おへそと感情  

おなか 、へそ周りの

マッサージをしていて全体に腹が堅いな〜

ということもよくあります。

 

 おなか全体が堅いだけで

肩が凝ることも十分考えられます。

胸の筋肉を引っぱりIntercostals

(部位で言うとリブロース)や前裾筋なども

可動域が制限され猫背をも作りやすいのです。

 

横隔膜のところを優しい圧で指を沿わせて行くと いろんなことが感じられます。

中でも、胃など消化器系ダクトあたりが堅い。 

 

気を使いすぎたり緊張状態が続いてる方が日本人は多いようです。

(ハワイ人は食べ過ぎの人の方が多かった^^;)

 

昔、私も緊張するとすぐ胃が痛くなってました。

ご飯が食べられなくなって、その後、解放されたらドカ食いみたいになって

ますますバランス崩してたな。


怒りが溜まってる人は肝臓のある右側の方がRibごと盛り上がりがあるが 

ある呼吸法をしてもらいながらゆるめていくと抜けていく。

何にしろ この辺が柔軟にならないと呼吸が浅い。ほとんどしてない人もいる。

 

呼吸はとても大切。呼吸によって破壊と創造がおこると言われる。

呼吸はこのサイクル、「生きる」そのものということになる。

 

腹:HARA 

 

腹に溜める

腹が立つ

腹黒い

はらわたが煮えくり返る

腹を割って話す

腹をくくる

 

今も日常何気なく使う言葉の中 特に感情に関わった事に 

「腹」が使われてますね。

 

人の腹はいろんなものを溜める「力のある場所」でもあるのでしょう。

自分の思いを言わずに飲み込んでただけで

消化されて消えたわけではなかったのだ。未消化のまま。


昔から、時代劇など仇討ちなどのシーンを見ると

あれはまさに腹に溜めた怒りのパワーの力だな〜とその全うする力に驚きます。

 

感情は現在も腹に「ある:Exist」状態なので、2年前のことも3年前の事も

”あるから” 覚えていることになる。(しつこいとかいう問題じゃないね)

 

 20年前でも、幼少期でも その感情と共に場面が思い出されるはず。

それは今も「ある」 から。

腹にあるのに頭は無いふりしてるだけ。

 

女性は子宮での思いもあるから男性よりそれは複雑かもしれないね。

(前回のブログに書きマチタ^^)

 

 

そして、おへそはお母さんのおなかにいる時

全てを受け取る大切な大切なつながりそのものだった。

 

今は ただの穴!と思いきや筋膜を通じカラダの各部位と繋がっている

カラダの中心、センターなのです。

そして、脳との仲介役でしたね。

 

へそ周りの堅さは内臓のコリ

ストレスなどで捻れ滞り冷たくなる内臓。
どの位置が堅いかでそこに繋がる内臓が元気かどうかわかります。

でも、それがわからなくても 優しくおなかをマッサージしてあげてください。


 筋肉と違いますから 優〜しく扱いゆっくり行う事が大事。

 

 

堅いコリをほぐそうほぐそうとコントロールする必要はないです。

さっさと、ほぐれろー(笑)っと これはやめてあげて^^;

コントロールが入ると、ほぐされないといけない場所が常に現れますしね。

 

ただただ、おなかにありがとうとLOVEを送りながら

内臓は笑顔なのかな?と、感じてみてください。

 

丹田に力が入らない人もだんだん気がチャージされコアが座って来ます。

(ここに力が入るようになると大地からのエネルギーを受け取りやすくなります)

 

男性の方でおなかが弱い方にもとてもいいです。

けっこうセンシティブなんですよね。

 できれば母にしてもらったように優しく誰かにしてもらうとよりいいでしょうね。

 

そして女性の子宮筋腫 多いですね。

私もまだあるようですが

これは他のものと違いさわるとほんとに堅い。

手を当てたとき ここが冷たいか?元気があるかないか?

