健康フェス@東京:10/14 明治大学

東京で健康フェスにブースを出します!

 

お試し量子場調整 ¥1,000  20分

 

お近くの方や 東京にお知り合いがいる方も 

入場料無料ですので お気軽にどうぞ♡

 

🔷 総合健康学フェスタ 2018 🔷

日時:2018年 10月 14日(日)10:15~17:00

場所:明治大学 中野キャンパス 6F

   クロスフィールドラウンジ

 

食、気、心のジャンルに分かれ

量子場調整は心のブース 2席で行う予定です。

 

そのほかいろいろ面白そうなブースぞろいです。

私も休み時間は他のブースで遊ぼうと思ってます。

(どこも、¥1,000でお楽しみできるそうですよ)

 

 

主催の日本総合健康協会の天野さんは

10年越しのお友達で エリート薬剤師さん。

 

世の中いろんな健康フェスがありますが

より、クオリティの高い 人々が必要であろう

そういうものを集めたフェスをしたい!という熱い想いで

主催してくださっています。

 

 

2年前くらいに主催の天野さんに量子場調整をしたのですが

大変感動されて、

 

今回のフェスでも量子場調整 

いろんな人に体験してほしいー!とめちゃ押し。キラキラお目目でした(笑

 

 

楽しみでーーーーーす✨

 

 

mahalo

 

忘れていた快感!

ずーーーーーっと忘れてた喜び

それは 思いっきり走ること。

 

 

きっと、私も4歳くらいまでは走り回って

そーとーやんちゃだったと思う

 

でもだんだん表情の硬い

親の顔色ばかりを伺い

言いたいことを言えなくなっていき

 

原因不明の肝臓病で入院したり虚弱体質と言われ

小学生の頃 もうすでに走るのが嫌いだった

 

それからずーっと走ることはあまりやってこなかった。

 

かったるいし苦しいから。

 

それが昨年くらいから 量子場調整を重ねて

徐々に心が軽くなってきたからか

 

「走ってみたい!思いっ切り!!!」と思うようになってきた。

 

半世紀越えの年齢で そんなことをふと思うようになった

そんな自分にもびっくり笑えるのだが・・・・ 

 

なんだかワクワクするのだ。

 

 

******************

 

量子場調整を知るだいぶ前 2007年  

 

とうとう体が急に動かなくなって(今思えばひどい自律神経症)

 

仕事をしようとすればするほど吐き気がして

子宮筋腫と卵巣嚢腫も見つかり 疲労困憊。

 

思えば、人生ずっと我慢してきたので

 

腹にいろんな感情を知らず知らず溜め込んでた

というより、溜め込んでることさえわからなくなっていた。

 

体はそういうことに気がつきなさいと 病気というかたちで知らせてきた。

 

で、どうにも辛くなって癒しを求めて

ハワイに3ヶ月。

 

 

というと聞こえがいいけど「逃げた」のだ。

 

 

そして帰国 留学の準備をしてまたハワイに1年。

 

また逃げた!笑

 

 

どう思われようと 逃げないと精神がおかしくなりそうだったから。

(というか もうおかしくなってたわ)

 

なんか違和感だらけだったの。

自分の中に人が二人いて 極端に違うことを言っているような。。。

 

今思えば、意識と無意識の乖離がMAXになってた

やばかったねー

 

 

親からは「逃げるな!」と育てられたが

 

結果、逃げてその後は人生を好転することに。だから本当 逃げて正解 よかった!

 

思いっっっきり遠くへ しかも2回も逃げてやったぜい! 

