自分の方を親が向いてくれていたのなら

そんな家族を作りたいと 割と自然に相手を見つけられるかもしれない。

 

 

もちろん 一概には言えない

社会的な影響も親たちも私たちも大きく受けている。

 

 

自分が結婚するということは

 

自分が育った家庭の「再現」であるのだ

 

体を張った 人生を掛けた「再現」

 

うーん 勢いがないとなかなか踏み切れないのもわかる。

 

 

そして、それとは反して「体」からは

子供を産める時間が少なくなっていることも感じる。

 

もう結婚はいいから 子供だけでも欲しいと思ったり。

やたら性欲が高まったり

 

でも、カスはつかみたくないと、条件はいいほうがいいし

できればイケメンがいいし・・・とかなってくると

だんだん相手を厳しく審査するようになる。

 

一方で女子同士の競争意識に火がつき

勝手に比較して勝手に落ち込んだり

 

若さだけではない自分の中の魅力も発見するより 悶々とする時間が増えてくる。

 

そして、だんだん上手な言い訳を自分の中で作り

自己を だから仕方ない。と納得(説得)にかかりだす。

 

 

「頭」では

 

社会的に結婚すると認められるからとか

親を安心させてあげないと

孫の顔みせてあげないと

友達の手前 カッコつかないし・・・とか

 

本音ではない体裁(テイサイ)がつきまといこちらも悶々とする。

 

 

 

 

だからどうしたらいいかって?

 

 

 

それを自分に聴くのだよ。

 

 

上っ面の焦りを聞くんじゃなくて 聴く。傾聴するのです。

 

 

 

だから自分は悶々するんだ。とちょっと頭が整理できたら

やっと内観できる。

 

 

なんでなんだろう なんでなんだろう?

何が悪いの?

何も悪いことしてないのに

と、ぐるぐるしてる時は

原因探しの悪いもの探しになっちゃうから内観できないんだ。

 

 

 

子宮に手を当てて聴いてごらん

女性は子宮の声と魂の声は同じだと思うから。

 

 

子宮は けっこうすごいこと言うから。

びびびびっくりしてください(笑

 

 

 

それも自分。

それもOKさ💗

 

 

mahalo

 

 

体を無視すると麻痺する

体を無視すると麻痺する

 

●体のことにフォーカスしても

呼吸が浅いですか・・・? 

よくわからないんです私

 

体が緊張してます? 

よくわからないんです私・・・

 

痛みに強いみたいなんです私 あ、もっと強く揉んでもらってもいいです。

 

凝ってるとかよくわからないんです私

 

確かに体軽くはないと思うけど これがいつもなんで・・・

 

●心のことにフォーカスしても

 

その時の気持ち・・・? うーん 何にも浮かばないです

 

今の気持ち・・・?うーん よくわからないです

 

怒りが溜まってるか? いやー怒りとかではないですかねえ

というより、仕方ないんで。

 

寂しかった・・・かもしれないですけど 

というより、仕方ないんで。

 

いい子にしてきた・・・つもりはないんですけどね

 

がまんしてきた・・・つもりはないんですけどね

 

親に認められたいとか そんなんではないんですよ。

 

恨み? いやいやそんなありえないですよ

ていうか、そんなふうに思ったらいけなくないですか? 人として。

 

人に嫌われる恐怖はあると思います なんでさしさわりなく接する感じですかね。

 

本音を言っていないか?・・・うーん 結構言ってるつもりですけどね。

てか、本音って何ですかね・・・

 

自分を内観して 何かいいことあるんですかね。

 

自分を大切にするって 意味があまり分からない。

 

 

いつからこんなふうになったのでしょう・・・?

 

他人事のように自分の上っ面を話す。

 

********************************

 

 

日々の施術の中で、このようなことが多い。

 

このような状況がいけなくはない でも本人は空虚さを感じている。

 

あなたの生き方だから

私が あなたに対して良い悪いを言うことでもない。

 

でも本人は この上っ面の感覚の下に何かが潜んでいて

それがだんだん無視できなく大きくなっているのも無意識的にわかっている。

 

自分が自分を騙し続け、無視し続け、

うそをつき続けていることも知っているので

 

 

私が本人を尊重した言葉を投げかけたとしても

私の問いかけが責められたように感じる人もいるだろう。

 

その人の自責の念や罪の意識が そうさせているのだ。

 

 

そんな時に その人のこれからの道を分けていくのだな〜と思う瞬間がある

それは、その人の「素直さ」だ。

 

 

素直は 自分の魂と繋がる唯一の光りなのではないかと感じる。

 

頭(大脳)は、いろいろ抵抗する 巧みに言い訳する。

 

だけど責められたと感じ抵抗する心も うん それもわかる。よくわかるよ。

 

でも、自分の中に1%でも 

 

そうだな・・・自分が自分を無視したり大切にしなかったことは 

少しはあるな〜と認めたのなら

 

そういう埋もれて、隠されて、無いものとされて、葬られた

大量の感情は少し泛(う)かばれる。

 

成仏(じょうぶつ)の方向に向かうのだ。

 

 

常識的にとか

大人としてとか

 

社会に、親に、合わせ過ぎてきた自分を責めることなく

 

少し自分を観てみよう認めてみよう

と 思えたのなら

 

 

 

どう調整をしていきたいという本人の明るい方向が見えてくる。

 

そして、そこにとらわれた波(波動)から解放へは

量子場調整が大きなヘルプになる。

 

 

段階を経て 意識が変わりだし

おりの中に囚われていた心がシャバにでる感じ(笑

 

 

自分の中の

これは嫌い 

これはあっては困る感情

えげつないから隠そう。爽やかにしていなきゃ。

バレる・・・恐

 

そんな緊張から解放される。

 

感じたら生きていけない

という苦しさから解放される。

 

 

パターンになってしまっていたの。

感情からカラダに起きていた反応を無視し続け

わからない

わからないを連発し もっと麻痺させることが。

 

だから何で生きてるのかわからなくなるし

楽しい?って何

幸せって何?って なるわなそりゃ

 

 

 

はーい

 

自分にごめんねって ちゃんといってあげてね〜

 

 

mahalo

 

 

あきらめると脱する(膣脱・子宮脱・膀胱脱・脱腸・脱肛)

あきらめると脱する

(膣脱・子宮脱・膀胱脱・脱腸・脱肛)

 

どうせ私なんて・・・

 

カワイイわけでもないし美人でもないし

 

もう遅いし

 

もう年だし

 

もうこんなになっちゃったし

 

もう女終わったし

 

今さら新しいことなんて 今さら変わるなんて

 

もうなんかしてもムダなだけ

 

どうせ誰も助けてくれないし

 

どうせ誰も分かってくれないし

 

どうせ どうせ どうせ・・・私なんて・・・・・・

 

なーんて

どっかあきらめたりするじゃない

 

あきらめました!と宣言しなくても 

無意識であきらめているかんじで自分でも気がつかないうちにモードが

「あきらめ」になっている

 

 

 

「あきらめ」

が体をどういうふうに作っていくかというと

 

脱 するんです。

出てゆくのです 自分の中から。 

 

脱して もっとあきらめるよう創造してくれるんです。

 

 

え?頼んでないって?

頼んでなくても あなたの潜んだ意図通りの現実を少しづつ現実化してくれる。

自動オーダーシステムは常に働いているのだ。

 

 

恐いことです。

 

臓器がホールドする力が弱くなって外側に露出してくるんです

 

ゆるみ 崩壊の方向に行くんです。ゾッ・・・

 

 

無意識ですが 

自分の身体をひとまとめにしているのは実は自分なのです。

 

だから、あきらめるとひとまとめにできなくなってゆく。。。

 

 

 

実際にそのようなクライアントさんが来られるのですが

本人も怖がったり 考えないようにとかしてるようです。

 

でも無視しても 無視しきれなくなる

 

膣がじょじょにぐるりと裏返り出てきて違和感を感じたり

 

上から臓器が押され子宮が下がり子宮頸部が下がり

 

膀胱が下がるのもとても厄介

排尿困難やむくみ重さ 違和感がけっこうあるよう。

 

病院に行くと 糸で吊る手術を薦められるそうですが

それも対処療法でしかない

 

自分に対してあきらめてその部分を「嫌っている」ので

体はそれをもっと表してくれるようになるのです。

 

糸で吊っても意識が変わらない限り 脱の方向は変わらない。

 

 

 

だから もっとがんばれ!と叱咤激励しているのでもないんです。

これ重要。

 

 

実際 がんばってがんばって そして、ある部分を犠牲にして結果あきらめている。

何ともくそ真面目すぎる方も多い。

女、捨ててがんばりましたー私 系。

(仕事仕事で来ても いろいろ恋愛をしたりした人はまだ救われている)

 

 

かとおもえば 若い頃はそれなりにちやほやされて 

気分だけ そのままな感じで年を重ね 

ふと、ある時にもう若くないと気がつきそれを受け入れられず 

まだ若い子に負けるものですか!(この発想が中年だと気がつこう)と 

今だ戦いがんばっている。

そして、自分の老いをめちゃ否定してる系。

 

 

いやいや

 

「受け入れる」「許す」「愛する」を体が訴え求めてきているのを

そろそろ感じ取ってあげてね。 

 

冷たく分離された意識が調和に向かいたがっているのだよ。

 

 

あきらめは 許しとは違うのだ。

 

あきらめは 放棄 捨てることなのだ。とーでもいいってこと。

 

 

 

許しとは 愛

だから、あきらめないで!!!(ま◯みき風)

 

 

そのままの 今の自分から少しづつ慈しもう。

 

 

まだまだ 磨けば光るんだよ。

 

あきらめホルモンを野放しにしない。

 

自らの手入れを楽しむのだ

女性であることを楽しむのだ。

 

 

 

量子場調整の一例

60代の方で膀胱が下がってしまい、もう手術しかないと言われてた方。

本人が、子宮ももう用がないし子宮もとって大腸のある部分と膀胱を吊る手術しかないと覚悟してたとき 量子場調整に縁があり2週間に一度通うことに。

今4ヶ月目 

臓器の位置も状態もかなり改善され通常の生活に。

メンタル的にも強くあらねば、人に頼ってはいけないから 自分を解放でき顔色もいいし笑顔がかわいくやさしくなってます。

 

量子場調整の後押しもあるが

何より彼女が自分に愛を送ることに挑戦した結果だと思う。

 

彼女を誇りに思います。

 

 

mahalo

 

 

量子場的生理学①ガン

日々の施術

(量子場調整 カウンセリング マッサージ)

の中で量子の場を通してわかってきたこと

 

4回にわたり書いていきます。

今日はその①

 

********************

 

最近は「量子」とか「波動」とか皆さんの感心の度合いが高まっているのでしょう。

面識のない方が来られることも多く なぜかこのブログに行き着いたとか 

受けた方の感想を聞いてこられる方も増えてきました。

老若男女とわず 遠隔が可能なので地域問わず広がっています。

 

ここにきてボールセラピー(まだやってますよ^^)

個人セッションの依頼もじわじわ増えびっくり。

 

最近はFBにあまりUPしてないですが観察術講座も参加が増えてまいりました。

毎月私も東京へ行き更なる量子の世界の理解と技術の進化に邁進しております。

 

現実世界を軽やかに生きていくために量子場調整 どうぞご活用ください。

 

*************************************

 