直感でわかるはずなので感じてみてください。

 

 

冷たく元気がないように感じたなら

寄り添って そこにある思いが出てくるまで気長にいてください。

時に 長年無視されて来たものは すぐ返事が来なかったりします。

そこにある悲しみや抑圧 女性としての埋もれた思いがあるかもしれません。

せかさず(大事) 共にいてあげてください。

 

筋腫がなくても 特にオッサン化?した

自称、「男前」の女子。こんなこと自慢にしてはイカンよね。ほんとは^^;

たまには子宮、卵巣を愛でてあげてください。

 

あなたのココロを熱くする

涙するような思いがあっての かたまりになっているのかもしれませんから。

 

もし出て来たら、じんわりその感覚を味わってあげてください。

あ〜私は 女性だったのだ。と。



全ての内臓と脊柱は繋がっています。

へそ周りがいい状態になることは全身の健康に影響します。大切に💗

 

 

mahalo

 

 

0 コメント

脳と子宮の仲介役を「おへそ」がしてくれる

脳と子宮の仲介役???

 

意味わからんですよね、
しかも 「おへそ」がするなんて

笑い話のようですが^^ 

 

結論から先に言うと 

へそ周り(小腸)を柔らかく気を保たせることができれば

脳と子宮(他、内臓も)のコミュニケーションをとってくれる。という事

 

 

え? と

 

コミュニケーション当然とれてるとほとんどの方は思ってるでしょう

 

が・・・

 

 

脳は常に突っ走ろうとします。 馬のように^^;

 (無意識ですが^^;)

 

社会の常識や価値観を常に意識し

周りの人やメディアの基準に常識自分を合わせようと、

それなりの成功を手に入れ人に認めてもらいたいと。イロイロ 忙しいのだ。

 

 

それぞれが学習したものから生き抜く「すべ」をプログラムしてます。

みんなオリジナルのプログラムで。

 

 

それはそれでいいんですけど

内臓はけっこう脳に振り回されている現実もあります。

 

 

ほぼ全員の方が経験があるのではないのかな。

しなきゃいけない事いっぱいなのに できない。。。意欲がわかない。。。

 

とーってもざっくりですが^^


 

こういう「ちぐはぐ感」は

脳の勝手な思い込みの暴走の結果という事が多いようです。

 

 

結局 気合いしかない!となるか(脳のムリくり勝ち)

私ってダメな人間・・・(両方負け)となるか。

でも、普通からそれをやってるとなかなか気づきにくいですよね。

 

 

これが続くと自分をチクチクと攻撃し続け、疲労感や情緒不安定で

病院に行くと自律神経失調症と病名を付けられたり。

 

 

脳の声:「正しい事をやってるんだよ、何か?」

内臓の声:「あ〜またか かんべんしてよ:;」かも

これが体調不良の元だとも思うんです。

 

 

脳の暴走 例えば

 

・今日は頑張って仕事したからがっつり食べよう!

それに、やなことあったし 呑もう呑もう! が3日続く・・・とか

 

・今日、ちょー忙しいからトイレ行く暇もないわね。がまんがまん。

あ、水飲むのもやめとこうかな。

 

・長時間パソコン、肩凝ったー 職業病ね。みんなそうだし仕方ないか。

 

・休みたい・・・行かなきゃ。 やりたくない・・・やれ!!

 

・今日生理だしな〜 いやだな〜(たしかにそうね^^;)

何で女ばっかめんどくさいんだろ。なくていいのに。
ガードルつけて、パンストはいて、あ、ムクミ予防のハイソックスも・・・

 

・頑張って結果出さなきゃね。

女だと思って馬鹿にしないでほしいわ。戦いよ戦い。

 

・何かイライラする。だれも分かってくれない。もういい人やめたい。

誰にどう話していいかもワカラナイし、迷惑かけたくないし、ストレス溜まるー!

