お客様は神様です・・・は 時代に合わない。

~お客様は神様でございます~

 

この言葉は 現在も色濃く浸透したままですが・・・

はたして 今の時代に合っているか考えると とても疑問ですし 違和感を感じます。

 

 

 

戦後 ミナミハルオ (字がわからない^^;)が 

両手を広げて メディアで言っていたんですよね?

 

 

時は 高度経済成長 真っ只中。

大量生産 大量消費の時代 企業からしたらそうだったかもしれません。

 

 

 

しかし 物からサービスの時代に入っても ずっと続いたこの思考は

 

「私は、客なのよ!」 的なものをつくり出し

売り手側からは 利益を上げるために 客にへつらうような態度もうかがえる。

 

 

 

 

本来、 売り手も 買い手も イーブンだと 以前から私はそう思い そう接してきました。

 

売り手は それだけのものを作り、サービスを提供して、

買い手は それに価値を感じ 自分の意思で購入する。

 

売り手は そこにいたるまでいろんな投資をし、スキルなどを身に付け エネルギーを提供する。

買い手は お金というエネルギーを使い 自分がほしいものを得る。

 

をどう考えても 同等だ。

 

 

 

 

お客様だけが神様でなく 売り手も神様。

 

どちら側に立っても どちらもありがたい。

 

 

売り手からすると・・・

うちの商品を購入してくれてありがとう。

うちのサービスを利用してくれてありがとう。

 

そこには感謝が 自然とうまれる。

 

お客さんがいてくれて あなたがいて理解してくれて

社会に貢献できていることを実感でき 生活も成り立つ。

 

 

 

買い手からすると・・・

こんな商品を 研究、開発、製品化してくれてありがとう。

こんなサービスを行ってくれるなんてありがたい。

暮らしが快適になり 専門のアドバイスもいただけます。

 

 

 

今の時代は  お客さんは、私の家族。私の友達。 そんな感覚で 

 

愛の延長線上に物やサービスがある。というのは理想の形だなと私は思います。

 

 

 

いろんな方面で絡み 輪を広げ 

いい友達に いい友達の紹介が広がり 家族のようなつながりが出来ていく。

 

 

 

家族からの愛を知らなくても 他人が教えてくれることもたくさんある。

表面上だけでない そんな輪が広がっていくことを いつも祈っています。

 

 

 

そして、必要以上に 得しようと搾取することばかり考えたりせず

買い手は 気持ちよくお金を払い 

売り手は お金の罪悪感とさよならし 気持ちよくお金を受け取る。

 

そんなところから 豊かさは始まるのではないのでしょうか。

 

 

豊かになっていくことを 自分に許可してあげてください。

 

 

Mahalo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

季節の邪気。湿邪と暑邪

久々 夏バテしてま~す・・・^^;  

 

昔、いやいや働いてた銀行員だったころ 以来でしょうか・・・^^;

 

 

ここ2年 ハワイで夏を過ごして 体がと~っても楽だったので

今回 調整がなかなか難しい・・・   肝、腎系がパワーダウン気味です。

 

すっぱいもの 苦いもの 冷たいもの そんなものばかり欲しがってしまいます。

 

 

 

気圧のぶつかり合い。 日本上空は 低気圧、高気圧 激しく変化しますね。 

「気圧の谷」は 人間の体に かなり大きな影響があることを 改めて 細胞で知った感じです。 

 

ハワイは上空はいつも気流が流れていて とても軽いんですね。

気の圧 が少ない。 日本の夏は 圧力鍋の中にいるような息苦しさを感じます。

 

 

 

暑いときに暑いところで食べる 真夏のBBQ がいい!