⭐️量子的観点から観た「量子場生理学」

 

①ゆるさないと体の中に石を作る(ガン)

② あきらめると脱する(膣脱・子宮脱・膀胱脱・脱腸・脱肛)

③ 体を無視すると麻痺する(不感症・痛みや苦痛を感じなくなる)

④ 心を無視すると妄挙する(思慮分別のない行動・ボケ)

 

 

 

 

① 許さないと体の中に石(ガン)を作る

 

自分を責めている、許してない状態が続くと 

臓器の複合的な不調が現れてくる・・・

 

血液検査でひっかからなくても

違和感や鈍痛、重さ、不快感、睡眠障害など

 

そんな状態を訴える人の量子の場を観察してみると

全体がひどく緊張していることが多い。

 

でも、ほとんどの人は自分が過緊張であることを自覚していない。

 

なぜならそれは彼らにとって日常の状態だからだ。

 

呼吸にフォーカスしても呼吸が楽にできている状態を忘れているので 

まあ呼吸が浅いことはなんとなくわかります。。。くらいな返答。

 

 

呼吸にフォーカスしてもらいながら ある言葉を本人に言ってもらう。

 

 

そうするとその言葉に想念が入ってないにもかかわらず

場が軽やかになり呼吸がすーっと楽になる。

 

そして本人がちょっと気がつく。「あれ?体がちょっと楽になる・・・?」

 

波動を観察しながらだとその変化は歴然。わたしいつもびっくりする。

 

 

物理的に(解剖学的に)本人は胃の調子が悪い おなかがすぐれない 背中が痛い 頭が痛い 目が開けにくい のどが詰まる 腕が上がらない 寝が浅い 首や肩、腰が痛いなどと、

 

そこの部位が悪くなっているように本人は思っているのだが、

そこに痛みや症状が出て訴えてるだけで 全体の量子の場が重く歪んでいるのだ。

 

 

「自責して許さない 」

 

という無意識があなたの場を重くし 

心を緊張させ力を奪い石のようなものを作るのだ。 

 

「私は私を許さない」 わけだから石を作って

もっともっと許されない私を創造していくのだ。

 

自分の意志(石)でね。 意思(石)は強固で固いんです。

必ずそれを実行してしまう。 

 

 

だから、調整の中で許さない波動を大きな次元で修整する。

もちろん本人とお話ししてからね。

 

そうすると場が変わりそれにより心と肉体に変化がおきてゆく。

 

 

 

「自分を許さない人」が ガンになりやすい。

 

人を許してないのも同じ。人を許さない自分を必ずどこかで責め許さないから。 

 

このパターンの特徴は、「だから もっとやらなきゃ」だ。

 

恐っ(んーーーーちょっと昔まで やってたわ私^^;)

 

 

許さない人は 自責しているので もっと足りないから私はだめなんだ 

もっとがんばって当然だ とさらに強いるのだ。

 

これくらいやれ!と 

やって当然と。

 

 

なのでそういうもっとやらなきゃの現実を実現する。

 

だから早めに手放そう。

 

 

病になったらさらに 情けない自分ダメな自分を 

こんなことで迷惑かけてはいけない もっと元気にしなきゃ 普通にしなきゃ 

 

そして本音を隠し決して言わず さらに心とカラダを麻痺させてゆく。 

 

 

なんかさ

日本はがんばって耐えて命がけで とかを賞賛しすぎる空気があると思わない? 

 

で、自分が無理している人が多いので 自然と周りにもそれを強いるのだ。

 

 

世界的にみてもガンが多いのはこの概念も大きくかかわっていると思う。  

 

自分が自分を許さないから 人も許せない。

自分が自分を許さないから 誰も自分をわかってくれない気持ちが膨らむ。

 

そして自分を分離させ体と心が冷たくなる方向へ自ら進む。 

 

Listen!    

病気や症状は、生き方 概念を進化させる必要があることを知らせているyo。 

 

心とカラダは調和したがっているのだよ。気がついて。

 

 

あ、自分にゆるくすると何も自分はしなくなってしまうと思ったら大間違い。

⇧この思いが場を重くしてますます動けなくなるんだから

 

解放すると 動けるようになるんです。

しかも軽々と⭐️

 

そしてこの部分は自分を信頼することと繋がっているんです。

 

 

 

許すは ありのままの自分でいいということ

 

許すは 自分を大切にするということ

 

許すは 自分を信じること(自信)につながっている。

 

 

私たちは 本当は早く許して 早く進みたいんだ。

 

それを望んでいるんだよ。

 

あ、そういうふうに心から思えないと調整ができないわけではないから安心して。

その辺は 量子場調整の技術の力をうまく活用してゆきましょう。

 

 

次回は② お楽しみに。

 

 

あー

書きたいこといっぱいあるのになかなかパソコンの前に座らない私を許す(笑

 

 

 

 

mahalo

 

子宮の声を聴いてあげて

子宮の声を聴いてあげてほしい。

 

 

 

 

毎日毎日 忙しく周りの期待に応えなきゃと社会で働きすぎると

 

男に負けないように 男前女子がすぎると

 

お金や数字ばかり追いかけ合理的になりすぎていると

 

母子家庭だからとお母さんじゃなくお父さんに役になりきっちゃうと

 

目立たないよう黒やグレーの服ばっかり着てると

 

言葉をのみ込み表現を我慢していると

 

元気をなくす臓器。それは

女性特有の臓器 

 

 

 

当たり前だけど女性らしくいる時

女性性を発揮している時

 

子宮はあたたかく元気なのだ。

 

女性は子宮が元気だと輝く。

 

臓器を摘出した人もがっかりしないで。

女性性があなたを輝かせるから

大変な思いをしたね。。。

 

 

 

 

 

女を意識しなくなると

 

女を恥じると

 

女を喜ばなくなると

 

女性の臓器が泣く。

 

 

卵巣は痛いと言わず静かに腫れ

 

子宮は冷たくひっそりと元気をなくし耐え

 

乳房は固くなる

 

 

体つきは直線的でカチカチ しなやかさを忘れ

 

肌はカサカサしてくる。

 

 

 

いろんな方とお話ししてると女性性を勘違いしていることに気がつく

 

セクシャルなものだけが女性性ではない

媚びてかわいこぶるのが女性性ではない

 

男性性、女性性ってわかりにくいかな?

父性、母性っておきかえるとわかるのかな・・・?

 

 

女性性って 

やわらかさ、優しさ、かわいらしさ、流れに身を任せる力

共感力 受け入れる力 ゆるす力 待つことができる力 無邪気さ 

見守る力 生みだす力 あたたかさ 引き込む力 しなやかさ 

愛 美しさ 許容

このようなことじゃないかな。

 

 

 

女性にも力がある

 

とてもすばらしい力と生まれながらの愛がある💗

 

 

受け身でいるばかりでなく

自分の子宮を意識し 手で温め愛を送り 声を聴き

 

その秘められた力を使ってほしい

 

 

 

子宮は出産したら用がなくなる臓器だとか

子供を産まなかったから私の子宮は役目を果たしてないとか

そんなこと言う人がいる・・・

 

悲しいね そんなんじゃないよ。

 

 

 

 

もうちょっと仲良くしてみてよ

幸せを運んでくれるから。

 

 

 

そして、腰を振ってたまには無邪気に踊って♫

喜びが湧いてくるから。

 

 

私も 卵巣に子宮にいろいろあったからよくわかるんだ

 

だから声を聴いて寄り添ってあげてほしい。

 

元々 生命を作りうみ出す神のような神聖な女性のからだ

 

自らの慈しみを大切に。

 

 

mahalo

 

 

 

 

めんどくさい女

めんどくさい女

 

めんどくさい女は 本音を言わない

 

めんどくさい女は 

言わなくても察してほしいと常に思っている

 

めんどくさい女は スネている

 

めんどくさい女は 自己評価が低い

 

こんなかんじなんで、

周りの人はその人のことがよくわからない。

 

めんどくさい女はそれを自分でつくり出しているのに周りを責める。

 

 

そしてまた誰も分かってくれないとヒネくれる。

 

 

 

だけど、めんどくさい女は バカではない。

 

自分がめんどくさい女だと自覚がある

 

しかし自覚があって 

自分がめんどくさい女だから・・・と気を使い 思えば思うほど

 

 

 

そうなる^^;(量子の法則)

 

 

 

めんどくさい女は 心の奥底で

 

こんな素晴らしい私を 

 

認めなさいよ!

愛しなさいよ!

大切にしなさいよ!

 

と本音を声に出さず念じている。

 

 

だから 自分がちょっとでもめんどくさい女ケがあるなら

 

まずは

 

まずは!

 

自分を自分が

認め

愛し

大切にし

 

そして ちゃんと表現しよう。

 

そんなものごとを斜めに観て

複雑に思考をめぐらせ怖がらなくていいから。

 

 

表現を抑えると もっとややこしく

もっとめんどくさい女になり それはあなたの本意ではないはず。

 

 

 

素直になる準備ができるまで

 

めんどくさい女でいていいから。

 

 

気が済むまでやって。

 

 

気が済んだら

めんどくさい女を認めて

その位置からスタートしよう。

 

 

 

脱いだめんどくさい重いコートは

カビ臭くて もう二度と着る気がしないから。

 

 

 

 

って 私もだいぶ めんどくさい女だったからわかる。

 (今もたまに顔を出す)

 

 

めんどくさい女

ドンマイ!

 

 

 

 

そして、男性は大変だね(笑

 

 

 

mahalo

 

 

 

ずっと首が凝っているのは・・・

首が凝っていて いつも痛い 

回りづらい 

よく寝違えるし 肩もずっとコって

でもこれが普通なんですけど・・・

何か・・・?

 

これ 以前の私。。。

 

首ってこんなもんだと思っていた

 

首のコリ 首の不調は

がんばり過ぎ。

過緊張とも言える。

 

 

こう言うと 

いや、これが普通で 別にがんばってない と必ずと言っていいほど返ってくる。

(そう私も疑いもなく言っていたなあ)

 

 

がんばり過ぎが日常になっているといろいろ麻痺してるから

 

麻痺が日常^^; だからわからなくなっている

 

本人が意識してなくても つらいから麻痺させてないと生きていられない状況 

これは非常に「鈍い」ということ

 

 

外科手術の時に麻酔を打つじゃない

痛みを伴うからだよね?

 

体の芯が 隠れた緊張でツラくてどこか痛く休まらないから

無意識は生きるため麻酔をうったように感覚を鈍らせてるんだ。

 

 

 

がんばり過ぎに隠れているのは 体の芯の緊張。

 

ずーっと緊張がとれないのだ。

 

そう、ずーーーーーーっと。

 

 

 

なんでかって?