 

 

などなど

日常、すぐそこにたくさんある 頭とカラダのすれ違い。

カラダがSOS出しててもわからなかったりする。

 

 

 

題名にあえて 子宮と入れたのは

ほとんどの頭とカラダのすれ違いに影響を受けやすいから。

 

 

子宮や卵巣は通常

エネルギーの必要な月経、排卵、性行為以外「省エネモード』で動いているそう。

(その分か 妊娠、出産、授乳時は神がかってますよね@v@)

 

 

子宮を例えて言うなら

日頃あまり使わない暗い部屋のようなイメージかな

いらないもの(負の感情)をしまっていたり、上の臓器下垂や骨盤の傾きなどで

流れ(気・血・水)が滞りやすい。でも

 

子宮、卵巣ももの言わぬ臓器の一つ。がまん強い。


 

女性は子宮でものを考える(脳)というのは本当で

ほとんどの女性はその自覚があると思う。

時に、子宮ってびっくりするようなコト言わない???(笑

 

ま、いいとして。

 

 

そう! へそ(小腸)がどう仲介するか?


へその下は小腸です(残念ながら内臓下垂の人はズレてますよー)


陰陽五行説の五臓六腑という言葉はきいた事があると思います。

その中の臓腑の関係で「心臓・小腸」

これらは表裏陰陽関係にある。

 

 

小腸はセカンド・ブレイン 「第二の脳」

Sends and receives impulses.  インパルス(信号)を受けたり送ったり

Recording experience and respond to emotion. 経験を記録し感情に反応する

(栄養を吸収するタダの管みたいに習いましたよね?^^;)

 

 

言いたい事は

脳3つが繋がると、同調してホント💗気持ちいいんです。

 

 

この図、伝わるかな〜

 

 

頭(脳)

 |

小腸(脳)⇄💗心臓 <五行:臓腑関係>

 |

子宮(脳)

 

 

 

へそ周りが柔らかく気が充分にあると、

 

常識に突っ走る 頭の脳と

本能そのままの 子宮の脳と

融合させてくれるんです@v@

 

 

こんな感じに。

頭:いいと思ってやってきたけど、負担かけてたんだね。ゴメンネ自分。

子宮:わかってくれてありがとう!やっと思いが通じたわ。

   大切にしてほしいの自分を。

   そして、女性であることを悦んで受け入れ愛してほしいの。

へそ小腸:よかったよかった。わかり合えたね。

 

これが、へそ周りが堅いとこうはいかないのですよ(また次回でも書きます)

 

 

そして、小腸が仲介できたら 心臓、そう💗ハートのパルス(脈)も整う。

ハートチャクラ(第四)が開かれ自分のコアが安定すると

えも言えぬ安心感がある。 

なぜなら 頭は考えるけど、ハートはもうすでに「知っている」直感だから。

 

そして下3つのチャクラ上3つのチャクラが花開く。

参考に:(ハート・チャクラ 心を開くことの大切な意味

 

心臓はただのポンプではない。

内分泌系の器官でもありその分泌ホルモンは癌や難病をも消滅させる力があるそう。

 


へそ周りを整えると

進む道に迷わなくなるって不思議ですね。

 

 

へそ周り、優〜しくマッサージしてあげてください。

手の平から出る気をお腹全体に行き渡らせるイメージで。

 

 

もちろん私にしてもらいたい方はどうぞおこし下さい。

 

 

何か、文章構築 難しかったー^^;

また懲りずに 書きますね。長いの読んでくれてありがとう。

 

mahalo 

 

 

3 コメント

本当はみんなピュアなの

ピュア☆

何だかすてきな響きですね。

純白だったり透明感があるイメージでしょうか。

 

大人になって月日が経つと 遠い昔のことで

自分には

関係ないようなワードに思えるかもしれません。


 

そういえば、今はピュアじゃなくてプアだ

と笑ってた友達もいたわ^^;

 

 

計算高い、意地悪い、腹黒い、ケチ臭い、したたか

弱ったふり、私は犠牲者、残酷、ぶりっこ

目には目を、威圧、コントロール・・・

 

こんな事はきっとピュアとはほど遠いイメージだと思います。

 

 

だけど、ピュアだったから 周りの大人たちの⇧の空気をまねしたんですよ。

その周波数で生きるのが人生だと思い込んで、罪悪感とともにそう教えられて

そうして生きるしかなかった。

 