 

そんなこと まーーーったく思いません。  

多分、多くの女子は そんなの嫌いでしょう^^

 

気合で夏を乗り切る! なんてのも 無理やりな感じ。 

日本人は気合!好きですけどね。 

 

 

蒸し暑い日本の夏は それなりに 体の状態を聞きながら過ごす。

それで いいのではないでしょうか。

 

無理やりは どこかで必ず調整を強いられることになります。

 

 

 

東洋医学で 「湿邪」シツジャ 「暑邪」ショジャ という言葉があります。

梅雨時期から夏にかけての 「季節による邪気」です。

 

 

湿度が高いと 濡れた服が重くなるように 体が重くなりますね。

 

これは湿邪が 経絡や内臓の働きを詰まらせやすく 

便尿などの排泄困難 むくみなども起こしやすい特徴を持つからです。

 

 

暑邪は 大量の汗の流出などで 津液といっしょに 気 を排出し

脱力感 倦怠感など もたらしやすいです。

 

 

 

日本の四季 は 美しい。 ということは教えられてますね。

 

でも 日本の四季は 体にかなり負担がかかる というのは

あまり認識のないところ。

 

 

夏だから暑くて当たり前

冬だから寒くて当たり前

 

 

そんなくらいで それに耐えて当たり前!の空気を感じるのは私だけでしょうか・・・?

 

 

日々対応し続ける 自分の体をいたわってあげてください。と

私は言いたいです。

 

 

体は日々変化します。

その働きを 知れば知るほど 敬意を表し 大切にしたくなるものです。

 

 

もう秋がそこまで来ています。

 

秋は おいしいものがたくさんですね。

 

秋の果物は からだを潤すのは最高です。

乾ききった夏の後に これらが「旬」となる意味がわかりますか?

 

 

栄養をつけ 次の冬に備えます。

冬は体を温めるような根菜類が「旬」となります。

 

 

すべて 自然の摂理の中で生かされ 恵みをもらっている私たち。

 

今 やる気が起きない 疲れが取れない だめな私をなげかなくていいですよ。

 

体に「ありがとう」 と言ってあげたほうが どんなに体が回復するか☆

 

 

 

気合より 感謝☆(^-^) Mahalo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

2 コメント

信じる心から選択するか、恐れから選択するか・・・

わたしたちは 肉体という 「物質」 を持った存在であり
同時に 「気」 の存在でもある。
 
肉体を存続させるため 種を残すために外部のこと、(物、金、人など)
を コントロールしようと必死になる。
 
しかし だんだんと 外のものは 本当の意味でコントロールできないことに気づく。
 
 
恐れが大きいと このことに 永遠に気が付かない。
気がつくのが怖くて コントロールし続けようとする・・・といった方がいいかな
 
 
コントロールできるのは 外の世界に対する「自分の反応」
=思考、感情だと気が付く。
 
 
それがわかると 自分の魂が変化するリズムをつかめだし
抵抗(コントロール)しなくなっていく
 
それよりも 今 内側にどんな波が来ているのか それに従いたくなる。
 
そして 圧倒的に 導かれていることを感じるような 実体験が次々起こってくる。
シンクロだったり、具現化だったり 出会いだったり
 
時に宇宙からのギフトは 想像をはるかに超えてて驚く^^
 
 
大いなるものに 完全に身をゆだねる とは
何にもしないでいるのとは違う。
 
 
ここ! 今っ! て時は サッ!!!と動く。
理由は・・・? わからない。 それでも アクションを起こしてみる。
 
 
信じる心、わくわくする心から 選択したものには 恐怖がない。
途中 恐怖がよぎっても 進み、形にしていくことが出来る。
 
 
恐れから 選択するのもいいだろう。
ただ その思いどおりになる というだけで 正しいも間違いもない。
それがお好きな人は どうぞ。
 
 
「自分が どういう歩みを選びたいか」
 
それだけの話。
 
 
選んだ道が 私の人生。
 
 
Mahalo
2 コメント

見えない 刀

みなさんの腰には 「刀」がささってないですか?

 

人に何を言われるんだろう・・・ みんなこう思ってるんじゃないだろうか・・・

相手は まずどう出るんだろう・・・とか・・・

 

そんなことが気になりすぎて常に 身構えている人々

 

もしくは 敵にやられる前に攻撃しなきゃと 威圧的になり

でも、心の内は 怖くて震えている人々

 

腰に収めている 見えない刀。 まるでサムライのよう。

 

 

日本に帰ってきて 日本人の方々にマッサージするようになって

 

どこかに力が入ってて、力の抜き方がわからない、

リラックスするといけない気がする (再び戦えないのではないか^^;)

 

そんな話を 施術後 ぽつりと話す人が多いことに驚きます。

 

 