 

 

そこに気がついてくれーーーーーっと 体は不調を 

首の違和感をつくり出しているのだ。

 

 

だから まず、気がつこうとしてくりえ!!!  ←これ大事

 

 

そして、そこの部分を、その繰り返されているパターンを

私と共に量子場調整でヒモといてゆきましょう。

 

 

そこには必ず 「心」のことが深く深く関係している。

(単にスマホのやり過ぎなんだもあります)

 

 

心が何かに囚われ その思い込みにより現実をつくり出している。

 

肉体においても 自分の周りで起こる出来事においてもだ。

 

 

 

不調とは不調和だ。

 

不調和になってくると

動きも自分の周りの現実社会ともスムーズでなくなっている。

 

 

うわっツラの自分を片目で眺め

 

何ともない、痛くない、気のせいだ!と言い続けている

 

体が訴えてることを無視して 大脳で言い聞かせている

 

自分の心身に強制している だから

ますます体が訴えてくる。

 

 

首のコリにとどまらない

 

呼吸が浅く

歯を食いしばり 歯が弱り 欠け

のどがつぶれ 詰まり

肩が内側に巻いてきて猫背になり

そのバランスをとるための腰痛や背中の張り

タレ乳 タレ尻

頭のモヤモヤ

頸椎の歪み

内臓の不調 

 

いろんな病

老化・・・・・・・・・などなど

もう きりがない。

 

 

量子場的陰陽学の観点からだと

 

頸椎のある部分に 陰陽のエネルギーの境目があり

そこが弱くなってくるのだ。

首の訴えには 女性性と男性性のバランスのことも隠れている。

 

 

無意識支配下の自動的に動いてくれているところ全てに影響し

意識できるところに現れだしてくるのに

知らぬフリ。

 

見ザル 聞かザル 言わザル

 

を自分に向けてやっている^^; 

 

 

まずそこに意識をむけてやってください。

ジャッジではなく ただただ観察する意識。

 

意識と共に愛がそこにそそがれるから。

 

 

 

首のコリは訴えている

 

評価を気にするな!

 

楽しめー!

 

女性は女性らしく生きよ!

と。(もちろん男性も男性らしく)

 

 

男みたいな女子は 必ず首がコッていて

直線的で色気に欠ける

 

任脈が縮み 老化が早まるのだ。

 

もったいない

 

 

女性は しなやかで

自然の流れの中で引く力を持って産まれてきているのに

受け入れて循環させる大きな力強い愛を与えられているのに

 

 

作り笑顔でない

本当のリラックスから出てくる美しい笑顔を 取り戻そう

 

どんな洋服よりメイクより魅力的な微笑みを⭐️

 

 

キラキラするって そういうことじゃないかな

 

平和ってそういうことじゃないかな。

 

 

 

mahalo

 

 

仕事とは犠牲でなく表現だ

仕事とは犠牲ではない

 

一日で仕事をしている時間は長い

 

オフィスで働くだけではない

生活していると日々の雑事、しなきゃいけないことも必ずだれしもある。

 

総称してその「仕事」を心の深くで 

 

仕事は自己を犠牲にする事だ

という前提があるとしたなら

 

それはツラいことだね。

 

 

自分の時間と労力を犠牲にしてお金にする

「換金業」をするために生きているわけではない。

 

 

単純作業や会社つとめが 

その仕組みがダメなのではない。

 

それを選んでいるその人自身

その人の「心持ち」のことなんだ。

 

 

 

 

 

それでなくても私たちは制限の中で生きている。

時間という制限

肉体という制限

 

みんな一日にできることは制限がある。

 

これを無視できないのに

 

その上 自己犠牲的な換金を強いられたなら(又は、自分が自分に強いたのなら)

じょじょに心もカラダも疲れてくる。

 

自分だけが損している気がする。

 

ちゃぶ台ひっくり返したくなる。

 

自分を麻痺させた状態が長く続くと 死にたくなる。

 

 

 

でも、ちょっと考えてみよう

 

どうしようも変えられないようなことでも

それを自分が選んでいたとしたら・・・?という観点で考えてみる。

 

自分の身を犠牲にしてがまんするしかない

と そこにしがみつき

イヤな仕事でも一生懸命にやらないと と

社会的地位、お金、周りの人の評価を得るため 

自己を殺し、言いたいことをのみ込んでいる。

 

という表現を自ら選んでしているのだ。

 

 

 

そして、悲観的になりスネて

 

楽しむためにうまれてきたんだ!

な〜んて ぜんぜんわからないし

そんなお気楽なこと言って

そんなんで生きていければいいよね。

 

 

・・・・そもそも 楽しいって何だろう

リラックスって何だろう・・・?

 

私は何も感じない。

 

もはやツラくもない!

(ん?でもおかしいな? 楽しいとかも感じない)

 

ずっと休んでも 寝てても 緊張が抜けない。。。

歯をくいしばっている

 

 

 

犠牲は

感情を麻痺させ 同時に肉体も麻痺していくのだ。

 

 

 

 

仕事とは犠牲ではない

 

じゃ何だろう・・・

 

仕事とは本来「表現」だ。

 

と観るとしたらどうだろう。

 

 

 

日常が、毎日が、人生が 表現だとしたら。。。

 

犠牲という観点があると 全てがやらなきゃいけないことになってしまう。

 

犠牲のために自分が身を削らなくてはいけないから

朝起きることも

服を選ぶことも

メイクをすることも

掃除をすることも

 

子供たちの世話をすることも

働くことも

人と交流することも

 

瞬間瞬間に苦行を味わっていることになる。

 

受け身的な犠牲感の中 現実はどうしようもならないんだと。

そうやって自分に言って聞かせる。

 

 

私はこんなに頑張ってこんなに相手を思ってやっているのに!

が募る。

 

こんなに犠牲を払っているのに・・・と

 

波動 重いなー。笑

 

 

もし、仕事を含む日常が「表現」なんだ!としたら

 

今日はこんなふうに仕事をしてみよう

じゃ 何時に起きて、

この服にして

こんなメイクにして

こんな感じで一日終えてたらいいな!

と、

自分が受け身でなくもっと能動的にアクティブに選んでいるし

ある程度の制限の中でも選べるんだと

発見する。

 

 

子供と家族と 幸せでありたいな〜 

だから私は

今日は子共たちとこんなふうに接してみよう

 

うーん 今日はあまりうまくいかなかった。

じゃあ もっとこうしてみよう。

 

子供の好きな料理を作って私自慢の母の味を伝授しよう 

そして私もおいしくビールを飲もう!

 

 

 

将来こういう働き方をして漠然とだけどこうなってたいな〜

それには自分に素直になってみよう(も、表現)

 

じゃあ これにどう取り組もうかな

あーしようか こうしようか

ちょっと休みたいな

 

休もう!(も、表現^^)

 

これはいやだ 今やりたくない

これはこうしてほしいの

 

イヤならやめる も

 

逃げる も 笑

 

 

 

仕事であれ生活であれ 表現で

 

その表現次第では 自分も楽しく時間を送ることができる。

 

 

逆に、全部一人で背負わなきゃもその人の表現

 

本人は いつもなぜかそうなってツラいんですと言うけど、

いやいや 「一人で背負います」を表現すると無意識で決めてるからだよ。

 

気がついたら 違う表現をしたい!と思えば

そうすることもできるのに。

 

全て あなたにも自由が与えられているのに

観ようと

信じようと しないだけ。(も、表現)

 

 

 

 

私の母はいつも、私と弟が小さい時

「あんたたちがおるから 私は我慢しとる。おらんかったらいいのに」

と言っていた。

 

犠牲感ハンパない人だった。

不平不満しか口にしなかった。

 

子育てはほんと大変だ 

だからそういう自由になりたいと思うこともあるだろうけど、

 

自己犠牲が前提にあるから そういう状況を量子の場をつくり出していたんだな。

 

意図したものがそのまま返ってきていた

今ならわかる 量子の性質。

 

 

 

人生は苦行だとか

人はうまれもって罪人だとか

カルマだとか

人のために生きなければとか

運命だ宿命だ 変えられないとか

 

 

本人がそれを信じて

業をするのも表現

 

 

 

楽しく生きるんだ

愛するんだ

人生はクリエイトだ!と生きるのも表現

 

 

どんな前提で生きていても

それなりに合った物理社会が用意されているはず。

 これからもそう。

 

 

 

今 あなたは選んでいるし

今までもそれを選んできた

 

 

だから今からも選べるよ。

 

 

Mahalo

 

 

 

 

 

 

頑固って・・・ツラくない?

頑固 

 

頑固って 必ずしも悪い事ではないと思うんだけど

 

度が過ぎると・・・ ねえ^^; 

 

つらくないか!?

 

 

 

もちろん私の中にも頑固さ あります。

皆それなりにあると思うんだ。

 

頑固って固いところだから

 

頑固なカタイところと 柔軟でしなやかなところと

 

両方あればいいんだろうね きっと。

 

 

 

 

人間は骨と肉でできているから

カタイ骨とやわらかな肉 両方いる。 これで生きられるんだもんね。

 

 

カタイ骨だけのような人も恐いし

肉だけの芯が無いふにゃふにゃ人間も恐いし 

 

でもこんなかんじの人もいるよね 笑

 

 

 

 

 

 

最近 改めてわかった 

頑固って とても力を無くすものだと。

 

 

こだわりに閉じこもっているからね。

本当は苦しいんですよ。

 

 

私ってこうなんです!  

私はこういう人間なんです  マル

だって、ずっとそうだったから  マル

こうしかできないんです  マル

 

そうなんです! マル 。! 

って言われたら

 

そうですか、どうぞどうぞ としか言えないし 

それで別に私は困らないんだけど

 

 

 

頑固さで力を失ってくると、更に変わる事が難しくなる。

 

年をとってきたり

病気だったりだと なおさらのようだ。

 

パワーが無くなるからだ

 

変わることより つらいけど慣れた場 「頑固」に居続けようとする。

 

でもやっぱツラいんで 頑固を美化して語り

共感を得ようとする。

 

こんなに頑張ってるのよを主張し

物語にする。

 

まあ それもその人の人生。

 

 

 

しかし

頑固って非常に息苦しさと緊張をつくるんですよね。

 

((観察術講座に出た方は 「頑固」の波動を観てください

「柔軟」も観てみて 比較するとおもしろいよ。))

 

 

そして、このようなものは

非常に「首」「頸部」に歪みを作るようなんです。

 

首回り上半身と足首など 固くなる。

(これに関して詳しくはまた次回)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

子供の頃は体が柔らかい。

 

 

だから 固いもの

 

教育

秩序

規則・ルール

常識

対社会との接し方

 

を受け入れ その子の基盤になるものを形成する。=骨のようなもの

 

でも この柔軟な時期に

ある意味 全て受け身な時期

 

何でも素直に吸収してしまった。

 

スバラシイものばかりでない

 

もう今の時代に役立たないものも 

親のエゴもいろんな集合意識も気がついたら自分の中にある

 

 

そして それをいい大人になっても

けっこう持っているものなのだ。=いらない硬い骨のようなもの

 

 

 

大人にると 誰しも体が固くなってくる。

 

だからこそ 今度はやわらかでしなやかで柔軟なものが

必要になってくるのではないだろうか?

 

 

その時に 自分の中のいらない骨のような固いものを見直し、

最低限必要なスッキリしたものまでに手放し

 

 

柔軟でしなやかな筋肉の動きのようなものを育て生きてゆく

 

「柔軟な生き方」

 

にシフトするのが心身の健康に繋がると思う。

 

 

自分の中にあるものを 一度 疑ってみるのもいいかもしれない。

 

「違和感」として無意識はいつも知らせているのだから

 

 

そしたらそれは ただ

 

その方がいい子だと言われたから

社会的にスマートだから

良く見られそうだから

頭良さそうにみられるから

親がそうしていたから

 

 

ただただ そういう本来の自分ではない 

古い誰かのものかもしれない。

これらを持ち続け離さないと決めている 

 

これを、頑固と言うんじゃないかな。

 

 

その時は 必要だったけど 

 

大人になってもう受け身だけでなく

能動的でもいいんだからもういらないかもしれないよ。

 

 

頑固、固執(こしつ)を解放していくと

やっと 本来の自分の個性がでてくるね

 

 

やりたいこともわかってくる

 

 

柔軟さの中に 光りが通り輝くものが見えてくる

 

 

狭く固執した  これが私!!! マル   から

広がりのある  これがわたし〜???⭐️⭐️ わ〜@v@

 

 

 

シフトする事も

いくらでも可能なのだよ。

 

量子の世界をうまく使えばそんな大変でもない。

 

 

大きな宇宙からみれば 小さなコト。

 

さあ いっしょに広がりのある世界へ

軽い足取りで歩こう。

 

 

mahalo

 

自分の基準というものを持つには

周りに振り回されるのは

自分の中の基準がないから

 

 

オほほほ 何を隠そう

以前はわたくしもブレブレでした^^;

 

ま、ブレブレはブレブレで 若いときはまだかわいいと思いますが

 

いい大人になっても 

引き続きブレブレだと

実際問題 

体と心がもたなくなりますね。

 

 

 

基準があると、

 

ある程度目安を付ける事ができたり

基準を元に判断をし、少々揺さぶられても また基準に戻る事ができる

 

 

でもね、自分に基準がなかったら・・・

 

決められない

決めたとしても自信がない

人の基準を基準だと思ってしまい合わせようと無理をする

他の人がバラバラなことを言うとどうしていいかわからなくなる

人に決めてもらうと楽だけど だんだん不満がたまってくる

威圧的に出る人、地位、権力、お金に弱い。

自分に戻れず翻弄されっぱなしになる

何がしたいのかわからない。

 

な〜んてことにもなりかねない。

 

 

では どうやったら基準が自分の中でもてるのかな・・・・?

 

これはひとえに 体験、経験することにあると思うんですよね。

 

これからしか 基準ができてこない。

 

頭でいくら勉強しても

知識として知っていることでも

 

ああ そういうことか。こういうことなんだ。

「わかった。」と ならない。

 

 

「わかった」とは 頭より下った のどもと過ぎて腹に落ちたところ

そこに 深い智慧として叡智として 

神々しい宝物のように積まれて光りの柱となって行く。

 

 

「わかる」と「頭で知っている」は違うもの。

 

 

どんな経験でもいいとおもう。

まず、「やってみた」 ということが価値があると思う。

 

そして、その結果

 

スバラシイも

ちっとも役に立たないとか 意味も何もなかったとか

ひまだったとか

いやだったとか

振り回されたとか 

今だになんだったのかわからないとか

良いも悪いも全部

 

 

「それでも経験した!」

 

ということがとても大切だと自分の過去を振り返っても感じる。

 

やってみてからしか わからんじゃんね。

 

 

全部にステキな意味を無理につけなくてもいいんじゃないかな

(そう思いたい気持ちはわかるけど^^;)

 

ステキな意味があれば 

損した気がしないし、有意義だと感じるだろうけど

 

そうじゃない モヤモヤしたりヒリヒリしたり

恐かったり いたたまれないとか 

泣いてばかりだったとか

思うように行かない しくじった

 

そういう事からも わかる事がいっぱいある。

 

 

そういういろいろ苦い事も経験して

 

自分の中のいろんなものを認め 信じ

人の事も認められ 信じられる

 

ありがたいとか

スバラシイことなんだとか

感謝とか

闇を経験するからやっと思えるようになるんじゃないかな。

 

 

ある時 

ゼロ地点から大きくマイナスに傾いたなら

その同じ幅分 プラスの振り幅ができたという意味。

 

 

だからどんな経験もOK

 

 

 

 

ブレない人

軸のある人

基準がある人とは さまざまな経験している人だと思うよ。

 

 

経験を積んだ人に勝てないというのは

そういう内からの光りや自信を感じるからだろう。

 

 

毎回説明はしていないが

量子場調整は軸をつくる手伝いもしっかりしている。

 

重力に負けない垂直軸をしっかりさせていく事を毎回しているのだ。

 

なかなか いろんなお話するからね〜しゃべる時間なかったりするんだけど

しっかり技術の中に盛り込まれているよ。

 

そして

サッと一歩踏み出しやすいよう

腰が引けていない骨格と軽やかな量子の場を整えているのです。

 

 

 

それにしても

年齢と共にいろんな経験をするよね。

 

んーさせられるといったほうがいいかな 神様  笑

 

 

そういう人生イロイロな中で、人は

力強く その上 優しくなっていく

 

 

年を重ねるのも ステキな事だね。

 

じょじょにラブ&ピースが もっと深く理解できてくる。

 

 

今振り返ると

 

その時 

辛かった 失敗した そんな経験も

長い目で観ると 愛おしいものになっている。

 

もちろん そうでないものもあっても

それはそれでどっかOKしてるようす。

 

 

でもこれは今の自分が 幸せでないとそうは思えないよね。

 

今も辛いと

ずっと辛い 人生は苦だ としか思えない。

囚われの身のままだと

囚われの観点でしか世の中を観ないから。

 

 

だから 

みんなが自分自身の幸せと向き合う必要があると思う⭐️

 

 

も〜さあ

周りに遠慮しないで

突き抜けた幸せ人にどうぞなってくださいね。

 

 

そこに向かうことを決めたとしたら

 

またそれはステキな基準にもなる⭐️

 

 

mahalo

 

 

 

 

のみこむ事とチャンスをつかむことの関係

最近は

ご家族を連れてきてくださる方、

HPから来てくださる方、

お友達に紹介してくださる方

 

たくさんの方に量子場調整の輪が広がっています。

 

年齢問わず この不思議な世界を体験し

「わかる」方が増えてまいりました。感謝です⭐️

 

 

さてさて、サボっていたブログ(コラーっ!)

 

今回のおはなし

チャンスをつかむことと喉

(嚥下=のみこむこと)の関係

 

このブログを読んでいる皆さん

のど 詰まっていませんか?・・・

 

 

唾液をごくんとのみ込むことを 量子場調整の前の波動確認でしてもらう。

 

 

お年寄りでなくても、・・・ごっっっっっくん 

と時間がかかりサッと喉を通り抜けられない

 

のどが詰まったり違和感のある方もけっこう多い。

 

タダののどのつまりとアナどるなかれ。

 

量子場的に観ると

嚥下(えんげ)ごくんがスッといかないと

人生の中でのチャンスをつかみにくくなるそう。

 

いろんなことを躊躇(ちゅうちょ)するようになるからだ。

 

喉の詰まりにはいろんな理由があると思う

 

一番は体が重力に対して負けてしまい歪むことが大きく影響するが

 

言いたいことを抑えてる

人からどう思われるかばかり気にし過ぎて言葉を選び過ぎたり

(そして失言しちゃう)

指摘される環境で萎縮していたり

本音を隠し無理してポジティブぶったり

 

内臓下垂でのども下方に引っ張られたり

婦人科系が重くなっている場合もそう

 

もちろん頭が前に落ちている姿勢も顎位がズレてきて

のどだけでない全身に影響が出てくる

 

怒りや我慢やストレスで 

昼でも夜中寝てるときでもグーッと歯を食いしばっている人も

のど辺りが緊張してることが多いです。

 

噛むときの力ってめちゃくちゃ強いので、そりゃ歯も減るわな。

圧がかかる状態が続くと歯が割れたりもする。

 

舌が緊張してのどを押している場合もある。

 

 

こういう状況に対して 顎位調整と量子場調整は強いな〜と日々思う。

 

こんなに食いしばりから解放され 

顎位がばっちり全身とのバランスがとれ噛み合わせが合う 

そんな施術も治療も 今の所 他に知らない。

 

 

噛み合わせ=神合わせ

 

すごく大切なんです。

 

ちなみに 悟りを開くことを目指している修行僧でさえも 

噛み合わせが合ってないと悟りが開けることはないらしい。

 

 

それにしても

人生で たびたびチャンスを逃したり

軽やかで素晴らしいものや豊かなものとのタイミングがズレてきては悲しいものだ。

 

 

自分がズレてくると もれなく

タイミングの悪い、運の悪い人たちとタイミングが合いだすことも

波動の世界のこと。

 

 

無意識は 無意識で自動的に動く体の部位を司っている。

 

なので無意識の領域が狂い始めると嚥下はもちろん

臓器のタイミングのズレが起きてくる。

 

内分泌、外分泌、神経、なども

少しずつズレてくる。

 

 

老化のサイクルとはこういう風に進んでいくようだ。

 

そして、老化を望めば(そう思い込めば)老化のホルモンが作られ

 

ズレにズレて体調不良になり気力が無くなっていき

死を意識するようになると 死のホルモンが作られる。

 

 

全ては無意識のとおりに。

 

 

 

量子場調整後にまた ごくん。してもらって確認するんです。

噛み合わせや のどの調子が良くなると ほんとに皆さん美しい笑顔をされますね。

 

 

 

縁あってお会いする方の 垂直軸が力強く

ごくん!がスムーズにあるようこれからもサポートしていきます⭐️

 

mahalo

 

 

 

いい子やめよう 解き放つのだ!

量子場調整を受けて、もっといい子になろうとしないでください。

 

 

幼少期から いい子にし過ぎ

親や周りに気を使い過ぎていると

40代前後で体調不良になることが多い

 

うつになったり、

がんや病気が見つかったり

自律神経が狂うと ちょっとやそっとで元通りに立て直せない

 

 

病気にならなくても 何らかの違和感や不調

 

若さで体が耐えられてた我慢を緊張を

持ちこたえられなくなる。

 

そんな中高年への移行期 否が応でも向き合う時がくる。

 

 

もう 今までと生き方を変えなければいけないと

内側から 今まで聞いたことがないような

警報ブザーが鳴りだす。

 

消しても消えない

 

もう無視できない。

 

 

そんな移行期に 量子場調整に来ていただいている方々が

 

体とココロの緊張が解け

自分が楽になったのに

 

 

長年刻まれた無意識のパターン

「もっとよくならなきゃ」が作動しだす人もいる。

 

そして、またそれをも手放すときがやがてくる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

量子場調整は本来の軽やかな自分に戻るためのもの。

 

何かを足すのでもなく

 

今を過去を否定して排除するのでもなく

 

「解放」 囚われや偏りから

解き放つことをやっているのだ。

 

 

量子場調整師が魔法をかけてくれるのではない。

 

だから

 

性格も一回ですばらしく良くなって

人生でイヤなことが全く起こらなくなって

 

毎日感謝しか湧きません!みたいな 悟りの境地になる

 

 

・・・そんなんじゃないんだな。わかる?

 

 

 

そして、

 

毎回どんどん良くなってて 完璧だね!と

 

調整に来た時に

私に褒められようとしないでほしい。

 

私に対して いい子で無くていいんです。頼みますよ〜 (笑

 

そこを無理していい子にするパターンをまたするんですか?

周りのこと中心に、と また頑張るんですか?

 

それをやめたいんでしょ?

それをやめてくれーと 体と心が訴えてるんでしょ?