 

そして、ピュアだからいっぱいいっぱい傷ついた;:

 

そして、今だピュアだから まだ生傷なのに

最初の教えを守り続けているのかもしれない。

また傷つかないように(こうすれば傷つかないと勘違い)

 

 

だから今も⇧のようなものに罪悪感を持ちながらも 見破られないように

いい人に見られるように変に努力して 緊張して

上手に?心身のどこかに冷凍保存中。フロ〜ズン

 

 

でも、今だピュアだからこそ つらいんです。

この冷凍保存。

 

 

それにアラフォー近くにもなると肉体がこれにかける体力もなくなってくる。

 

 

ピュアじゃないから 私は・・・・ダメな子・・・・

じゃなくて、今もピュアすぎて⇧をしっかり持ってしまっている。

そして心身のアラームが鳴りだす。

 

 

だんだん身と魂に合わせ こういうものも断捨離したくなって来るでしょう。

さらにライトボディになるために。

 

 

冷凍保存を解凍する。   コワイ?

 

怖いねー!!!

 

 

でも怖いって認めたら・・・解凍完了^^

 

 

冷凍保存の正体は、「あるって認めてよ!」だった。

そして、それは悪いものではないよ。ただ悪いと教えられただけだよって。

 

ありのままとは あるまんま。だもんね。

 

 

スペースシャトルからの地球は美しくても

海の底にはごみもある。ひどい場所も地球上いっぱいある。

 

美しい森の中も落ち葉の下はうごめく虫だらけ・・・

でもそれらが 木々を成長させ空気を浄化してくれる。

 

 

教えたられた 良い 悪い。 きれい きたない。 常識 非常識。

 

こういうことに時に疑問を持った方が穏やかでいられると思う。

 

 

 

 

最近、私にもおこった。まだこんなのもあったのか〜知らなかった〜@v@

という驚き。ははっ(笑 ♫

 

 

何かふつーの日々の中で

何となく違和感や ざわざわ気持ちよくない感じがすることがあれば

これはサインかも。そして、忙しすぎるとこれがわからなくなる。

 

 

何だろね この気持ちよくない感じ・・・教えてね。って言っとけば

答えは来る。すぐかもしれないし、ズ〜っと先 かも。

 

ぼーっとしてる時かもしれないし、物事に直面した時かもしれない。

それは誰もわからない。

 

 

悪いといわれるピュアじゃないといわれるものも自分の中に認めれば認めるほど

怖さが無くなってくるのを感じるでしょう。逆に愛おしくなる💗

 

だってそうやってでも懸命に生きて来たんだよ。

 

そして、冷凍保存の中身 知ったからね^^

正体が分からない得体の知れないから怖いだけなんだよね。

 

 

 

そして、更なる解凍が進むと 

 

人間が無知だということ

自然界にかなう事はないとわかり 何も見栄を張らなくなると思う。


知識って大切だけど、エラいんじゃなくてその道のオタクって事ですものね^^

 

叡智とは違う。

 

人間も自然の一部。

何だか世の中生きづらい事もあるけどこれも自然の流れの一部なのでしょう。

 

だから「自然の一部である自分自身」にまずフォーカスしてあげてください。

穏やかに耳を澄ませ、寄り添ってあげてください。

 

ピュアな叫びが聞こえてくるでしょう☆

 

mahalo



 

0 コメント

心とカラダの鎧を脱ぐ時

きっつい補正下着をいつもつけているという女性。友達の友達。

 

そんな、鎧みたいなのつけんでも〜

細っいのに^^;なんでまた^^;

 

カフェで座ってる彼女の背中をさわるとカッチンカッチン。

メトロノームの動きみたい直線、

ゆらぎゼロ。

 

もし私が、男だったら ふと触れた彼女の背中や腰が鎧みたいだったら冷めるな〜

なんてちょっと思ったり。

 

寝違えてるし、不眠、頭痛、肩こり、腰痛、イライラ、慢性疲労・・・だそう。

そりゃそうなるでしょ! んなもん一日中付けてたら(だれでもわかる)

 

 

でも本人はそれがいいと思ってるよう。

夜もブラをして寝るらしい@0@ オソロシイす・・・

 

思い込みってのは時に客観視できないもんなんですね。

 

 

彼女は最近、笑ってない顔してた。心もカッチカチみたい。


補正下着でスタイルは良くならない。良く見せることはできても脱げば元通り。

長時間付ける体への負担は 後で取り返しのつかないものになりかねない。

 

 

考えてほしい

全ての体のFlow〜流れが滞ると悪影響しかない。書けばきりがない!