太ってるから・・・とか ムダ毛の処理が^^;とか 気になって なんて方もいらっしゃいますけどね。

部屋は 暗いし、セラピストは その人の筋肉などの状態にあった施術をして 少しでも楽になりますようにと 

忙しいので そういう視点で見ていないんですよ。 ご安心を~^^ 

 

 

その人の ありのままを認め 

それぞれの個性の違いがあることを 受け入れない何かがある・・・

 

大陸のように いろんな血があまり混じってない日本人。

 

純血の日本人が 圧倒的に多いはずです。

だから なかなか違うものを受け入れきらない。それも1つの理由のような気がします。

 

 

日本人もどんどん 海外に出て、または海外の人を受け入れて

血が混じっていく事を 私、個人的には願っています。

 

受け入れることを知らないので 小さな単位 

例えば 楽しいはずの習い事でも 派閥があったり いじめがあったり。

 

狭い中で 思考も狭まるばかりです。 何が楽しいんでしょうね?

 

 

人にとって広がりを感じることはとても大切です。

 

自分の知らない世界を知っていくことは

大きな可能性や喜びを感じるはずですし 

 

国境も 国や企業の利権が関係ない一般の人々にとっては

インターネットがこれだけ普及した今 あまり関係ないことです。

 

 

君はそうなんだね~ それも おもしろいね。

君の意見と 僕の意見は違うけど どちらもありだね。

 

こんな風になっていけば 刀を腰にさして歩かなくてもいいですよね。

 

まずは 自分が刀を置いて 人に会うことからはじめれば

周りの人も安心して刀を置くでしょう。

 

そして 刀を置くことが怖くて ドラマが好きな人たちは

「類友」で集まって チャンバラやっててもらってかまいませんしね。

 

 

心が Tシャツにビーサンくらいになれたら 肩こりも少なくなりますね きっと。

 

Mahalo

 

 

 

 

 

 

0 コメント

武勇伝について

人の武勇伝は おもしろい。
 
その人の 人生の物語のUP&Down
想像力を働かせ その時の感情に共鳴し、感動する。
 
 
しかし いろいろ聞いてきて思うことは 
人の武勇伝ほど 自分に当てはまらないものもない ということ。
 
きっとその人は その時代の中で 自分の 環境を生かし 経験を生かし 
キャラクターをわかり 自分オリジナルのものを 生み出している。
 
 
同じように聞こえた ビジョンも 今までの 生い立ちも含め 
人生の中からうまれた 深い意味を持つものも多いので 表面上だけではわからない。
 
 
武勇伝は 刺激やヒントにはなるが そのまま自分も そういう風にマネしよう!
となると。必ず挫折する。
 
 
もう 最初の時点で その武勇伝の人と自分との比較からはじまっているのに、
 
最初の時点で ビジョンも大きく違ってしまっていることにも 気が付きもしない。
 
 
 
「その人と 自分は 違う。」 単純に それだけ。
 
必ず アレンジや プラスのオリジナリティ が自分を助けることになる。
 
 
 
 
人のしてるようにする 事でうまくいった時代もあった。
 
みんなが 物を持ってなかった時代のこと。
 
ただ それは そういう時代だっただけで、それが 今は過ぎ去っただけ。
 
 
 
しかし 本来ビジネスを いい形ですすめている人たちは いつの時代も
 
自分の嗅覚を信じ オリジナルを形にしたものではないだろうか。
 
 
そして その ゆるぎないビジョンに賛同し それを形にするため
いっしょに働く人々が現れる。
 
 
旗を掲げる人は 本人は気づいてるかどうかにかかわらず
 
直感的なものも備わっていて 時代の先を読み 
恐怖があったとしても 最終的にそれに屈することなく 道を切り開く。 好奇心の持ち主だ。
 
そして、万物は 常に変化し 何一つ 変わらないものは無いということを
深いところで知っている。
 
 
その一方で  
 
武勇伝からわかることは 人間の原理原則。 
人としてと いうものの共通点は いつの世も 世界どの地域でも変わらないという 普遍の法則。
 
例えば 奪えば奪われるし 
最終的に 愛のある人に人は集まり 経済も集まるなど。
 
 
 