 

 

もちろん仕事仲間への罪悪感はあったけど、

どこかで親の言いつけを破った自分にルンルンしてた。

 

 

でも、ハワイに癒されながらも

 

体はどんどん重くなるし、ちょっとしたことで息切れするし 年だな~なんて諦めかけてた。

 

 

何だかダークでヘビーな抑圧した消化できない思いが

あり出口を求めてるような 誤魔化せないようなそんな重さがひどくなって行った

 

 

もうサルサも踊るのがしんどいし

ヒールなんて履いてなんて踊れない。。。悲しかった。

 

 

帰国後、悶々としたところはあったけど

ロミロミでちょっと光を垣間見たな~もっと知りたいな~と思っていた

 

そんな中

量子場調整®︎を知った。

 

それはもっとはっきりとした光の世界でありながら

しっかりとした理論と検証ができる

 

まさに私が求めてた世界!発見!みたいな

 

浄化と希望と拡大の世界✨

 

 

量子場調整を人に対して施術も行ってますが

それ以上に自分にはほぼ毎日調整をする。

 

クライアントさんの人生の課題は自分の課題でもあったりするから

人ごとと思わず

 

量子場師になってここ3年 私は私をずっと

 

内観して いらない概念や パターン トラウマのリリースを繰り返してきた

 

いろいろ手放して

ムム!まだ出てくるのか!@@と驚きながらも手放して

 

こんなことが波動として私に残ってたのか!@@と驚愕としながらも手放してきた。

 

 

心の解放が進むも なかなか肉体がついていかないもどかしさを感じていたが

 

いろいろ量子の観点から、物理の観点から、気の観点から

いろいろやって

 

探求と自らの人体実験を繰り返し

最近やっと肉体が追いつき出したようです。

 

やっぱり子宮を含むお腹全体の謎解きがすっごくかかりました。

 

今も解明途中だけど だいぶお腹と仲良くなれてきた。

 

そして、心身ともに軽やかさを取り戻しつつある中での

 

 

ふと「走りたい!✨」が出てきて

 

ん?多分、ちょっと先の未来 自分は走れてるんじゃないかな?と

今現在の方が ギャップだ。みたいなことを感じていた。

 

 

 

とは言え 走ろうとしても最初は、ゼーゼー バクバクして

ちょっとしか走れなかったけど 

 

だんだん距離が伸びて

 

走るのがやっと楽しい!と感じられるようになってきた。ここ1ヶ月。

 

全身を使って走る中にエクスタシーがあるんです✨

 

 

あっつい夏の夜に走るのを夕方くらいから楽しみにワクワクしている自分の魂に向かって

 

正気か?!!!と よく一人ボケツッコミしてましたよ。

 

 

もうひとつびっくり。量子場調整をし続けていると 

 

肉体の全体をバランスよく使ってブレない軸で走れるのがよくわかる。

 

 

以前もなんとか走ろうとしたんですよ 頑張って。気合いで(笑

 

でも、やっぱすぐしんどくなるのは 

無意識だけど軸がブレてて

体の偏った部分しか使わないで走ったり

 

歪みを補いながら走ろうとするのでよけいに歪みが大きくなって

結局疲れてたんだな。

 

(X脚と外反母趾ありましたしね。今はどちらもなくなりました)

 

そっか・・・歪みがあるまま走ると 歪みが大きくなって 

結局自分をいじめてることになるんだな。。。なるほど

 

そんなことを理解し 

だから無理しないで 楽しい範囲でやろう。と、自分との約束をして

 

そうして時を過ごし体に寄り添ってきたら

最近は自分の走る足音も 軽さが出てきた。

 

 

とはいえ、100~200m走っては歩きを繰り返す程度ですよ。

 

それでも 6、7回くらい繰り返せるようになってきて

 

しかもそれが 全細胞が喜んでいる~✨ そんな感じ味わい

 

 

走ることにエクスタシーがあるなんて知ったの

人生初!

 

 

以前は、食べたものを帳消しにしようとか、

運動不足だからとか 太ってきたからとかしてたけど

 

そうじゃなくて、気持ちいいから走ろう!と自然に思えてる。

 

 

そっか「快」を基準に考えて生きていいんだな。

快の中に創造性があるな!と 気がつく。

 

その気持ち良さを味わうために

食事を少し変えたり 時間を考えたり自然とするし

 

そうすると少し体も締まってきたし、健康と縁ができていくのもわかる。

 

 

「苦」を基準にしてたら 苦の解消のために人は埋め合わせをしようとする。

 

穴ぼこを埋めるように・・・そうだといつまでも建設的になっていかない 

破壊的になってゆく。

 

 

そうすると

やってみたいこともわからなくなってゆくよね。

 

心身が軽やかになってくると

自分が忘れていた でもやってみたいことが再びできたりするんだな。

 

 

そんなことが自分の心身を通して

量子場調整を通して とてもよくわかった。

 

 

私自身も 走ることだけじゃないかもしれない

 

もっと違うことでも

あれもこれもやってみたいこと

 

無意識で諦めてたこと

まだ出てきたら それをやってみようと!

 

 

タイミングが来た時に 動く体でいたいとは思ってたけど

逆で、

 

体と心を大切にしたら いろんな思ってもみなかったタイミングが運ばれてくる。

 

 

それは絶妙で、楽しさを含んでいる

そうゆうことのようなのだ。

 

 

だから ワクワクして生きていい

 

あなたもワクワクして生きる選択肢を遠慮せず選んでね。

 

 

「量子には知性がある」

そんな院長の言葉を思い出して

 

ますます ほんとそうだわ。と感じている今日この頃です。

 

 

その世界は、過去からの思考と

恐怖を超えたところに存在します。

 

mahalo

 

苦労したからこそ手放せない?

苦労したという思いが 手放すのを邪魔する

 

 

長年かけて やっとの思いで 

そんな簡単じゃなかった ちょっと嬉しいこともあったが 泣くこともあった 

努力もした 辛酸も舐めた 

毎日眠くても起きた 耐えた

 

 

そういう思いの積み重ねで今があると思うと

それを手放すことが 

 

自分の大部分をなくすような

そこから離れると自分じゃなくなるような 

 

 

例えば、仕事を辞めたいと思いつつ

 

苦労してやってきた仕事を手放すってかなり葛藤がありますよね

 

苦労して稼いだお金、

苦労して得た地位、

苦労して作ってきた信頼関係

サラリーマンなら給与やボーナスを見越してある住宅ローンの残りやなんかあると余計にね。

 

また新たに仕事を・・・となると 

 

また一から新しいところで新人でそれをするのか・・・とか

 

以前のを引き合いに出して比べてしまうと尚更一歩踏み出せない。

 

好きなことを仕事にしても食べていけるのか・・・

 

でももう今の仕事は卒業だという事が深いところではわかっている。

だから悶々とする。。。

 

****************************

 

例えば、もう破綻した関係でありながらも一緒にいるのも

 

苦労して今まで築き上げてきた歴史もあるけど

お金のためだけ 

子供のため

世間体

老い

 

いろんな事が絡み合ってなかなか手放せない

 

辛かったこともその人の歴史であり人生であり日常であるから

 

相手を嫌っていても 生活を守ろうとする部分もある。

 

よほどのことがないと一変しない。

(女性は好きな男ができてトキメキ突っ走ったら破綻を選ぶかもしれないが男性は保守的)

 

 

別れてまた誰かとと言っても

気力体力もいるし

めんどくさい

うまく行くかわからない

 

それよりは腐れ縁と言いながら あきらめ

 

狭い家の中の相手の気配にピリピリしながら生きる

 

でも、どこかで いくつになっても

 

女性はそのまま全てを受け入れて連れ去ってくれる王子様を夢見て

 

男性は生活はそのままで ちょっと男としての幸せを感じさせてくれる女神を求めている

 

*****************************

 

苦労して作り上げたものは関係性でも物理的なものでも

なかなか手放すことができない

 

次もきっとそうだろうと・・・また大きな苦労が・・・と

 

「苦」にだけがフォーカスされてしまうので

 

あたかも手放すと大変だという感じがして疑わない

 

ネガティブだけをみるを選ぶなら

それはそれでいいと思う。

 

 

手放さなけれな、辞めなければならないわけでもない。

 

人がなんて言う権利もない。

 

 

でもあなたの魂はなんて叫んでいるのだろう?

 

 

 

自分を尊重した生き方をしてゆくとなった時に

その生き方に合うチョイスは何だろう?

 

 

本当にそれらを手放すと 生きられなくなるのだろうか?

 

他の選択肢を選んだ自分を考えてみてもいいかもしれない。

 

そして、今まで通りの

 

苦労して、耐えて・・・・のパターンをもうこれからは選ばない!って決めたら

 

新しい仕事が見つかったりアイデアが浮かんでくるかもしれない

新しい出会いがあるかもしれない

 

 

ちょっと損したり 時間がかかったりしたとしても大丈夫

 

新しい意識が量子を動かし 実際に現実化してゆくのは

「頭で考えるこれくらい」と違うかもしれない

 

 

でも、量子は絶妙なタイミングを見計らっているので委ねてみるといい。

 

ちょっと勇気いるんだよね〜うん わかるよ。

 

 

心が軽くなる方向に自分が進みたくなったのなら

 

それは何らかの形で叶えてあげるといいよ。少しづつでもいいんだ。

 

軽い方向には 呼吸が通る

呼吸は生命だから そちらにはもっと生き生きした自分がいるってことだよ。

 

 

あなたはどこの周波数で生きたいのだろう?

 

パラレルワールドは本当にあるようですよ。

 

だって、元は本人の選択だから

 

今日、うどんに一味をかける自分か かけない自分かどっちもあったでしょう?

柚子胡椒って選択肢もあったわけでしょう?

 

それと同じ(ってわかるかな 笑)

 

 

自分には力がなくて いつも受け身で 悲しいこと辛いことが

次々やってくるのを耐えるしかないのではなくて

 

 

自分には力があって能動的に自分が軽やかでいられるものを選択することができる

 

 

空間が軽やかで

 

時間が短縮されて

 

それでいて前より幸せって そんな都合のいいことも 

 

 

それを体験することを許可すればふとやってくるよ。

 

量子場調整では◯次元が役立ちます。

 

 

それと、今までと違うことをするときは恐怖がちょっかい出してくるかもだから

特別扱いしないことだね。

 

 

これしかない。から

これもある!

 

になるだけでとても広がりを感じられる

 

何かのため仕方なくというより 楽しそうなトキメキがある方向。

 

 

 

広がりとは空間、スペース

 

何事も空間、スペースが先にできて ギフトがくるよ。

 

mahalo

 

かっさらい女子 全部自分の話

誰の話でもぜーーーーんぶ自分の話に持ってく人

「かっさらい女子」笑

 

あなたの周りにも一人くらいそんな方 

いませんか?

 

ま、ちょっと主張にアツがあるだけで

本当はお茶目な人なんですよ。

 

 

例えば 

友達と最近行った楽しい旅行の話をしていても・・・

「そうそう! そうよね わかる~私の場合はね・・・・」と

 

なぜか20年前に行った自分の旅行話を持ち出して

さらに要らない枝葉を付け加え何の話だったかわからなくしたり

 

 

 

例えば 

新しい人たちとの集まりでも

ちょっとした話題の端っこを拾い 

「そうそう そう 〇〇といえば昔はそうだったもんね~ 私はああしてこうして 

大変だったんですよ でね その時の〇〇さんって人が・・・」

 

周りの人はそんな人知らんがな、とか関係ないし。

と思いつつ空気がひんやりしても 

自分への最大注目度集ることにだけに関心のある本人は気がつかないのです。

 

 

 

例えば 

新しい体験をした人の話をみんなで聞いていても

「あ~それ そうよね 私の時もそうでしたもん。 でもそういう時は  

こうしたらいいですよああしたらいいですよ。私いつもこうするんですよ・・・・」

私一番経験して知ってますアピール

 

 

 

例えば 

素晴らしい専門知識をシェアしてくれているのに

「そう思ってたんですけど あ~ それは違うみたいですよ 

それは関係ないと思いますよきっと。私が聞いたのは・・・」

 

さえぎり どうしてもその場で勝ちたい。かっさらいたい

 

 

 

「で?結局 自慢???」みたいな 笑 

こんなことが日常

 