地球だってFlowがなくなると・・・どうなる?!(怖

マクロとミクロは同じなのだ。

 

 

おっぱいが垂れるから夜もブラ!?

あばらの動きが制限され呼吸が浅くなるし、あばら締め付けるから垂れるのだ。

解放して胸をはれた方が上向くでしょ。

 

 

程よく体を動かせば筋肉という美しい補正下着を手に入れることもできるんだけど、

 

その人の「美しさの定義」 これによって大きく違いますね。

 

 

しかし 全身硬直状態、精神も緊張状態

こんなんで ジョーク浮かびます? (言ってもスベりそう)

こんなんで おいしく食事できます?

 

そんなんで 楽しい??? 

 

 

彼女なりの美しく”してなきゃ”なんでしょうけど、、、どっかつらそう。

 

これは極端な例かもだけど、私たちはどこか美に対しての強迫観念があると思う。

 

それは、異性にモテるため だけ ではなくて

同性の女性の目を気にしすぎてのことも多いように感じる。

 

 

「脳」は、その考えを採用しているが、それに従わなくちゃいけない他いろいろ、

 

例えば

内臓はなんと言ってるだろう・・・

子宮や卵巣は喜んでいる・・・わけないよね。

 

 

全ての答えは 今の彼女の体調に現れている。

 

それを体からの必死の訴えだと知らず?か、

気づいたら怖いからとても上手に無視しているのか 本人の自由だが

 

 

美もテキトー(適度)に

仕事も いいかげん(良い加減)にし

肉体がしなやかで長持ちするよう祈るだけです☆

 

 

そして、がっちり補正下着が語るもの

鎧を付けて、彼女は何かから自分を守りたいのでしょう。

鎧がない「素」の自分を愛し 心から信じることが今はできないでいるのでしょう。


腕組みもそう、鎧。


できてもできなくても

親からそのままを愛してもらえなかったのかもしれません・・・

 


でも今はそういう「時」というだけで、

いずれ彼女のタイミングで彼女の中で受け入れが進んで行くのでしょう。

 

 

そこは彼女の領域。

周りの人はそっとしておく。私も。

 

 

数日後、彼女は体調不良で病院に行くと肺に陰があると・・・

 

 

驚いた。

でもそういう時も 寄り添い見守り祈ることだけ。

たとえ家族でも、それしかできないのが人間なんですね。

 

必ず自分の人生の責任をとる状況が来る これは避けられないこと。



責任と言うと 攻められているように感じるかもしれないけど


今までとちょっと違う方向からものごと見る時がきたよ。

そして、それは誰かがしてくれるわけではない 

「自分しか」自分にしてあげられないんだよ。


そんなことなんだと思う。


そして、

思考をシフトして新しいアクションをおこし宿題は終わって行くのでしょう。

 

 

もう1つ言えるのは 病気は彼女への神様からのギフト。罰ではない。

月日が経たないと、その時はそう思えないんですけどね(経験した〜:;)

 

 

陰も陽も経験して中庸がやっとわかる。

後になって あれはこういうことを教えてくれたんだ。ありがとう と。

やっと言える。



彼女の心身の鎧もこれをきっかけに溶ける方向へ行くのでしょう。

Take it easy. 