変わるものも 変わらないものも 混沌と存在する。 陰陽の世界。
 
そんな中 自分の中の オリジナル軸を持ち生きていきたい。
 
 
えらそうに書いてますけど 散々 私もいろんな経験しましたね^^;
失敗?成功?・・・ そのときの目先のことや 人の意見で決められたようなもので
 
今 思うのは 「人間万事塞翁が馬」 ですね。
 
 
軸を持つと 人との比較は必要なくなり 自分をダメだと思うこともなくなる。
 
そこから ほんとうのクリエイト(創造)が始まる☆
 
 
わくわくする クリエイトに取り掛かろう!
そこからの 感動や喜びを味わうために この世に舞い降りてきたのだから。
 
そして まずは そうしてもいいんだよと 自分に 今!許可しよう。 
 
「今」
 
100%が無理と思えたら 10%からでも許可しよう!
Mahalo
 
 
 
 
 
2 コメント

無駄が嫌いな人へ 

無駄なことはいや!
 
そう思う人は多いと思います。
 
それでなくても 日本は早く早く、もっと効率よくを
かなり求められる国なんだということが 以前よりも増して感じられます。
 
無駄は ダメなこと。 そんな感覚がありますね。
 
 
 
今日は 「体のしくみ」と 「無駄」について からめて書いてみます。
 
女性は毎月 生理がきますね。
 
これはご存知のとおりに 赤ちゃんの卵が着床するための お布団。
用意したけど、赤ちゃんの卵が着床しなかった場合 剥がれ落ちるものが生理です。
 
体は いつ来るかわからない 赤ちゃんの卵を待って
いつもいつも 毎日毎日 お布団を用意。
 
 
あ~来なかったな と思ったら掃除(生理)
毎月毎月・・・・これが 40年前後も 繰り返されます。
 
男性の精子もそうです。 そんなに 数いらんやろっ!ってくらいに作られますね。
 
 
これは 人間の小さな頭で考えると とても無駄なことのように思えませんか?
 
脳にまかせておくと どうせ 今月は使いそうにないし~ 
なんて考え 今月は無駄だからいらないか。と決めてしまったりするでしょう^^
 
 
でも どうしてこういう体の仕組みが備わっているのでしょうか?
 
そして 果たしてこれは 無駄だと言えますか?
 
もっというと 無駄って ダメなものでも 不要ではないということだと
肉体というものが教えてくれている気がします。
 
 
そして、その理由は わからなくても この体の仕組みが 備わっていたからこそ
あなたは 今 産まれて 生きて 次に命をつないでいけるのですね。
 
体を知っていくと 無駄の概念さえ変わってくる感じです。
 
 
目先の損得。 そこだけ考えると 無駄で損に思えることも 
 もっと長いスパンで 大きな視野で見てみると ステキなことだと 気がつくこともたくさんありそうですね。
 
体さん ありがとう☆ Mahalo
 
 
 
 
 
2 コメント

女性性について その2

夏真っ盛りですが 元気ですか?

 

私は 久々のこの暑さで 若干 弱ってますう~^^; 

 

 

 こんなに暑いのに 日本では 体のラインをなるべく隠す洋服が多いですね。

 

二の腕が隠れるように、おなかが隠れるように・・・などなど

 

 

デザイン性もあって カワイイですけどね。 みんな同じような格好で印象に残りません。

 

日本人は決して 太っていないです。 それより 度が過ぎるダイエットして

 

誰かわからなくなるような つけまと アイメイクして 日傘差して・・・ 大変ですね^^;

 

あなたは いったい誰ですか!?^^

 

 

もっと大胆に 出しても かっこいいのに!

 

背筋を伸ばして ひざ裏伸ばして歩き  笑顔でいれば どんな年齢でも

 

それだけで十分ステキですよ☆ 自身もって!

 

 

体のラインがでる 女性らしい服を着ると

 

異性の興味をひく いやらしいわたし。 同性からも がんばりすぎって思われたらいやだし・・・

 

控えめにしていないと。

 

 

 

そんな思いは 日本中にたくさんあるようですね。 これも女性性の否定の一部なんだと思います。

 

 

女性が そのままの自分のおしゃれを楽しんだり 女性をかもし出すのも なんだかしづらい国ですね^^;

 

ガードがあるから 男子も声をかけづらいですよ。 かわいそうに:;

 

 

 

性に対して 罪悪感を持たせることで 女性のパワーをうばい コントロールされてきた歴史が今もあります。

 

 