 

 

波動調整してもいろんなパターン(くせ)はあります。

毎日の中で また心身が歪むこともあっていいじゃないですか。

 

それをどんな状態でも丸ごと受け入れ

自分に寄り添えるように歩んでいるんですから。ね💗

 

 

自分の意識と無意識が

手を取り合って歩み成長するのを

 

植物が育つのと同じように 時に待って育む気持ちを持ってあげてください。

 

 

そうしていると

自分を客観視できてきて

意識的に気がつけることが増えてくるので

 

あっ そうか、と

意識的に以前とは違う行動をとってみるのも大切なことです。

 

ちょっとした勇気と行動をしてみてね。

 

 

 

量子場調整は治療のように

丸投げ依存させるためのものではないんです。

 

 

 

 

量子場調整師があなたをコントロールするのではなく

あなたの新しく輝く意識が あなたの人生をクリエイトするのです。

 

 

私たちは、場を軽やかにし 

掃除をし、後ろからちょっと支えているだけ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本来の光りがわからなくなるほど

周りに合わせてた自分から解放されると

 

無意識とコンタクトがとれるようになってくるから

だんだん感情が出てくるってことはよくあります。

 

なんか調整してから少しして 

怒りがおさえられなくなっきて 腹立つんですよー

 

こういうこと 量子場あるあるです(笑

 

 

今までは 我慢できていたことができなくなったり

怒るのはみっともないとか 

そんな汚い感情を自分の中に認めないとか思っていた人は

 

 

怒りが 自分内側に存在するのを認められるようになると

それを味わうようになるの。

 

怒りを 悲しみを 悔しさを 嫉妬を 味わうのだ。

 

感情を怖がらないでいいよ。

 

 

 

これを受け入れられたからこそ

 

うれしいを 

幸せ感を感じられるようになる。

 

 

あたたかい血の通う「愛」を自分にも相手にも感じられるようになる。

 

 

やっと

 

やっと

 

どっちも いいとか悪いとかジャッジせず

感じることができるようになるのだ。

 

 

量子場調整を受けて

いい子になる(見せる)んじゃなくて

 

 

自分の中の ヤンチャなとこや

わがままなとこや

気い使いなとこや

あったかいとこや

どうしようもなく はげしいものや

 

ありとあらゆる彩りのものを

許せる 

 

受け入れて愛せる自分になるんです。

 

 

そして他人もそうなんだと。

 

自分も他人も「存在」にリスペクトできるようになってゆくのです。

 

mahalo

 

 

0 コメント

あなたがダメだから調整するのではないよ。

あなたがダメだから

調整するのではないよ。

 

量子場調整®は 

あなたを正そうとしているのではナイのだよ。

 

 

社会では

ダメだからもっと良くする

 

いつもダメなところにフォーカスして(されて)ダメじゃないように頑張って努力するよう求められた。

 

 

自分のいいところを見つけるより

自分が出来ることを見つけるより

 

 

人並みでなく 劣っている欠けている違っているところを探す 

 

そしてそこを何とかしなくてはと奮闘してきた。

 

 

みんなが出来てることが出来ないと

いじめられるし嫌われるし親に申し訳ないし・・・

 

 

いつしか目は輝きを失いおびえる目になってしまっていた。

 

自分に向けられる社会の目を基準に生きるようになってしまった。。。

そういう観点で生きるのが自分だと思い込んでしまった。

 

 

でも量子場調整はそういうものではないのだと 明らかに書きたい!!!

 

先日、院長夫妻が福岡に来られた時もそのお話もあった。

 

 

量子場調整は 魔法をかけてるわけではない。

ダメなところをよくする魔法ではない。と。

 

かけるのではなくて「解放」をやっているのだ。

 

重くなってしまった量子の場を軽やかにしているだけなのだ。と。

 

 

ちょっとイメージしてもらうと

 

昔〜〜の家のすすけて汚れた裸電球。

長年の油やホコリで光りが内側から外へも輝けない

外のものも内側に届かない

 

 

そんな裸電球のほこりや油を徐々にとっていったら・・・

あら!本来は こんなに光り輝いていた!⭐️

 

 

というあなたが「ある」のだ。 ただ「ある」のだ。

 

 

調整してゆくと皆さんが輝き気がつきだすのは

自分は「もうすでにそうであった⭐️」が徐々に腹に落ちるからだ。

 

 

これはどんな宝物にも代え難い感動を覚える。

 

そうして自然と自分を愛することが深まってゆく。

 

 

 

院長は「クリアな意識」という言葉を使っていた。

 

なるほど、死んでクリアになる前に

死ぬ前に、この現実でクリアな意識でありたいものです(笑

 

 

クリアでないと 

なかなか人生を創造するということもピンとこないかもしれない。

 

 

身も心も軽やかにを 今、リアルに、味わっていけるのが

量子場調整®

 

 

ちなみに

私がみなさんを調整していて 何となく感じてるイメージ

 

うっそうとしてもつれて重くなってしまった量子の場 モヤモヤを

シャシャシャーーーーっと

切れ味のいい刀で断ち切っている 切れのいいサムライ みたいな(笑

 

うーん 気持ちいい!

 

 

 

 

 

そうそう先日のWIND テロメアをやってもらいましたよ〜

って 

どう書いたらいいのかわかりませんが

テロメアはDNAの中でも動きやすいんだそうです@v@

 

なんか すごいんですよ⭐️

 

体も更に軽〜いし 集合意識の変化も感じたり

若返った感を 日々 体と心を観察しています。

 

昨日は 目の白目の部分が 青白くキレイになったんじゃない?と言われました。

以前の状態を 自分ではじっくり見てなかったのですが そう言われれば・・・

 

年取ると白目が黄色くなってきますものね。

 

 

いや〜それにしても

量子場調整®の創設者 岩尾和雄院長の 

ここに至るまでのストーリーがとてもおもしろかった!

 

 

なかなかの反響をいただきました。

 

 

 

顎位の話も がってん!がいくつもついたのではないでしょうか。

歯列と顎位の続きはまた^^v

 

 

mahalo

0 コメント

量子場調整などご感想

久々の量子場調整などご感想です。

私も励みになってます!ありがとうございます⭐️

 

 

●友人の紹介で初量子場調整の方

 

今日はありがとうございました😌

不思議すぎる体験でした✨

横になって寝てただけで

終わってみたら呼吸は楽になってるし

腰が痛かったのがおさまってるし

目がしっかりひらいて

よく見える感じになってるし

びっくりです

感動しました✨🤗✨

今日行けてよかったです

ほんとにありがとうございました

 

●⇧以前の気持ちを表してる漫画らしいです(笑

 

あれから自分自身の感情の変化を感じることがありました。

 

職場の飲み会とかがあると 終わった後必ず1人反省会が行われ

自分の言動にどっぷり落ち込むのが常で (⇧添付の漫画のように)

飲み会に行くこと自体 嫌になるほどだったのが

あの後開催された飲み会では1人反省会を行うことがなく、

心穏やかに過ごせてびっくりしました✨

前置き長くなりましたが

また顎位&量子場調整の予約をしたいと思ってメールしました。

 

 

 

 

●調整1年くらい 今回はお金との関係性を調整したら・・・

 

今日は、ありがとうございました♡

あの後、ちょっとユニクロに行ったんですがお金を拾いました(♡˙︶˙♡) 

2000円だったので届けましたが。

 

お金と仲良くなれてる事を教えてくれました♡

 

 

●いろんなリリースが落ち着いてきて 未来設定

 

ひとみさんへこんにちは~✲

引っ越しが決まりました。なので、東京の方に冒険に出ます

東京に来た時は、教えて下さい。また、一緒にご飯食べたいです。

ずっと、お世話になって。

一緒に出来た時間が楽しかったです。ありがとうございました(๑•ᴗ•๑)

 

 

●予約するも体調不良で急遽 遠隔を行った初めての方

 

仁美さん 昨日は、ありがとうございました♥

お陰様で、今朝は、すごく良い気分で目が覚めました。朝5時に!

今日病院行ったら、

感染性胃腸炎かもねーと言われ、まだ微妙に下痢は続いてますが、

とにかく体が軽いです‼

そして姿勢が良くなっているように思います。

気分が良いので、

調子に乗って、溜まった家事をしてしまいました💦

 

遠隔は、初めての体験だったので、

大丈夫かな~なんて思ってたんですが、

なんで、わかるの?と驚きの連続。

 

右膝の思い込みをとってもらってから、

これまで絶対左膝しか床につけなかったけど、

右膝もつけるようになりました。

呼吸で息を吸いづらいとの指摘は、

おそらく長年喘息の発作で苦しんでいた名残だと思うので、

次回は、その思い込みを取ってもらえたらと考えています。

施術を受ける前から、

波動にも興味があるので、いずれ講座を受けたいです。

 

<追伸>

歩く時に、きちんと足の裏に体重がかかっているのが、よくわかります。

しっかり踏み込めているという感じかな。

次回は、サロンで‼

また連絡させていただきます

 

 

 

●いろいろあっていろいろ解放された女性

 

仁美さ〜ん、今日はありがとうございました

いつも、話したいこと沢山で、時間が推してスミマセン😓

今頃、蕎麦屋で美味しく粋に呑んでる最中でしょうか?

 

あれから、博多駅でお買い物をして、

うちに帰ってから息子と一緒にTVを見ながら暫くボンヤリしていました。

息を吐くごとに、いらないものを吐き出しているな〜と感じながらいたのですが、

肩甲骨の辺りに何かまだあるような気がして、自分でトントンしたところ…

激しい嗚咽と涙がボロボロ出てきて。

 

私は、全く意識していませんでしたが、自分が汚れている、

もう純粋ではない、と思っていたようです。

なので、性的にも自分をさんざん粗末に扱って来ました。

でも、今日のリリースで、私は全く汚れてもいないし、神聖さも失っていない、

純粋ささえ、ただの少しも売り渡して無いことに気づきました。

もう、泣けて泣けて泣けて…😭

今まで以上に自分のことを愛おしく、唯一無二のものに感じる事ができて、

本当に幸せを感じています。

ますます自分を好きになる事が出来ました。

本当にありがとうございました。

 

今日他の話をしながらも、実は、左の方で繰り返し幼いころのビジョンを見せられていたので、話が出来て良かったです。

隠す事なく、素直に話が出来て本当に良かった✨

これも仁美さんの人柄ですね!

これからもよろしくお願いします╰(*´︶`*)╯

仁美さんにとって、これからも幸せな毎日でありますように

 

 

●会社がつくづく耐えられなくなってきた女性

 

最近パーマとカラーしたんですよ。

で、量子場調整した翌朝なんですけど、お手洗いいった時、う◯ちが

カラー液(パーマ液のほうかも)の臭いだったんです!

感違いかと思い、ちょっと勇気だしてにおってみなら、美容室の匂いがするんです!

衝撃でした。

皮膚から液吸収して、子宮に溜まるっていうじゃないですか(本当か不明ですが)

あれが出たような気がします。

てか、でました!

 

なんか、ほぉーってなりました!きちゃない話ですが、衝撃だったので(笑)

おほほ

 

 

 

●母の波動を同じように共鳴している息子さんの遠隔

 

昨日はありがとうございました(^-^)/

息子も私も寝てました。

歯ぎしりしてなかったですよ!

 

胸も苦しかったんだ…かわいそうに😥

でもよかったです。

ありがとうございました😘

私もスッキリです(*^_^*)

量子場すごいとあらためてびっくり👀

はよダンナもしてもらわないと…

 

 

 

●お友達にたくさん口コミくださってる作家さん

 

仁美さん

今日は、愛に満ちた楽しいひとときをありがとうございました✨✨✨

そして、出張もありがとうございます。

帰りは、1時間で帰り着きました。

鏡の中に映る小顔の自分にニッコリ😆💕

ぐっすり眠れそうです🌠

 

紹介したお友達から

とても良かったと私にも喜びの感想が届きました❣️

嬉しいです(≧∀≦)ありがとうございます❤️

 

日々「75cm先に。。。」とモグモグ言いながら

素敵な自分波動を形成中です💕💕💕

おやすみなさい⭐

http://iroakari1123.blog.fc2.com/blog-entry-1927.html

 

 

 

●熊本ボランティアを招致くださった方から

 

さっき

西原村の◯◯ちゃんのお母さん(建築会社の奥さん)から電話があってね

この間 とっても癒されたって!

アロマハンドに量子場調整

に、絵まで描いでもらって↗↗

とっても喜んでおられて

改めて お礼が言いたいと言って

電話もらいました❤️

うれしいね🍀🍀

みんなにも

ご報告です✨✨

みんなの愛が伝わってるね❤️

ありがとうございます😊

 

 

 

●フランスの方の奥さんから・・・

 

彼、量子場調整に対して昨日の帰り道では疑り深いことを言っていたのに、

今朝は量子場のことを知りたいと検索したりしてましたよ👍

やっぱり体感があったのでしょうね。

アランドロン希望だけど(笑)

これからも、よろしくお願いいたします!

 

昨日彼と話して何年か何十年かぶりに8時間寝られましたと報告がありました。

不眠症なので、喜んでましたよ。ありがとうございます😊

一週間ぶりに顔見たけど、若返ってたのでびっくりでした。

 

やー、この前も、「君は輝いていて、パーフェクトボディで誘われやすいから気をつけて」と言われたから(笑)

・・・今後の量子場調整で夢から醒めませんように😁

 

私の方は、ギャラはすごく安いものの、

おかげさまで最近いろいろお仕事を頼まれるようになりました。

この前はFB見た人から、「◯◯さん(有名Wさん)の知り合いだから、もしやWさんですか?お仕事していただけないですか?」とメッセージが来て、

この前新規契約したところです。

 

前回リンダさんの量子場受けてからの変化だから、すごいと思います❗️

秋ごろ、ほーんとにバイトしかしてなかったから。

 

 

 

●その フランス人ご主人から 遠隔月2回ペース

 

こんにちは🌞リンダさんのおかげで体調が良くなった。

ワクチンの影響だった左足のバランスが良くなりました👍

来週の日曜日はもう一度見てもらえるようにお願いできるでしょうか?

御連絡をお待ちしています。

勉強頑張ってください。

昨日は12時間、その前日は8時間ねましたよ!

驚き‼️40年振りかな?

今僕は45だけど!では、来週楽しみ😃

 

 

 

 

 

●観察術講座のご感想 再聴講

 

なかむらさん♪こんばんは♪

2日間、ありがとうございました!

再聴講でまたさらに腑に落ちたし、

良い方々と触れ合え、刺激をもらい、

ほんとに楽しかったです!

 

また、コンガもサルサも楽しかったー!!

踊れるようになりたいです(´Д` )

サルサ講座もぜひ検討いただきたく。。(笑)

 

家に帰ったら、

部屋の空気が軽くなってる気がしました♪

いらないもの捨てたくなって、掃除してました。

それまで自分でどんどん色々観察やってみます♪

 

 

 

 

毎回たくさん ありがとうをありがとう⭐️

量子場師になってよかった。

 

2 コメント

強さと強がりは違う。

強さと強がりは違う

 

 

強さとは 泣かないことではない

 

強さとは 自分を殺して我慢ばかりすることじゃない

 

強さとは 力んで頑張り続けることではない

 

強さとは 女性であることを捨てることじゃない

 

強さとは 全てを自分で背負い込むことでもない

 

強さとは 人のことばかり優先することではない

 

強さとは 勝つことだけではない

 

 

 

 

もし あなたがそれらを強さだと 

それが大人として立派なことだと思ってやっているのなら

 

 

同時に自分がどんどん力を失って弱くなっているのに気がついていると思う。

だから 

ダメだと思い かたくなにもっとやらねば・・・と囚われているのも・・・

 

 

 

 

ほんとうは

 

強さとは そのままでいられることだと思う。

 

強さとは 恐怖に支配されていない状態だと思う。

 

強さとは どんな自分も愛していることではないだろうか・・・

 

 

 

本当の強さを持った人は しなやかで柔軟で根底にゆるしがあるのを感じる。

 

そういう人が 感情がないわけではない

 

むしろ感情豊かで ただそれを 恐れないで自由に表現している。

自由な表現の中にも 思いやりが見える。

 

 

 

本当の強さを持った人は

それを自らの経験の中からそこに至ったのだとわかる。

 

言わないだけで、いろんな事があったんだろう。

 

時に大きく感情が揺れ 耐え難く辛酸をなめ

危機を感じることもあったかもしれない

孤独で寒々しさをかかえ、やっと生きてきたかもしれない

お人好しになり過ぎていいように利用されたかもしれない

天狗になって鼻をへし折られた人もいるかもしれない

周りと比べ 卑屈になったり

バカにされたと 腹を立て虚勢をはったり

裏切りにあったり

世の中の理不尽さに愕然としたり

 

 

 

一瞬 強さを失ったようにみえても 

 

「経験」がその人のもっと大きな意味での理解を深めた。

 

トラウマになったとしても それはベクトルを逆にすればその人のパワーとなる。

 

 

 

 

いろいろ経験したから、

目先の良い悪い、損得でない もっと大きな観点から世の中を観れる。

 

 

小さなことの中にも感動を見つけられたり

地球に宇宙に 畏敬の念をいだいたり

愛し合ったり

家族の大切さがわかったり

一人で向き合う時間の中で自分の中にすばらしいものを見つけたり

周りの人に感謝できたり

 

 

どんな経験からも強さ、パワーへ変換される。

 

怖がらないで

 

その良いも悪いも 好きも嫌いも 幸か不幸かも

その振り幅があっていい。

 

その振り幅が その人の魅力でもある。

 

 

 

最初からバランスがとれなくていい。

最初から とれるはずなどない

 

最初から平均台の上を軽やかに歩けないのと同じ

 

 

大きくバランスを崩し、乱れ、

それをして それをしたからバランスがとれる。

 

 

最初からバランスばかり考え過ぎると

こじんまり守ることしか気が行かなくなる。面白みも魅力もない人間。

 

 

失敗しないよう

断られないよう

きらわれないよう

もめないよう

損しないよう

そつなく その場をしのぐ

 

 

こういう状態は恐怖が根底にある。

 

 

そして自由な表現を避けることで、のどが詰まる。

 

そのうち自分がわからなくなっていく・・・

 

 

 

何でも経験してみたらいいよ。

 

 

いつもちゃんと真面目にしてるなら、 

いい子にして、自分の意見を言わないのなら、

人生の後半は 逆もやってみたら?笑

 

 

 

経験 経験

 

 

イガイと逆の世界の方が 思ったより楽にコトが進んだりする♫

 

 

必要なのは、真面目より ユーモア

 

強い人は 強靭なだけじゃない。

 

 

優しくて、ユーモアがあるよね。

 

 

そこに本当の笑顔がうまれるんじゃないかな?

 

そこに エネルギーが満ちる!

 

 

 

mahalo

 

 

2 コメント

量子場ファスティング5日間

量子場ファスティング やってみた!

 

 

先日 院長と雑談していてお腹の脂肪の話からファスティングの話になり

 

量子場調整を使ってファスティングをするという方法を聞いたのだ!

 

5日間 量子場調整を毎日しながらのファスティング。

 

本人の意思が強くても 

辛いこともあるじゃないですか〜 

食べないんだから。

 

そんなファスティングを

肉体からとメンタルからサポートできるという。

 

 

特に3日目あたりが辛いそうなんだけど

なぜ、辛くなるのかそのカラダの仕組みを聞いた。

 

そうか!

 

お腹がすくということは バランスがそうなってそういうことか ふむふむ

 

量子場調整をすると◯◯の位置をもどすから

なるほど だからファスティングの助けになるのか ふむふむ

 

ファスティング中に臓器が熱を持つのも調整をしながらだと大丈夫だと。

 

でも、それでもお腹がすごくすいたら我慢じゃ(笑 

って そんな話をした。

 

 

 

この話を聞いた日の夜は 

 

そうかもしれないけど〜〜〜 今の私 全く強い意志もないし

ステキなデートの予定があるわけでもないし

水着になることもないし

 

テンション上がらねーっ!て言って 

お酒飲みながら肉を食べながら やる気ゼロだった

 

 

なんだけど

 

 

翌朝

 

でもな〜

東京出張だから冷蔵庫 ちょうどスッキリさせて出てきたし

今週忙しくて あまり食べ物のこと考えなくても良さそうだし

春分あけたし

 

思い立ったら吉日か   やってみようかな〜と

 

強い意志とは無縁なところで軽くやってみようと思った。

 

 

でも やろうと決めたらじょじょに意思が固まってきた。

 

と、とたんに排泄が進みだしたからびっくり。

羽田で3回もうん◯に行った^^;

 

量子場調整 毎日やってるせいか 反応が早くね?笑

 

 

 

5日間のファスティングは初めて。長いなーーーー

 

途中 自分のファスティング状態の体を観察し味わいながら

どういう調整を入れていけばいいのか いろいろ研究し試してみた。

 

 

院長は摂るのは水だけ と言っていたが私にはハードルが高すぎるので

 

 

私は

固形物はぜんぜんとらなかったが

 

 

1〜3日目

水、具無しのコンソメスープやオニオンスープを飲んだり

梅干しを日に1〜2個  ビタミンのジュース

3日目になっても、お腹はすくんだけど

そんな つらくはない@v@ 心がこんなに穏やかでいいのか・・・?

さすがに運動はあまりしたくない感じ。

夜が長いので 早く寝た。

 

 

4、5日目

+酵素ジュースとコーンスープ味のプロテインもとってみた。

時間通りにというより おなかすいてからその時欲してるものを摂りました。

4日目はなんだかちょっとハイな感じで軽く運動をしてみた。

全身の肌がつるんつるんになってきた。ヒャホー!

仕事は集中力落ちず、

観察術講座も全力でしゃべれましたよ^^

 

 

6日目

おかゆから食事再開も しぜんとよく噛んでで食べることができるし

味わいが〜💗 味覚も敏感ですごくおいしいね。

ずっとこんな感じが続けばいいのだか^^;

 

 

終わってみて

 

痩せるためというより 体内の掃除につもりでやりましたが

 

結果 

体重3キロ減 体脂肪1、5% 筋肉量キープ 肌つるつる やや小尻か?笑

 

ファスティング中によくある

臓器が熱をもつ感じもなく イライラや口臭もなく

何かムショウに噛みたいとかもなく

酒が飲みたいもなく

おなかすいて眠れないもなく

 

おなかはすきましたよ もちろん。そんな中でも

おなかがすいている状態を俯瞰できていた

 

にゃんこにエサあげてても、

おまえはいいよなーなんて思いませんでしたしね。

 

でも、断食終わったら何食べようかな〜〜と妄想はしてました(笑

 

 

 

さすがにTVはつけなかったな。

食べ物にフォーカスさせられるようなものばっかりだからね。

 

 

つらかったのは 3日目 観察術講座の時に

とーってもおいしそうなパンの差し入れをいただいて

それをあったかいうちに食べられなかったのは ううう 涙デルー

 

 

終始 頭はクリアでしたね。 なんだか後半いろいろわかってきました。

 

やはり量子場調整を入れることで

肉体の反応が起こすメンタルの揺れを少なくできるようですね。

これは 力強いです。

 

無理やり「欲」と「格闘」しなくてもイイ感じでしたね。

 

 

 

スッキリ終わったので

またぼちぼち 食を楽しもう!

 

 

あ、見た目はそんなに変わってないと思うので

くれぐれも温かい目で見守ってくださいね〜^^

 

 

 

そんなかんじで

量子場ファスティング チャレンジしてみたい人はご相談ください。

 

mahalo

 

 

0 コメント

ゆるしても 愛せない・・・なら

ゆるしても愛さなくてもいい

 

量子場調整で

トラウマリリースをしても

 

何かを

 

誰かを

 

許したとしても

 

許したとしても

必ずしも愛さなくてもいい

 

許しても愛せない

 

そんな気持ちがあっても

そういう場合は それでもいいんじゃないかな

 

 

許してもいつもいっしょにいたいと思わない

それでもいいじゃない

 

無理しなくていい

 

 

 

ダライラマも

 

中国とは取引はするが、いっしょにお茶は飲みたくない  

とある本に書いてあって

 

笑った。

 

 

 

許す=愛する  でなくてもいい

 

許したなら愛せるはず

 

そういう思い込みが内側にあるなら

 

自分を第一に 

優先順位一番で

自分を愛してこなかったことを意味する

 

 

自分より親を愛し期待に応えなければならない

自分より子供を夫を愛し 世話をしなくてはならない

自分の周りの人を嫌わず、自分を殺してでも嫌われないようにしなくてはならない

 

自分より誰かを優先し 愛し 世話をし

気を常に配り 気にしてあげなきゃいけないという

 

そんなしんどさを感じる

 

 

だから一人が気楽でいいと言う大人が多いのかもしれない

 

心は寂しいが

誰かといてしんどいよりマシだ と。

 

 

 

いつも「じゃあ私は?私を誰が 何が満たしてくれるの・・・?」

 

ずっと無意識からこんな叫びが聞こえる気がしている。

 

自分が自分を無視し続けている

 

 

ある意味本人が気がついてなく だから余計に本人は辛いのだ

 

 

 

でも そもそも 本来

「自分以上に誰かを愛さなくてもいい」 と、気がついたなら

 

ちょっとエネルギーがでるんじゃないかな・・・

 

自分の内側に 湧き出る泉がある 

 

ここをお掃除して、たっぷり自分が自分を満たしてから

 

あふれ出たものを周りの人にシェアしよう!

 

だから 早く自分にフォーカスしてあげてほしい。

まずは あふれ出るまで自分を満たしてもいいんだ と

知ることが大切かもしれないね。

 

 

 

自分が満ちたら

「許す」 は 自然と「水に流す」 に形を変えて 

荒ぶる波は消え

思い出になって

過去のイロイロは経験となって

 

その人を ひとまわり大きく輝かせる。

 

 

許すは まだ 許す側と許される側どちらもがあり

 

許す側が上から見ている状況にある

 

そう自分が被害者で許す側にあるという立場

 

 

自分を最優先に愛し、理解し寄り添うようになると

 

立場も関係なく

そこを観ている自分の観点を越え

水に流すという領域に存在できるようになる

 

 

そこをあえて目指して

誰よりも高次の神のような存在に頑張ってなろうとしなくてもいい。

それは違う。

根本 違う。

スピリチュアルかぶれの競争意識は意味がない^^;

 

 

自分の 無意識とともに意識が沿って生きるようになると

自然とそうなっていく。

 

何も問わない

 

誰も問わない

 

ただそうであった。だけ

 

 

 

全てがそうなるのは不可能でもいい

思うようにはいかないこともこの物理の世界にはたくさんある

 

 

嫌いな人がいてもいい

機嫌の悪い日があってもいい

わがままで

臆病で

依存的で

そんな自分をまだ愛せないけど、ちょっと許したい・・・から始めてもいい

 

 

生きていく上で 少し荷物を降ろして歩こうと決めると

そう言う方向に量子の場は作られてゆき そして導かれる。

 

 

ちょっとずつだけど

ちょうど今の季節のように

寒かったりたまに温かかったり

また寒さがぶり返したり

 

でも、つぼみは膨らみ春が確実に訪れているのもわかる。

 

 

あなたがいくつであれ

今からの 人生を自分自身のために

 

顔をあげて 表現を自由に解放し

 

呼吸も健やかに生きていけますように

 

 

 

mahalo

 

0 コメント

熊本に量子場ボランティア

火曜日 熊本にボランティアに再び。

 

昨年は熊本市内、今回は被害が大きかった益城町に。

 

ご紹介で量子場調整を受けたCさんが間を取り持ってくれて 益城町の仮設住宅の集会所をお借りできました。

 

ハンドマッサージ担当3名

癒しの絵を描く担当1名

運転手兼、マッサージ&量子場調整をわたくし

総勢5名。

 

終始 にぎやか(過ぎ!?笑)

 

 

今回は6名のマッサージ&量子場調整をしたのですが

最初は 暇でした。

 

おばあちゃんたち 

いや〜体さわられるっとは・・・もうよか と遠慮気味だったのですが 

 

 

はじめに受けられた、杖をついたおじいちゃんの施術後を見て 全員が 驚愕!

 

 

あれ? おじいちゃん、さっきと全然違う!

体が起き上がってるし、動きが速くなったし、目がはっきり開いたし、しゃべるのもテンポが良くなって、顔色も良くなってる なんでー!!!!?

 

 

そこにいた10名ほどの視線が急におじいちゃんに釘付けです(笑

 

 

おじいちゃん うれしくなったのか

椅子に座ると「よーなった!」と言って膝から下をぴょんぴょん上げて見せ

 

その機敏な動きに私もびっくり@v@

「そこしか見えんかったのが、よ〜オ見える」

と視野の広がりも喜んでいた。

 

 

最初、おじいちゃん会話もままならなくて 

名前書くこともできない。

歩くのも施術のベッドに上がるのも一苦労。

仰向けで寝かせるのが難しい背骨の湾曲。

 

 

 

そんなおじいちゃん わずかな時間で若返ったもんだから、

他のおばあちゃんたちがそこから緊急口コミ(笑)

 

 

暇だな〜なんて思っていたのもつかの間。

 

ふと振り返ったら 施術待ち 並んでいた^^;

 

 

時間が区切られてあって 施術できなかった方もいて申し訳なかったです。

 

全国の量子場師さん、

私一人では足りないので応援願いたいです!

 

 

 

他に来られた方々も 腰痛 肩こり ぎっくりなど軽くなり 一人終わるごとに

みんなが変わった変わったと大騒ぎ。

 

 

 

でも何より喜ばれたのは 心のこと。

 

「ココロが軽くなった」と

 

 

地震によって傷を負った心が 

全部無くなってしまった喪失感が

 

その苦しみ痛みから解放される量子場調整のありがたさを

わたしも皆さんと共に感じました。

 

 

波動が変わると 心が変わるんです。

 

 

 

 

今回お会いした方達の波動に共通してあったのは「ココロが痛い」と

「のどの詰まり」 そんな波動だったのです。

 

去年夏に行ったときは焦りや不安でココロが上づる感じと腰に強い恐怖が

みなさんの共通したものでしたが

 

 

それから少し経ち 余震が少なくなっても 

 

いろんな思いをされたのでしょう

あきらめたり絶望したり 

でも泣き言いわずに我慢して生きた

 

ある方は、建築関係の会社の奥様で

震災後みんな苦しい中での 理不尽な思いや

身内内のイライラが自分に向かってきても我慢するしかなかった と。

 

 

波動を観察すると その人がどんなに身を切られるような思いをしたのか

いっしゅんですが かいま見れます。

 

 

 

言葉にできない

何ともそんな軽々しく 大変でしたねと言えないくらい

 

 

人が生きるという事は

 

何があっても生きようとする その姿は

 

 

どんな年齢でも

 

 

神々しさを感じます。

 

 

 

 

 

現地の方によると

もうじき1年 被災者の方達も最近少しずつ 

いろいろ話す 話せるようになってきたのかも。と

 

 

人が人に 手に体に 触れるということ

 

そこの場は すばらしいあたたかい量子の場となっていました。

 

 

 

また定期的に行こうと思います。

 

 

一人でも多くの方の 心が少しでも癒されて

ココロとカラダが立ち上がって

前に軽やかに進めますように

 

 

mahalo

 

 

怒濤の一日で 準備中の写真のみ^^;

 

 

0 コメント

自律神経やられちゃったら量子場調整

量子場調整は

自律神経系にすばらしく改善がみられるなあ と日々思う。。

 

私も10年前、自律神経やっちゃったんですよねー

 

ある日 突然 体が動かなくなってですね〜 運転してて 急に。。。

 

高速道路にのる直前で異変に気がついてよかったけど

 

もうアクセルがやたら重く感じて

踏みこめなくて

体が固く重く冷たくなるような 

わけのわからない涙がでてきて

あれ?、、、、私 やばい おかしいわ。。。って

 

 

仕事のストレスはありましたよ。でも これくらい普通と思っていたし

行かなきゃいけないのに

やらないといけないのに

責任あるし

 

そんなこと言ってられねえ 甘えられねえーって

 

頑張ってたことが 自分で自覚なかったんですよね・・・

 

 

でもね〜なんか そのころ 朝起きてもだるいし 楽しくないし

酒ふえるし 笑顔引きつるし 出かけるのに気合いが入らなくて入らなくて

 

そんな日々でした。

 

 

そして 体が止まってしまい

 

それでも まあ3日くらい休めば治るかと思いきや

 

1ヶ月しても改善ならず!