をこれからたくさん経験してほしいですね。

 

 

バナナも鎧脱いで・・・

 

・・・・なぜかアイロンかけてますけどね>v<

 

 

mahalo

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

自尊心って 子供の時が大事 

HPをリニューアルするのに家じゃはかどらないので近くのかわいいカフェに来てます。

wi-fiもあっていいんですよ〜♫


パソコンとにらめっこしてると隣の席、

キッチンから一番近いところに 

ここの従業員らしい女性が2歳くらいの男の子を座らせて、「いい子にするのよ!」と

ジュースとクッキーを置く。


スマホでアンパンマンを見させ、ママはここでバイト?の様子。


2歳児、きょろきょろ。私と目が合った。ニコッと笑顔を送ったんだけど・・・テレはにかみ。

ジュースを飲むと途中でダメと言われたキッチンに何度も入りママの所に。

「ここに入ったらダメと言ったでしょ!座って!お利口にして!」


ピリピリの空気が伝染する。

コントロールと威圧 ママからのものだ。

ママが気にしてる「うちの子」からは嫌なものは何も出てない。


んなもん、無理だし、いいのに・・・〜と心で思いながら ふと、ママの顔を見ると

すんごい恐ろしい形相で子供に言って聞かせてる・・・

目が、ハンパない尖っている。


ママも事情があって見る人がいなくて仕方なくバイト先に連れて来たのだろう。

他のバイトの人に気を使い、お客に気を使い

すいません、うちの子うるさくて。。。親としての責任感なのか

ちゃんとさせなきゃオーラが目を尖らせている。しつけしてますオーラもアピール。


思うんですよ。

もう少し、日本の子供を育てる環境が優しかったらいいのにって。

子供は騒ぐものだよ〜。あんたもちいちゃいときやんちゃしたでしょ^^と 

おおらかに認めて許容する空気が日本にないのだ。


ハワイで暮らしてた時 周りの大人の子供への接し方に愛があって

心が温かくなることが何度も何度もあったのを思い出した。


これは小さなことではなくて とても重要なこと。


男の子はこう思ってるのかもしれない・・・

ぼく2歳なりにママの言いつけを聞いているつもりなんだけど

でも、ママはすごい鋭い目で自分を見て 常にいい子にしないとダメな子だと言う。

僕がいてママはいつも、すいませんすいませんと謝っている。

ゴメンネ、僕はママといたいだけなのに、僕の存在は邪魔なんだろうか・・・


自分の存在が喜ばれているかどうかは子供でもわかる。

だから子供は小さくても自分を抑え親に合わせようとしたり、

逆に、かまってかまってが強くなったりする。


日本は 社会の目を気に過ぎるほどでないと生きて行けなくて ママたちも大変だ。

子供に寄り添うよりもそちらが優先される。


私も自尊心がなくて苦しんだ。


隣で こんな小さい子が、こんなに気を使ってるんだ・・・と目の当たりにして

自分の小さいときの断片の記憶が蘇る。

そういうことも含めてか 今も弱い所があると自分でも思う。



こんな社会環境だと 自尊心が育ちにくい。

自尊心がないと自分のありのままを愛せないのだ。

子供は、親の後ろ盾があれば強く、パワーがでる。

何のために生きてるのかとかあまり悩まなくなる。


きっと君のママのそうやって育てられていたんだろうね。



ありの〜ままの〜♫ って歌。

何だかね。

ありのままになれないから、はやるのか・・・




2日後カフェに行くと、また同じシュチュエーションだった。

ママがすいません、うちの子うるさくて・・・と言っとかなきゃて感じで声かけて来た。


その時、「子供だもの。当然ですよ。全然だいじょうぶ。

もっと社会全体が子供はやんちゃなのを認めると育てやすいのにね」と話してみた。



ママの表情がゆるみ その後の子供の接し方は明らかに優しくなっていた。

子供のもきっとそれを感じ取ったのだろう。

なぜかズボン脱いだりしてたけど(笑)

そんな困るようなやんちゃぶりもなく、店の中もピリピリせずで客の私にとってもよかった。


作業はかどり、ほぼほぼHPも仕上がって来ました^^☆



子育て中のママ

「堂々と」愛を持って育ててあげてください。人を育てるという尊い日々の最中なんだもの ね。応援してまする💗

mahalo













0 コメント