私それ知っている賢い自慢

私それもう経験した先端女子自慢

私それ慣れている すごいでしょ自慢

 

自分が正しいと知らしめたいんですね。

 

いるでしょ?  面白いね!笑

 

 

承認されたいが強いんですよね そういう人は。

 

 

あなたが一番すごい!!!!って 

キラキラお目目でいつもいつも人に賞賛されたいんです。

 

 

でも ちょっと褒めると 拍車がかかってもう誰も止められなくなったり

何回も同じ話を繰り返す 永遠のヘビロテもいますから

 

なかなか 時間いくらあっても足りなくなりますね。

 

 

そういう方はなかなか術を持っていて

ちゃんと自分の話を聞かせる「場」を瞬時に作ることができるんです。

 

周りにはいったん同意したように見せかけて自分の話をぶっ込み続けます(笑 

 

ある意味 すごい能力です!

 

人の話はほとんど聞いてるフリだけで 聞いてません。

 

相づちを笑顔でうってても 頭の中は自分が次話すことで頭がいっぱいです。

 

いつも自分の経験とその時のポジションを話します

自慢じゃないんだけどね と言いつつ自慢したいのです。

 

マウンティングとも言いますかね。

 

 

でも周りにいる人も 何回も同じことを繰り返すようなら

「それもう聞いたよ」とライトにツッっこんでもいいんじゃないでしょうか?

 

どちらにしても人間らしい。憎めない人です

悪い人じゃないんです

(女性の場合 中身がちょっと男性的な感じの人が多いです)

 

 

「自分の求めている承認のされ方」を常に期待している真っ直ぐすぎるくらいな人です。

 

地位や権力、肩書き、お金に弱いところもあります。

 

****************************

 

承認欲求は誰でもあるんだけど

それはいけないことではないんだけど

 

外に求めすぎる人は 

きっと自分を自分で承認できていないということなのでしょう

 

結局 自己評価がどこか低い

無価値観とか

まだダメだとか

 

そんな風に見えなくてもね。

 

実際 本当にその人のやっていることは素晴らしかったり

なかなかの男性的なキッパリとした物言いでササッと切れる部分もあったりするんです。

 

でも 本人が、完璧でないと 自分は意味がない人間だとか

どこかで密かに思って疑わないんです。

 

 

たくさんの能力、技術、経験を持ってても 

そこを自分が素晴らしいと見つけてないんです。

 

そんなことないですよ!素晴らしいじゃないですか!と言っても

 

 

自分より格上だと自分が認めた人が褒めてくれる場合以外は 

 

承認されたというカウントにならないんです。

 

 

このように認められたいが強い人は 

 

一度とことん認められた!を経験するといいと思います。

 

あなたが認められたと感じる形 それをエゴと言われようがしっかり満たすことです。

 

 

そこからの景色をきっと見たいのでしょう。

 

他人の承認があって初めて自分への承認が結びついていくことがあります。

 

そしてそれが満たされたら また感じることがあるでしょう。

 

まだ満たされない何かを・・・

 

そしてやっと考えられるかもしれない

 

私の魂は 誰にそのすばらしさをわかってもらいたいのか?

 

は!自分なんだ。と。

 

自分で本当に気がつけるようになったら

 

自分を尊重するようになり

同じ人として

相手を尊重するようになり

 

やっと人の話を聞く。

そしてコミュニケーションが楽しくなってくるでしょう!

 

それまではかっさらう自分をも ゆるす。です(笑

 

mahalo

 

もしもスベった芸人が量子場調整を受けたなら

量子場調整ってどんなの?

トラウマを解消するって?

とよく聞かれますが

 

 

ちょっと1例

これだとわかりやすいかもしれない。

 

 

あるTV番組 お笑い芸人の 可奈子ちゃん

 

もし、「不老不死の薬」があったら

いくらで買うか?という質問に

 

いくらだったか忘れたが かなり高額な値をつけてた。

 

でもかなこちゃん すぐさま た~だ~し・・・と言って

 

嫌な記憶を消す薬もいっしょについてたら買いたい!!!

 

だってスベった記憶を永遠持ったまま生きるのすっごいツライじゃん

と。笑

 

 

それって 量子場的に面白いと思った。

 

お笑い芸人だから スベって寒ーい空気が一番の恐怖なのでしょうね

 

記憶って 頭の記憶だけじゃないんだ。

 

その時の感情も一緒になって感じられるから 

そのスベって嫌なさむーい感じが保たれいつも味わえる

 

いわゆる トラウマというもの。

 

 

もっと言えば、その時の「場」の空間すべての記憶も留めている部分が人間にはあるから

リアルに3D的に過去のその場を 現在に再現できるってわけ

 

スベって やな汗が出たりして緊張で内腔(胸腔や腹腔など)細胞が

そのやな瞬間を記憶しているので

 

なかなか頭でその恐怖を忘れようとしても 繰り返すパターンとなる。

 

その上、常に緊張がどこかにあるのでコリなど痛みに悩まされたり

内臓の機能低下にもなりうる。

 

 

トラウマは常に

無意識だけどうまく喋れない緊張とか、客のシラーっと冷たい反応など

恐怖の感情が体に反映されてしまうのだ。

 

これは自動的に。

 

だから、その人にとってのトラウマは

過去ではなくて、いつも再現される。ということはリアルに現在なのです。

 

 

で、もしも

スベったことがトラウマとなっている芸人さんが量子場調整を受けたなら!

 

その記憶がなくなるのではなく

 

その記憶に付随している恐怖の感情とかムダな緊張の波動と

サヨナラする調整ができるってこと。

 

 

要するに、その恐怖に揺さぶられ支配されなくなれば

ただ過去のなつかしいスベった思い出。

 

常に、またスベるんちゃうか?!汗 とかなくなって

 

 

もっと落ち着いてクリエイティブでいられる。

怖くて腰が引けてないので新しい試みもできるということなのだ。

 

 

恐怖に飲まれてると楽しめないけど 恐怖を俯瞰できてたら

 

ま、恐怖とか緊張は多少あってもいいさ もっとおもろいネタ作ろう🎵てな感じになれる。 

こんな感じ。いいでしょ?笑

 

 

 

辛いトラウマの波動は いらないよね。

 

そこを頑張ってなんぼや!!!(今日は自然と関西風)と、

根性論を言う人はその道を行けばいいしね。

 

 

恐怖を乗り越えるというより

恐怖がほとんど気にならなくなる 

 

が、量子場調整のトラウマリリース。

 

苦行じゃなくて、楽でいいっていう軽やかな方向が好きな人には量子場調整はすごくいいよね。

 

何より人生の限られた時間を短縮する最高に価値のあるものだと深くわかります。

苦行ばっかしてたら 死んじまうわ。

 

 

時代もスピーディーで軽やかになってますしね。

 

 

このようにトラウマや繰り返しのパターンからの解放って

量子場調整の得意分野。

 

寝てる間に アッちゅー間に 

 

施術後は あれ? さっきまで怖いと思ってたけど・・・

そんな怖くないな・・・あれーーー?笑

 

とこんな感じになります。

 

あまりリアルに思い出せないて人も多い。

 

 

過去にいつまでも引きづられるより、先に進もう!ってのが 

軽やかでいいんじゃないかなとわたし個人はめちゃ思います

 

実は

人は過去に引きずられないわたしにいつでもなれるんです。

 

まるで量子場マジック^^

 

 

スベったトラウマに限らず

一発屋になるんじゃないか・・みたいな恐怖にもいいかもですね 笑

 

 

そんなこんなで

いろんなトラウマからの解放や許しが大きな次元からできる。

 

そんな軽やかでシンプルな世界があるのです。

 

これこそ量子の世界だからできること

 

信じるか信じないかは あなた次第です!

 

 

そして、調整を受けた人が軽やかな波動になってゆくと

周り(集合意識)にも影響を持っていくような素晴らしい世界もあります。

 

 

これも信じるか信じないかは あなた次第です(笑

 

mahalo