 

これは疲労じゃないんだ〜・・・とやっと気がつく。

 

 

 

そこからですね、自分の生き方を大きく変えるときが来てるんじゃないかと

やっと自分自身に向き合うことを始めました。

 

 

親の期待に応えようと 社会の期待に応えようと

そんなんじゃないものに・・・

 

そんな似たような経験をしているかたも多い気がします。

 

なんで今日は自律神経について書いてみよう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自律神経のバランスが崩れると あちこち悪くなる感じなんですよね

体調不良と簡単に済まされない

 

そのうちまた その調子の悪い重い状態にだんだん慣れてくる

 

自分を納得させるために年齢のせいにしたり・・・

 

でもいつも調子の悪いとこばかりフォーカスしてしまってつらいんですよね。

 

 

自律神経はご存知の通り 脳・脊髄から全身に分布して

ほとんど全ての臓器や腺と繋がってそこを支配しているんです。

 

私たちの意思で動かすことができない領域がほとんどで

 

「無意識の領域」と言えます。

 

無意識でいつも動いてくれている そう

 

例えば 

あなたが友達と宴会をしていて しゃべりたおしていたとしても

 

その間 

呼吸も行われガス交換されています 

心拍も刻まれ血液が循環しています

食べ物をみれば唾液が出て 食べた物を消化吸収し 

アルコールは別に運ばれ分解され

余分な水分は濾過して膀胱にたまり

でも ちゃんと出したい時に出していい場所で出て

・・・って スバラシイでしょ

 

 

こういう「無意識の領域」の不調が自律神経失調症なので

 

だから体全体が今までのように動いてくれなくなってやっと気づくんです。

 

それで、

胃薬を飲んでも

便秘薬を飲んでも

睡眠薬を飲んでも

解決にならないのです。

 

 

1カ所のショートではなくて

全体が重い暗い 長期停電のようなかんじ。

 

院長夫人がよく言われます

「事件は体全体で起きている!」と、刑事ふうで(笑

 

 

だから、そのような方の波動を観察するととても全体的に重い。

 

自律神経は 

交感神経(活動の神経。脳、心臓を活発に。逆の作用:消化器系を抑制)

副交感神経(癒しの神経。脳、心臓を休ませる。逆の作用:内臓機能UPさせる)

のカップルだと思ってください。

 

 

交感神経が過多(働き過ぎ)になるというのは主に

大脳と心臓が疲れている状態です。

 

見た目にも現れていて 

背面の緊張 反り腰 足の甲というか指が反る 首、肩の張りなど

慢性的にストレスがかかってる状態とも言えます。

 

よく目の不調を訴える方もい多いですね 

目と頭が痛いとか 見えにくい まぶたが重いとか。

波動観察すると、だいたい視野も狭くなっています。

 

 

片方の交感神経が過多なので 片方が引くしかないんですよね

 

それで副交感神経が活躍できなくて

 

眠れないとか リラックスって何・・・?みたいになるんですよね。

寝ている間に奥歯をめっちゃ噛んでる人も多い。悪夢みたりね。

 

そうそう 消化器系 特に胃が弱りますよね。

そうすると 左側の軸が弱くなって ますます周りの目とか気になっちゃう。

 

 

こんな状態が続くと心の病 鬱病とくくられてしまったり

迷路にはまり引きこもり・・・・

 

 

ま、普通なら、いーっとき引きこもることでまた自律神経のバランスが整い

回復するんですけどね。

 

ただ すごーく時間かかりますよね。何年も(私もかかったわ〜)

 

 

 

その時、量子場調整を知っていれば・・・とも今思います

 

なので 現在 自律神経系が・・・とか、内臓が調子悪くて・・・

冷えがスゴくて・・・という方は

量子場調整をうけるといいと思います。

 

 

量子場調整は「無意識の領域」にコマンドするので

その人の無意識の支配する領域 そう 

 

意識的に動かせない「臓器」全体に影響するのです。

 

臓器の重い波動を調整して骨格も整えるので

 

位置が戻ってくるんです。

位置ってスゴく大切で

ちゃんとした位置でちゃんと働けるんですよね。

 

 

神経系にもフォーカスして調整できるので

早く立て直す事が可能です。

 

しかもまたムリをする自分に戻るのではなく

進化系自分に⭐️

 

 

なんで?、って量子の世界の事だからできる事。

 

 

目に見えない世界を信じられないのはわかります。

でもそれは、こういうのと同じじゃないかな?

 

 

昔 古代ギリシャの時代 

「磁気」という概念が世の中にない時代

磁気で砂鉄が動いたり引っ付くのは 霊力だと思われていたそう。

 

 

でも現代は小学生でも磁気や磁極の事を習う。

習って知っているからそう観る事ができる。

 

 

 

量子の世界も

大脳(意識)はまだ知らない・・・でも

小脳(無意識)は元々知っている みたいな。

 

 

だから、なんだかわからないけど調整を受けてみたい

そんな人が増えているんだと思います。

 

 

 

量子の世界もちゃんと理論がある。

おまけにそれを体で感じる事もできる。

 

観察術講座でもけっこうこれはわかるはず。

 

 

その量子の場とそれが人体に及ぼす影響の法則を知れば

磁気と同じ 理解をしていく。

そういう力が人にはあるんですね〜 @v@

 

 

今の体と心の状態はフェイクかもしれませんよ。

 

 

自律神経を整えて 内臓機能がじょじょに回復して行けば

ちゃんと消化吸収、排泄、代謝、循環、が行われるようになり

ココロの状態も進化するのです。

 

そのチャンスを自分に与えてあげてください⭐️

 

 

あ、それと余談ですが

 

自律神経失調症には量子場調整の他に

愛する人とSEXをすると回復がすごーく早いですよ。

 

男女のエネルギー陰陽の循環が加速度的に臓器のエネルギーを補給するんですね

背骨に神経が通っているので ∞無限大のなす力です。

 

 

人間ってスバラシイ

 

あなたってスバラシイ

 

 

mahalo

 

 

 

0 コメント

量子の世界の限りない可能性

品川に2泊 新しい技術を学びに行きました。ブレイン・Mix・アンノウン

 

いやいや 改めて

量子の世界は限りなーい広がりの世界なんですね〜⭐️

 

ふつう何かを学んだり新しい事を習得するときは 懸命に記憶したり もっと細かく分析したり あてはめて 思考が狭くなる感じがあるけど、

 

 

量子の世界は全く逆だ @v@

軽やかで 広がり 無限だ。

 

 

 

量子の世界を探求して 認識を高めて行くと思わぬところで思わぬものからの影響を受けていた、と理解できたり

 

言われると なるほどそうだな。ということも

 

その事について 例えば当たり前すぎて 意識が行ってなかったけど

その存在自体がエネルギーになっていたり

改めて 驚く。

 

 

自分の感情や いつも意識をしている無意識てきな事も

 

肉体に対しての意識の向け方も

 

その意識が肉体と精神に及ぼしていることも

 

外側に対しての観点も

 

人類の進化と歴史も

 

 

量子の世界から観るといろんなことがわかる。

 

 

わかるというか

 

 

元々、知っていた自分に改めて気がつかされる

ということかもしれない。

 

 

文章が抽象的で 何の事かぜんぜん共感できないかもしれないけど

(さーせん^^;)

 

 

 

一言で言うと シンプルな軽やかな世界なんです。

 

 

わくわくの世界なんです @v@

 

 

 

 

自分が思っている「自分」像

 

 

全く違うようです(笑

 

 

人は誰しも ぼんやりした世界に生きていて

こういう量子の場が どんどんクリアになって行く。

 

 

感情にとらわれていたり

病だったり

トラウマなど過去に生きていたりすると

 

目が覚めていないのと同じなんだ。

 

 

 

疲れた体と心を養い

自分のポテンシャルを能動的に拡大でき

表現し

集合意識にまですばらしい影響を及ぼす事ができる

 

これが加速度的に進んで行く。

 

 

そんな力が ひとりひとりの中にあるのに

 

 

でも、あっても眠っている。

 

 

もったいない。

 

 

量子場調整 変容術 アンノウンは

全ての方に役に立ち 

 

何と言っても すごい人生で「時短」になるというか

 

 

自分も周りも幸せになるための加速する媒体となるものだ。

 

 

 

だってね

みんなせっかちでしょ? (笑

 

 

そんなせっかちな

時間のムダ 

エネルギーのムダをしたくない人に

 

 

そして 自分の進化を望んでいる人に

 

 

ぴったしカンカンです⭐️

 

 

 

今年もどんどん いろんな方に量子場調整師として

積極的に でもリラックスして関わって行きたいですね。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせ

 

4月23(日)24(月) 岩尾院長と夫人が福岡に来られます。

詳細はわかりしだいHPでもお知らせします

 

23日 WIND   13時半から 

    夜はわいわいと懇親会予定

 

24日 クリエイティブ講座 時間未定  

 

 

どちらも対象:観察術講座を受講の方と量子場師  なので

観察術講座を早めに受講される事をオススメします⭐️

 

 

みなさんで波動共鳴いたしましょう(^ー^)

 

mahalo

 

0 コメント

にゃんこが大けが

最近、にゃんこが大けがしてふらふらで

顔が血だらけで帰ってきたんですよ。。。

 

もうですね〜

 

心が痛くて痛くて

どうしていいかわからずに

オロオロする自分

 

さっさと病院に連れて行かなければいけないのに

怖くて

見れなくて

夢でありますように

 

とか

 

落ち着かなくて

落ち着かなくちゃいけなくて

 

あー@@

まるでホラー映画のような現実に

 

座ってられず

ごはんも食べられず

 

体はコウチャクしコチコチで

ストレスで

 

あああああああああああああーーーーーーー

 

普段はカワイイにゃんこの声が

口も怪我しているようで

恐ろしい鳴き声@0@

 

結局その日は何にもできず・・・・罪悪感に苛まれ

 

何とか量子場調整で気持ちを落ち着け

起こっているMyパニックを

 

現実を進められるように設定

 

とりあえず目に映った恐ろしい絵図を

波動消去し

 

おかげで悪夢にはうなされず

 

でも次の日も なかなかにゃんこを直視できず

 

でも波動調整をできる自分で良かった!

 

昨日より覚悟が座った。

 

怖いし心配だし死ぬかもしれないにゃんこを何とかするぞと

 

 

やっと

 

 

やっとの思いで病院に・・・

 

 

獣医さんってすごいね

この状態を直視して治療してくれた。

 

どうやら事故ではないかと。。。

 

暴れないようにおさえてたから結局私も直視してしまったんだけど

 

本当に辛い辛い辛いここ最近でした。。。

 

にゃんこにも量子場調整をし

やっとエサも自分の力で食べられるようになり

 

何とか生きられそうですが、もう二度と動物は飼わないわ。。。

 

 

でも、ほんと生きててくれてよかった T0T

気がついたら大泣きしてました。

 

でも今回の事を通じて

 

自分のまたいろいろパターンが見えたり

 

急激なストレスが及ぼす体の部位と状況がわかり

そこに対して どういう調整がいいのか

またお勉強させられた感じです。

 

ちょっとー   神様ーー

こんなやり方 

やーめーてーよーーーー! と言いたい!  苦笑

 

しかし、量子場調整のすごさを また身をもって思い知りましたね〜!

 

そして、急激なストレスが加わると

波動がすごく肉体に影響して体を歪ませるさまを経験して

 

そこから立ち直るさまを体験して

 

ま、ぐったりしますよね。こういう現実が起こっているときは・・・

 

だけど、波動を調整するだけで

なんとか乗り切れるし

あと引かない感じがスゴいですね!

 

 

ホント量子場調整師でよかった。

 

でも この辛い出来事を通じ 心の変化と

 

自分の中の現実をかなぐり捨てたくなる 弱さや

もしかしたら このまま死んでくれた方が・・・と一瞬思う残酷さや

 

ほんとに、生き物の世話をするのが下手だなあと

向き不向きを再確認させられましたよ。

 

外猫で

にゃんこはここに私といて幸せなのかとか悩みましたけど

 

 

わたしは私のできる事をして

できない事があっても 自分を責めないで

 

どのくらい生きるかわかりませんが

 

ありのままを受け入れていこう。

そう思いました。

 

 

でも今回

 

またこの事を通じて発見 調整して自身のトラウマを克服できたことが大きかった。

 

出来事は 何かを気がつくために起こるのかもですね。

 

 

 

生きているといろんなことが起こりますね。

 

 

人生イロイロ♫

 

 

 

mahalo

 

0 コメント