これは世界中で起こってきたことです。これを書くと長~くなるので やめておきますが、

 

女性性が軽視された時代は 長く戦争が起こっています。

 

 

 

ハワイにいたときに 女性性について 気がついた出来事がいくつかありました。

 

例えば トイレにある 「音姫ちゃん」 ハワイにはありません。 

 

要するに 排尿という 人間にとってきわめて生理的な音を 恥ずかしいと思う・・・

 

そんな文化を持った国、日本なんです。

 

 

ありのままが はずかしく いけないことだから 消そう。 そういう奇妙な考えってことです。  

 

 

 

トイレねたが続きますが・・・

 

ショッピングセンターのトイレに入ってすぐのところに 赤ちゃんのオムツ替え用のベッドがありました。

 

日本人の 母と祖母でしょう 女の赤ちゃんのオムツを替えながら

 

「あ~はずかしい はずかしい。早くないない ちまちょ~ね~」と言っていました。

 

 

生まれてすぐから もう 「性は、自分は、はずかしいもの。いけないもの」 という

 

アファメーションが 確実に入り込んで 受け継がれます。

 

 

 

日本には 他にも 生理の時は神社の鳥居をくぐってはいけないとか

 

巫女は処女じゃなきゃいけないとか

 

穢れる(けがれる)という理由で 女性が参加することを禁じられてる祭事があったり

 

 

女性は 何もしなくても穢れているというマインドコントロールが 今もしっかりあります。

 

 

女性性= 優しさ、ゆるし、共存、つながり、慈愛、平和 など いろいろありますが

 

「女性らしく」 これは女性性の 女性という性を持って生まれた喜びの部分なのに・・・

 

「女性らしく」オープンになりづらい日本。

 

 

でも アファメーションで その記憶を塗り替えていくことは可能です。

 

まずは 自分の体を やさしくなでてあげて

 

子宮や卵巣に手を置き その内側の声を聞いてあげてください。

 

アロマオイルやキャンドルなど 好きなものを使い

 

傷ついた女性性を癒してあげてくださいね。

 

 

Mahalo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

日本女性の「女性性」

日本は 忙しい国です。 忙しいことが良いとされている国です。

 

忙しい=仕事がさばけない、余裕が無い人  という感覚の外国人からすると

 

正反対ですね^^  忙しい忙しいって いったいいつ楽しむんだい!? って聞かれます^^;

 

 

 

女性が社会進出しだして だいぶたちますが

 

その忙しさ、日本特有の 厳しさ との戦いだったように感じます。

 

男尊女卑は今だあります。 「女のクセに」 「女に何ができるか」 ・・・そして力での抑圧

 

 

私自身も 小さいころから そんな言葉を聞いて育ちました。

 

「女性であることが いけないこと・・・」 そんな思いを無意識に持っている人は多くいそうです。

 

 

 

そんな中 女性たちは バカにされないようにと そして男女平等の社会を求めて歯を食いしばってきました。

 

しかし現実は 女性が「男化」しないと生きていけない。

 

女性性とは 受容(包む)、優しさ、共感力、つながり、直感、ひらめき などを意味しますが

 

社会が求めてきたことは 合理的に、効率よく、計画性を持って 戦士のように戦う。 こういうものでした。

 

 

 

「男化」が進むと 女性の体はバランスを崩し 婦人家系のトラブルが増えます。

 

私自身も 子宮筋腫がありますが とても悲しいことです。

 

自分の女性としての声を無視し続けてきたことにごめんなさい、愛してますと言葉をかけます。

 

 

スピリチュアル的に言うと

 

卵巣=生存を意味する臓器

 

卵管=クリエイト(産み出す)エネルギーとリンクする

 

子宮=守られ 育むエネルギーと リンクする  ネガティブなエネルギーを一手に引き受ける臓器

 

 

これらのエネルギーが満たされないと 婦人家系に歪が出てくることがあるようです。

 

 

 

たくさんの女性の女性性を取り戻してほしい

 

女性であることを心から受け入れ 女性であることに喜びを感じられる

 

そう戻っていけば 自然と男性が男性らしく生きられる。

 

 

 

ハワイでおりてきたメッセージを 今から形にしていけるようにと準備中です。

 

 

女性性については また続きを書きます。 読んでくれてありがとう。

 

Mahalo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント